オパール買取について買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > 宝石・ジュエリー買取 > オパール買取 > オパール買取について買取

オパール買取について

MARUKA(マルカ)はオパール買取について買取にこだわります。

LINE@で査定

オパール買取について

MARUKA(マルカ)はロレックス(ROLEX)、フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)、オメガ(OMEGA)といった時計の買取や、エルメス(HERMES)、シャネル(CHANEL)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)といったブランド品の買取に強いのはもちろんですが、その真骨頂はダイヤモンドをはじめとするサファイア、アメジスト、パライバトルマリン、エメラルド、ルビー、アクアマリン、クリソベリルキャッツアイ、タンザナイト、アレキサンドライト、パール、トパーズ、シトリン、オパール、ガーネット、ヒスイ、オニキス、赤サンゴなどといった宝石の買取にあると言えます。
と言うのも、現在ブランドバッグや時計の買取店は多数存在していますが宝石買取はやっていない、というお店もあるからです。ではなぜそういったお店が出てきてしまうのでしょうか。理由は簡単、宝石の鑑定・査定がとても難しいものだからです。先に挙げた様々な宝石の名前、特に色石だと「エメラルドやルビーは聞いたことがあるけど、他のいくつかはどんな宝石かのイメージがつかない。」という方も多いのではないでしょうか。そういった場合、目の前に出されたピアスや指輪についている宝石が何かわからない、ということも多々あるということですよね。それがまさに宝石を鑑定するにあたっていかに知識が重要かということを物語っています。
国民のほとんどがスマホを持っていて自由にインターネットを使えるこのご時勢、例えば時計だったら型番がわかればそれで検索をかけられます。バッグにしても、ブランドの刻印さえ見つけてしまえば「ブランド名+ハンドバッグ」なんて検索ワードで画像検索をすれば商品名を特定するのも容易いでしょう。それと同時に現在の販売価格相場や定価というものも簡単に調べることが出来ますね。ですが、こと宝石となるとそうはいきません。いかに本物を見たか、という経験に裏打ちされた知識があってはじめて適正な価格を提示することができる人間がいないと宝石買取はできないのです。
そんな宝石買取にMARUKA(マルカ)が自信を持っているのにもちゃんと理由がございます。それは全ての査定士達が、圧倒的な買取量により実現可能な「多数の宝石を見る」という機会に恵まれているからに他なりません。知識を身に付ける一番の近道は、『より多くの本物に触れること』という社長の考えのもと、京都5店(10月より北山店が加わります!) 、東京2店、福岡1店の計8店舗各店で買取させていただいた宝石を全バイヤーが直接目で見て確かめる、という確認作業をおこなっており、これに勝る勉強方法もありません。

そんな買取に自信を持っている宝石ですが、ここではオパールという宝石に触れてみたいと思います。
「ダイヤモンド買取」や「エメラルド買取」、「サファイア買取」という文字は見たことがあっても、「オパール買取」という文字に触れる機会は少ないかと思います。そもそもオパールとはどんな宝石でしょう。
オパールはその名の通りオパールという鉱物で形成される石で、遊色効果のあるプレシャス・オパールと、遊色効果のない(少ない)コモン・オパールの2つに大きく分類することが出来ます。遊色効果という聞き慣れない言葉の説明をしておきます。物質に光が入った際に、内部の粒子や結晶構造による光の分光・乱反射が生じて、それにより見る角度によって虹のように色彩が多色に変化する現象のことを遊色効果といいます。価値の高いオパールは基本的にこの遊色効果の強いプレシャス・オパールですので、これはオパールの買取価格にも大きく影響する、査定をする上でも非常に重要なポイントとなります。

MARUKA(マルカ)で買取が可能な宝石として更に細かく分類してみましょう。プレシャス・オパールのなかでも一番多く流通しているのが、地色が白・乳白色のホワイトオパールです。ホワイトオパールは乳白色が強くなりすぎてしまうと曇って見えてしまうで買取価格にも響きます。ホワイトの次はブラックオパールです。こちらはその名の通り地色が黒(または青)のオパールです。ホワイトオパールのように淡色のものだと白色光によって色の輝きが拡散してしまうのに対して、ブラックオパールは地色の黒が光を吸収してくれるのでより遊色の視覚効果が際立ちます。次は地色が無色透明のウォーターオパール。最高級のものとなると、紙の上に置いた時にまるで水滴を垂らしたように見えることからこのウォーターオパールという名前がついております。そしてファイアオパール。ファイアオパールの「ファイア」とは遊色効果によって生み出される斑(ふ)のことを指していますので、本来遊色効果のない物はファイアオパールとは言えないということになります。ですが現在は地色が赤やオレンジ系のコモン・オパールもファイアオパールとして販売されているケースが多数あります。本来のファイアオパールは非常に高値で取引されることも珍しくないのですが、ファイア効果(遊色効果)の少ないものだとその価値には大きな差があります。赤橙系のオパールであればファイアオパールと呼んでしまうようになっている背景には宝石業界の恣意性を感じられますね。
ここまではプレシャス・オパールの種類を挙げていましたが、コモン・オパールでも指輪やイヤリング、ネックレスなどの宝飾品に使われているオパールは多数あります。若干乳白色の混ざったような地色のピンクオパールや、青い地色をしたブルーオパールなどがあります。ブラックオパールにも地色が青のものはありますが、ブラックオパールの地色の青が群青のような濃色の青であるのに対してブルーオパールはもっと水色に近い色味をしていて、ターコイズに近い色の宝石となります。

