ルビーについて買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > 宝石・ジュエリー買取 > ルビー買取 > ルビーについて買取
ルビーについて
LINE@で査定

MARUKAはルビーについて買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

お客様の声

  • お客様イメージ

    大阪府
    30/女性

  • ふきだし
  • 珊瑚のネックレス売れますか・

    古いネックレスなのですが珊瑚だと聞きました。 高くで売れますか?

  • マルカは珊瑚製品高価買取しております。 ネックレスも指輪も色々製品ございますが 珊瑚の宝石は色合いがすごく重要で赤ければ赤いほど良いです! 査定は無料ですので是非一度マルカで無料見積りしてください! 宝石高価買取のお店はマルカ四条店

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    滋賀県
    50/男性

  • ふきだし
  • 値段は付かなかったですがしっかり見てくれました。

    今回は父の遺品整理で大量のアクセサリー等を持ち込みました。 色々とよくわからない貴金属が出てきましたのでいつもお世話になっているマルカさんに持ち込む事に一個一個丁寧に見て頂き結果値段の付くような物はなかったですが 嫌な顔ひとつせず対応して頂けました。 ありがろうございました! 次はお金になる物を持って行きます(笑)

  • こんにちは四条店の富築です 宝探しみたいでおもしろいねと言っていただいたのに 期待に応えられず申し訳ありませんでした(笑) 次に期待したいです! 又気軽に何かありましたらお持ち込み下さい 何か不明な物、これどうだろうという物があればマルカまで!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    京都府
    40/女性

  • ふきだし
  • 気さくで又持ってこようと思いました

    先日一人じゃ恥ずかしいのでお友達と一緒に無料見積りをしに行きました。 1ctのダイヤと翡翠の指輪、他カルティエのネックレス等高くで買取して頂けました。 担当してくれた方がとても気さくで楽しく不要品を売れました。 次は一人でもこれそうです。

  • こんにちは店長の富築です。 先日はお買取りありがとうございました。 喜んで頂けて良かったです! まだまだブランドジュエリー、宝飾品、買取強化しておりますので 又いつでもご来店お待ちしております!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

ダイヤモンド以外の
宝石査定もお任せください

人気のエメラルド・ルビー・サファイヤ、翡翠やサンゴその他の宝石も高額査定させて頂きます!

取扱いアイテム一覧

LINE@で査定
傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

宝石に興味がない方でも認知度がダイアモンドと同じくらい有名になる世界四大宝石の一つルビー(ruby)のご紹介です。 ルビーは鉱物学名でご説明するとコランダムという鉱物に分類されます。コランダムにはサファイアも属しており含有物などの影響でさまざまな色が採掘されております。中には全く色のない無色透明なコランダムも存在しておりますがあまり宝石品質として使われる事はほとんどないそうです。 最高品質と呼ばれるルビー(ruby)には『ピジョン・ブラッド(鳩の血の色)』と呼ばれておりほとんどがミャンマーのビルマで産出されたものになります。非常に照りが強く『鳩の血の色』ともいわれるほど深紅の色をしております。 ルビー(ruby)の産地は主にミャンマー、タイ、カンボジア、アフリカ、マダガスカルがあげられます。年間の産出量ではミャンマーが約4万カラット、カンボジアとタイが約40万カラット、アフリカでは約2万カラットです。世界中のルビー(ruby)の産出量は50万カラットほどしかないのに対してサファイアは約2000万カラットと希少性の高さがわかります。特にミャンマー産のルビー(ruby)は紛争の危機にさらされやすく供給が極めて不安定なために価値がどんどん高騰しております。宝石言葉は情熱、勇気、仁愛、純愛、仁徳などがあり7月の誕生石にも指定されております。 マルカ(MARUKA)で取扱われているルビー(ruby)の鑑別・鑑定ではダイアモンド同様カラット、カラー、クラリティ、カットを基準としております。特にカラーに関しての評価は大きく色の薄いものはピンクサファイアとして扱われる事になりますので色彩感覚も必要となってきます。今までに人工的に製造された合成ルビーも存在しておりますが多くの資料などで研究しておりますので査定の際に鑑別する事も可能になります。お客様のお持ち頂いたルビーの価値を損なわないように査定士全員がカラーストーンについての知識を持ち合わせております。鑑別書がなくても最高の査定額をご提示できるように査定士一同お待ちしております。
LINE@で査定