IWC(アイダブルシー)

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

MARUKAはIWC(アイダブルシー)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

正式名称を「International Watch Company」といいそれぞれの頭文字をとってIWCと呼ばれるこの時計。実は日本には古くから輸入され高級時計として親しまれていました。団塊の世代のかたなら「インター」と呼ばれたこのIWCをMARUKAでは高価買取りしています。シンプルながら高級感漂いそれは古い時代から現代のポルトギーゼに受け継がれています。お手元のIWCを売ることをご検討なら時計買取で定評のあるマルカ(MARUKA)へ是非ご相談ください。
あなたの大切なIWC買取なら京都・東京・福岡に店舗をもち、出張買取や宅配買取で全国からの買取に対応するマルカ(MARUKA)へ。

IWC(アイダブルシー)
読み込み中 読み込み中
IWC(アイダブルシー)買取額15%UPキャンペーン

おまとめ査定

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

IWC(アイダブルシー)買取サービスをご利用になったお客様の声

マルカは買取1位宣言!
たくさんのお喜びの声を頂いております。

もっと見る

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

2016年10月京都北部(左京区)に北山店がオープン

ついに京都市内北部、北区や左京区、上京区の皆様の熱い要望にお応えしてMARUKA北山店がオープン。
地下鉄松ヶ崎駅から徒歩1分、北山通り沿いのローソンのとなり、TSUTAYAさんのお向かいのきんこん館一階が北山店の場所です。
TSUTAYAさんには大きなコインパーキングが併設されているので丹波口や今出川、上賀茂から宝ヶ池に一条寺方面などからでもお車で簡単にアクセスしていただけます。白を基調とし現代アートの絵画が展示されている北山店。皆様のお越しをお待ちしております。

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカIWC(アイダブルシー)買取について

IWC買取について

数々の検索結果の中から、MARUKAのサイトへご訪問いただき誠にありがとうございます。当社マルカ(MARUKA)では、スイスの時計ブランドであるIWC(アイダブルシー)買取を強化しております。IWCの歴史は1915年に腕時計の開発・製造がスイスで始まりましたが、創業者はアメリカ人で、ドイツ語圏で創業されております。よって、スイスの時計らしくない装飾がないシンプルなデザインが特徴的です。マルカ(MARUKA)では、IWC高価買取をする例は多々御座いますが、魅力には、メンテナス体制が抜群に良い点です。なんと、IWCは1868年の創業当時に作っていた懐中時計も未だに修理をすることが出来るので、会社が継続する限りメンテナンスが受けられると言われています。このように、時計の寿命が長いことから、かなり古いものでも当社MARUKAでは買取をすることが可能ですし、電池切れや一部破損をしていても買い取りさせていただく場合もございます。ですから、何年も前のものであってもご安心ください。IWCの使っていない時計があれば、どのような状態であっても一度MARUKAで査定を受けてみてください。予想以上の価格がつくかもしれません。ご連絡お待ちしております。現在マルカ(MARUKA)ではIWC買取を強化中です。皆様のお越しをおまちしております。 IWCは正式な名称をインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(International Watch Company)と言い、略称としてはインターもしくはインターナショナルという呼称が定着しています。1868年の創業時からそれまで培われてきた伝統的技術と機械文明化によって発達した製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目指してきました。当初は懐中時計を専門につくっていましたが、1900年代に入ると腕時計にも製作の手を伸ばします。デザインだけでなく、設計にもこだわり、部品の材質やコストに手間をかけているので完成度の高い製品が出来あがっており、メンテナンスをしっかりと行えば、長期間の使用にも十分耐える製品になっています。

時計とそれに付随する価値

現在、人々が高級時計を買うのは、時間を知るためではありません。それらがもたらすインスピレーションに惹かれるのです。 ~IWCシャフハウゼンCEO ジョージ・カーン この言葉に代表されるように、IWCの時計は、各モデルに合わせて特定のテーマやストーリーを設定しています。サンテグジュペリのような航空分野に携わる人との連携、航海の世界、海洋生物と環境保全とのかかわりから生まれるこういった物語がIWCというブランドを豊かに彩っています。こういったストーリーは生産においては特に必要性のないものと思われますが、ブランドというものに感情的な価値を付与し、時計製造に対する関心を持ってもらう場合においては、必要なものであり、IWCはこうした形で物に価値を付与することを実現しています。そしてなにより現代では高級機械式時計は「資産」という意味でも重要になっています。自動車のように高価なものでありながら使えば使うほどすぐに資産価値は低下し10年もたてばほぼ0になる、といったことは機械式時計にはありません。また価値が残るというだけでなく「機械として」メンテナンスすれば50年でも100年でも使用に耐えられるのが魅力です。そんな機械式時計の中でも日本とも深いつながりのあるIWC買取にマルカ(MARUKA)は注力しています。

IWCと映画

IWCは、映画製作の分野にも貢献しており、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ブランシェット、ユアン・マクレガーをはじめとする多くのセレブリティに愛用されてきました。映画やテレビ番組にも多く登場し、ボーン・レガシーでは、主人公の背景を物語り、工作員としての強靭な性質と洗練された趣味を示唆する道具としてIWCのパイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフが使用されました。オーシャンズ13、ウォール・ストリート、マイアミ・バイスなどの映画でもIWCの時計は、登場人物の性質を克明に描き出す事に成功しています。IWC買取でもこれらのモデルは非常に人気があります。

