パネライ買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > パネライ買取
パネライ

パネライ買取は
MARUKAへ

MARUKA(マルカ)ではパネライ買取強化中。ミリタリー、ビッグケースと現在では男性時計の世界では当たり前になったムーブメントを提供したパネライ。さらにはミリタリー分野でケースにゴールドを使うなどラグジュアリー路線も打ち出したパネライの買取強化中です。パネライをお持ちの方、是非箱や付属品の替えベルトや工具なども大事に保管しておいてください。保存の箱が豪華なことでも知られるパネライはそれら全てが揃っているのと欠けているのでは買取価格に差がつきます。是非今は売る予定がなくてもそれら付属品は大事に保管しておいてくださいね。MARUKA(マルカ)は時計買取においては東京でも京都でも、もちろん福岡でも最高峰の高価買取をいたします。

パネライ1
パネライ2
パネライ3
ロレックス高価買取
高級機械式時計高価買取
LINE@で査定

買取実績例

買取価格はお店によって大きく異なります!MARUKAは限界ギリギリまで高額査定をお約束いたします!

パネライ

1位 ランク1位アイテム
  • ルミノールベース
    ダイヤモンドコレクション PAM00030

  • A社
  • 1,300,000円
  • B社
  • 1,100,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~1,500,000円
2位 ランク2位アイテム
  • ルミノールマリーナ1950
    3デイズ
    PAM00393

  • A社
  • 1,110,000円
  • B社
  • 1,000,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~1,200,000円
3位 ランク3位アイテム
  • ラジオミールクロノ
    グラフラトラパンテ
    PAM00214

  • A社
  • 500,000円
  • B社
  • 450,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~550,000円
ランク4位アイテム
  • ラジオミール1940アッチャイオ
    PAM00572

  • A社
  • 450,000円
  • B社
  • 400,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~500,000円
ランク5位アイテム
  • ルミノールブラックシール
    PAM00380

  • A社
  • 280,000円
  • B社
  • 260,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~300,000円

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

なぜマルカは高価買取なのか

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

パネライついてのコラム一覧

MARUKAならこんな状態でも買取可能

MARUKAなら、傷や汚れがある商品でも買取できます!
「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします!

  • 破損、キズあり

    破損、キズあり

  • 剥がれ、汚れ、変色

    剥がれ、汚れ、変色

  • 部品のみ

    部品のみ

  • 50年前の動かない時計

    50年前の動かない時計

時計ブランド一覧

  • audemarspiguet
  • baumeetmercier
  • blancpain
  • boucheron
  • boutis
  • breguet
  • breitling
  • casio
  • chopard
  • corum
  • franckmuller
  • geraldgenta
  • girardperregaux
  • graham
  • grandseiko
  • hublot
  • iwc
  • jacob
  • jaegerlecoultre
  • longines
  • omega
  • oris
  • panerai
  • patekphilippe
  • richardmille
  • rogerdubuis
  • rolex
  • seiko
  • sinn
  • tagheuer
  • tudor
  • vacheron
  • zenith
その他のアイテム一覧

お客様の声

装飾上

パネライについて

パネライ(PANERAI)は、正式名称オフィチーネ・パネライと言い、イタリア・フィレンツェの高級時計ブランドです。イタリア海軍との関係が密接という印象があるこのパネライですが、もともとは精密機器メーカーですので、時計の他にも温度計や湿度計、気圧計などの生産も行っています。
1998年には世界進出を果たすと、世界中で大型で分厚い時計をつける事がブームとなりました。その火付け役となったブランドがこのパネライなのです。「大型で分厚い」という事がパネライの時計の最大の特徴です。
今では男女問わず大型の時計を付けている方をよく見かけるようになりました。男性が身につければよりダンディーな印象を与える事ができます。女性が身につければカッコイイ女性、できる女性、というような印象を与える事ができます。だからこそパネライの時計は老若男女に人気があると言えるでしょう。