次はオパールの価値を大きく左右する遊色効果の様々なパターンをいくつか紹介します。
最初はよく見られるパターンのパレットパターン。絵描きが使うカラーパレットをイメージしていただければ良いかと思います。多様な色がある程度の大きさで散りばめられているパターンで、一般的にイメージされるプレシャス・オパールはおそらくこのパレットパターンのオパールではないかと思います。
パレットパターンはある程度の大きさで遊色効果を見せるのに対して、それぞれが小さな点で現れる遊色効果を見せるものをピンファイアーパターンと呼びます。小さな点がピンで突いたようにみえることからこの名前がついているのですね。それぞれの色の出方にはどうしてもバラつきが出てしまいますが、発色のバランスが良いものは見え方もとても美しく価値も上がります。
次にフラッシュパターンと呼ばれるパターン。フラッシュパターンのフラッシュはカメラのフラッシュと同じ意味合いのフラッシュで、一見すると遊色効果のないコモン・オパールに見えるのですが、ある角度から見た時に鮮烈に色彩が表れるのです。まさにカメラのフラッシュと同じという意味がわかっていただけるでしょう。
他にもシャフパターンやチャイニーズライティングパターンと呼ばれる直線的な遊色効果がみられるものや、はっきりと大きな遊色効果をみせて地色がほとんど見えないようなハーレクインパターンやリボンパターンという非常に珍しく希少価値も高いパターンも存在します。今挙げさせてもらった遊色効果のパターンは基本的にブラックオパールで見ていただくのが一番わかりやすいかと思います。

ここまで読んでくださった方は少しオパールという宝石について詳しくなれたのではないでしょうか?もっと話を聞いてみたいと思ってくださった方は是非MARUKA(マルカ)のお店にいらしてみてください。経験豊富な査定士からはオパールだけでなく、ダイヤモンド、エメラルド、ルビー、アレキサンドライト、サファイア等の宝石に関してのお話が聞けることでしょう。いざ売るとなったら、MARUKA(マルカ)の査定士のようにちゃんとした知識を持っている人間のところで売る方が賢い選択だと思いますよ。
そしてこれはもちろん店頭買取に限った話ではありません。お客様からお品物を送っていただく宅配買取をご利用でも、MARUKA(マルカ)の査定士をご自宅に呼んでいただく出張買取をご依頼されても、金額をつける査定士はみな勉強に勉強を重ね確かな知識を持っており、またその豊富な買取経験から査定のスピードもとても速いです。概数で査定額をお伝えさせていただいている事前査定(LINE査定、メール査定、チャット査定)もその返答スピードの速さにたびたびお客様から驚きの反応をいただけます。

店頭だけでも、京都のお店は大阪の心斎橋、梅田、鶴橋といった地区や三宮、神戸など県外からのご来店も非常に多く、百貨店やファッションテナントビルが多く建ち並ぶ福岡有数の繁華街である天神地区に店舗を構える天神店や、新宿・池袋と並ぶ日本有数の繁華街渋谷の駅前にある渋谷店、サラリーマンで溢れかえる赤坂・新橋・神田・汐留というオフィス街に近い銀座店も含めるとご利用いただいているお客様の居住エリアはさらに広がります。先に挙げた宅配買取・出張買取、それこそメール査定やライン査定なども加えるとMARUKA(マルカ)をご利用いただいている方は全国各地に及びます。さらに日本だけにとどまらず、海外出身の方にもご利用いただきやすいよう、銀座店では英語でのお客様対応もスタートしました。

確かな知識からくる安心の高額査定をどんな方にもご利用いただけるMARUKA(マルカ)で宝石、ブランド品、金・プラチナ、時計、骨董品、カメラ、楽器等を売ってみませんか?高価買取はMARUKA(マルカ)にお任せくださいませ!

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!_タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKA(マルカ)なら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKA(マルカ)は創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