IWCの歴史

1868年、アメリカ人技師であり以前ハワードという時計会社で働いていたフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、アメリカ市場向けに懐中時計を販売するためスイスのシャフハウゼンで創業しました。 1903年には、経営権を持つヨハネス・ラウシェンバッハ・シェンクの娘がユング心理学の祖、カール・グスタフ・ユングと結婚するなど、各界への影響も増しています。 1915年に腕時計の開発、製造がはじまり、1955年には高い耐磁性を持つモデル「インヂュニア」を発売、ヨットマンのための特殊ラバーで衝撃を吸収する「ヨットクラブ」等のモデルは、アンティーク市場において人気の高いジャンルです。 1978年にはポルシェのデザインした「コンパス・ウォッチ」を発売、近年になると、ダイムラー・クライスラーの高級車ブランド、メルセデスAMGとコラボレーションしたインヂュニアオートマチックAMGなどの製品もリリースしています。

製品の特徴

IWCの製品はスイス時計らしい華やかなデザインのものは少なく、装飾を排した、シンプルなものが多い事が特徴です。しかし、それでいて耐久性能にも優れており、大型の文字盤は、見ているだけでその洗練された様子を垣間見る事ができます。時計に華やかな美しさと洗練された美しさの二種類があるのなら、この時計は洗練された美しさを体現していると言えるでしょう。無駄なものを排した末に行き着いたシンプルなデザインが美しいのは、アインシュタインの数式が簡潔でありながらものごとの本質を捉えている事に似ています。 ポルトギーゼというモデルにはじまり、アクアタイマー、インヂュニア、パイロット、ポートフィノ、ダ・ヴィンチ、ポルシェ・デザイン、イル・デエストリエロ・スカフージアといったラインナップは、そのどれもが多くの顧客を獲得する魅力を備えており、前述した洗練された魅力を兼ね備えていると言えるでしょう。マルカ(MARUKA)では様々なモデルのIWCを高価買取中。ポルトギーゼからダ・ヴィンチまでなんでも地域No.1の高価買取価格を提示しますのでお気軽にお尋ねください。

IWCの精神

どの時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして所有者にまつわる物語を伝えます。良い映画が、鑑賞者の心にストーリーを伝えるように、良い時計もストーリーを持っています。映画は、脚本、撮影、デザイン、編集などいくつもの場面で多数のスタッフが協力して作り上げます。俳優、プロデューサー、カメラマン、製作チームのメンバーが連携して仕事を進め、各シーンを仕上げていきます。それが最終的にひとつにまとまり、作品が完成します。そういった映画の作成される工程と時計の製作される工程とはどこか似通ったものがあります。そして、映画は鑑賞という行為を通して、時計は使用という行為を通して、その内部に物語をつくっていきます。 現在、人々が高級時計を買うのは、時間を知るためではありません。それらがもたらすインスピレーションに惹かれるのです。 このIWCのCEOジョージ・カーンの言葉には、時計という垣根を越えたものごとの普遍性についての言及があるように思います。時計という枠組みを超えた普遍性に挑んだIWCの時計は、それゆえの美しさを持っています。 インターの時計は最近のポルトギーゼやパイロットウォッチだけでなく、意外と古い時代から熱烈なファンの方が日本にもおられます。まだ文字盤の社名表示が「IWC」ではなく筆記体の「International Watch Company」になっている時計を見ると我々も「お、かなりの時計好きな方だな」と軽い興奮と緊張を感じます。 あなたの大事にしてきたそのIWC、経験と知識に裏付けされ日々膨大な量の時計を取り扱う実績あるMARUKAへお任せいただけませんか? 京都の下町、西大路七条を発祥の地とし着実に歩を進め京都の人に愛されながら60余年。京都市内で4店舗を構えるまでになり、そして関東へ転勤されたお客様、逆に関東にお住いになられながらわざわざ新幹線に乗りMARUKAをご利用いただいていたお客様。地方に住み宅配買取で当社をご利用された経験のあるお客様などからの熱烈なラブコールにこたえ2014年東京銀座にも予約制サロンを開設させていただきました。2015年には京都と同じく年末年始以外年中無休で営業する店舗となり、そしてすぐに手狭となり現在の銀座5丁目のマツモトキヨシビルに移転、さらに池袋や新宿、渋谷や青山六本木方面のお客様の為に渋谷店がオープンしますた。これからも東京を中心に関東のお客様にも可愛がっていただけるよう努力します。2015年夏にはマルカ(MARUKA)として初めての九州進出、那珂川博多川を挟んでいますが博多や中州からもアクセスいただく天神地区に福岡天神店がオープンと全国でマルカ(MARUKA)をご利用いただけます。もちろん宅配買取にも対応しておりますのでIWC買い取りの際は店頭でも宅配でもご利用いただけば全国どこに居ても日本最高のマルカ(MARUKA)の買取をご体験いたただけます。 あなたの大切な思い出のある時計、任せていただける自信があります。IWC買取は是非マルカ(MARUKA)へ