パネライの時計の人気が高いのはまずは以下のような理由が考えられます。
 ・どのモデルも生産数が制限されているため希少価値が高いため。
 ・並行輸入品と正規品にあまり価格差がなく、中古品でも値段があまり下がらないため。
  (よって使い古してあったとしても高価買取を行っております)
 ・レギュラーラインナップの他に毎年販売している限定モデルが希少価値が高いため。

そして、当社MARUKA(マルカ)でパネライを高価で買取できる一番の理由は、どれも生産数が制限されているため、希少価値が高いという点です。並行輸入品と正規品にはあまり価格差がなく、中古品でも値段があまり下がりません。よって、古いものであってもパネライは高価買取が期待出来ます。また、レギュラーラインナップだけでなく、毎年限定モデルを販売しているので、とても希少価値が高い為に、さらに査定額が高くなることがほとんどです。パネライの買取を検討いただいているお客様、一度MARUKA(マルカ)で査定を受けてみてください。店頭はもちろんのこと、最近需要が増えているLINEで査定も可能ですし、宅配や出張の査定も無料でいたします。

パネライの歴史

1860年、ジョヴァンニ・パネライ(1825-1897)がフィレンツェに時計店を設立しました。時計店と時計工房を兼ねたこの店は、パネライの歴史が始まったまさにそのお店なのです。
1936年、高度な精密機器の製造を専門とするメーカーとして評価を受けていたパネライは、イタリア海軍より依頼を受け潜水隊特殊部隊工作員のために、現在「ラジオミール」として知られている軍事用ダイバーズウォッチ初の試作品を製作しました。
※このラジオミールとは、計器や装置の文字盤を発光させるためのラジウムベースの粉末で1916年に自社開発されたものです。このラジウムベースの塗料は、視認性が高く保たれ、水中における優れた接着性によって、その後のパネライ製品の重要な要素となりました。
この試作品には、47mmのスティール製クッション型ケースや機械式手巻きムーブメント、潜水服の上から装着できるようベルトが長めに作られているといった特徴があり、現在のラジオミールでもそれらの特徴が多く見られます。それから2年後には実際のラジオミールモデルの製作が開始されています。
その後は、イタリア海軍からの要望も強くなりますがその都度要望に沿った高精度のモデルを作製していき、高評価を得ています。
1949年、ラジオミールに変わる蛍光「ルミノール」を開発しました。
※このルミノールとは、トリチウム(水素アイソトープ)を原料にした化合物です。こちらもラジオミールと同様に特許を取得しています。
1950年以降は、ラジオミールからルミノールに時計は進化していきました。と同時にこの二つのモデルはパネライの代表的なものとなっていったのです。
パネライ製の時計は高精度で耐久性にもすぐれ、イタリア海軍からは大変評判がよかったのですが、その時計は軍の機密事項とされていたため1980年代の終わりまで門外不出でした。民間用腕時計を発売したのは1993年になってからの事でした。その後は、ハリウッド映画で俳優が着用し登場したため、大変話題・有名になり一躍脚光を浴びる事になります。
1997年、パネライはスイスのシュリモン(旧ヴァンドーム)グループの傘下に入りました。これにより、イタリア国内に流通経路が確立しました。
1998年、グローバル市場に参入する事になります。そして前項でも述べたように、大型で分厚い時計の流行の火付け役となり、近年の腕時計の大型化に一躍買ったと評価されています。この頃発売された製品は、もともと海軍用に作られたとされている仕様がそのまま生かされており、イタリア海軍特殊部隊の腕時計という伝説を持つパネライは、今や世界にその名を馳せています。

パネライの製品

パネライの製品はどれも同じに見えると思っている方もいらっしゃるかと思います。そんなパネライ製品について少し説明させてください。
まず、パネライ製品は、大きく分けてこの2つのモデルが存在しています。

 ・ラジオミール
 ・ルミノール

大抵の方は、どちらのモデルがどう、という観点で見ると思いますが、実はパネライはムーブメント(巻き方)で製品分けしているのです。ムーブメントはこの2つに分ける事ができます。
 ・手巻き=ヒストリックライン
 ・自動巻き=コンテンポラリーライン

このムーブメントの中でも、性質によって次のように分ける事ができます。
 ・手巻き→①P2000系ムーブメント、②P3000系ムーブメント、③ETA(他社製)ムーブメント
 ・自動巻き→①P2000系ムーブメント、②P9000系ムーブメント、③ETA(他社製)ムーブメント

上記①が一番上質なクオリティとハイスペックを兼ねそろえており、精巧に作られていると言えるでしょう。その次は②、③は他社製ムーブメントとなります。
実際、時計の好みは見た目が第一という方も、このパネライは殆どの製品が上記6つのカテゴリに分類されますので、機械の作りや耐久性、パワーリザーブはどうかなどの性能という観点からも確認されたら時計選びがもっと楽しく、自分らしい納得できる一つに出会えるかもしれません。

パネライの代表作

パネライには数々のすばらしい製品が存在していますが、これぞ最高の一つと言える製品をご紹介します。

◆LUMINOR 1950 8 DAYS GMT ACCIAIO ( ø 44 mm ) / PAM00233
この製品はパネライが開発した初の自社ムーブメントを搭載した初代モデルです。初代モデルでありながら、完成度の高さは指折りです。その後開発されたムーブメントはこの初代モデルから裾野を広げたものであり、近年のモデルでもこちらを元に作られたものもあります。まさにあらゆる製品の中心的な存在、軸になるような存在であるからです。
MARUKA(マルカ)ではパネライ(PANERAI)の買取実績が多くあります。大人気で人々の印象に残りやすいフォルムをしているが、なかなか実際に見ることが少なかったり、少数生産のモデルも多く細かい箇所が微妙に違うだけ、というような事もあり非常に真贋及び価値の査定が難しい時計でもあります。
ですので小さな買取店などではパネライの査定、鑑定が出来ない所も多く故に実績のある当店にパネライが集中するのかもしれません。
MARUKA(マルカ)では京都で4店舗、発祥の地西院からもほど近く西京極などからもご利用いただける西大路七条に七条店とMARUKA WATCH、そして阪急沿線で梅田や枚方からもアクセスがよくまた嵐山方面への始発でもある四条大宮交差点ちかくの大宮店、そして四条烏丸、四条河原町からもすぐの堺町通りと柳馬場通の間にある四条店。東京銀座ではランドマークとなっていますマツモトキヨシ銀座5THビルの6階に銀座本店があり夜の祇園を彷彿とさせる内装です。また池袋や新宿から好アクセスなのが渋谷店です。渋谷の明治通り沿い宮益坂下交差点から10秒という立地で皆様のお越しをおまちしております。九州においては福岡に博多と並んで評されるファッションタウン天神地区に福岡天神店があります。円でも高く買い取る為の努力をおしみませんので是非一度ご利用ください。
福岡で時計買取をお考えの方は天神店まで。アップルストア福岡のすぐそばで裏にはフランクミュラーや近くにクロムハーツ(CHROME HEARTS)のブティックなどもあります。全ての店舗はMARUKA(マルカ)が直接育成した査定士の立つ直営店です。またメールやLINEを使った査定は写真を撮って送るだけでおおよその値段がすぐにわかると大好評です。わずらわしい手続きなしで簡単に査定をうけられもちろんそれらは無料。宅配買取なら宅配キットも無料、送って査定されてからキャンセルしても無料と何も心配はいりません。全国津々浦々から例えどんな地方にいても全国屈指の高価買取のMARUKA(マルカ)の圧倒的な高価買取を体験できます。
どこもおなじじゃありません、是非他のお店と比較して比べて下さい。今までお客様が大事にされてきた商品、MARUKA(マルカ)で高価買取を。

装飾下