バカラ

MARUKAのバカラ買取について

1764年時の権力者フランス王ルイ15世にガラス工房設立の許可を受けバカラ村に攻防が誕生、その後1816年に初めて30%の酸化鉛を含んだクリスタルガラスの製造を開始、その伝統的技法を継承しながらも新しいデザインを求める姿は世界中のセレブリティから愛されるガラス・クリスタル工房です。ブランド食器買取業界内でも根強い人気がありMARUKAではバカラのグラスなどを高価買取しております。

主なシリーズは1825年から続くどっしりとした重厚なフォルムが特徴の「アルクール」、1855年のアシッドエッチングが施された「ローハン」が誕生。フランス語で「完璧」の意味を持つ「パーフェクション」が1933年にそしてフラットカットが大胆な「タリランド」は1937年からとどれも古くから伝わるスタイルを継承しています。
ただし2001年発表の金彩が施された「コンコルド」を生む出すなど常に新しいものを追い続ける姿も人気の秘密です。それはシリーズだけでなくガラス食器だけでなくアクセサリーなど美しいクリスタルを見せるということに非常に貪欲なブランドの姿勢でもあり、MARUKAでもお酒買取でよく取り扱う「レミーマルタン ルイ13世」やヘネシーの「リシャール」、バカラ製デキャンタのシリーズを数多く持つカミュなどその他高級ブランデーメーカーからは多数のバカラ製デキャンタに収められた高級酒が発売されています。バカラ買取のMARUKAではこういった高級ブランデーのバカラ製空き瓶(デキャンタ)でも高価買取いたします。

また日本ではNTTドコモがバカラクリスタルをモチーフにした携帯電話も過去発売されています。

またバカラは無色透明のクリスタルだけでなく特徴的な「赤」を落とし込んだシリーズや近年では「青(Blue)」のシリーズを発表するなど生活の中でいかに輝くかをテーマに人々の生活の中にバカラがもたらす潤いをテーマとして作品を発表し続けています。

また光の反射を徹底的に研究してカットに込められた星形オブジェの「ZINZIN(ザンザン)」シリーズなどバカラの追及はとどまるところをしりません。ちなみに、最近では広島地区限定発売で広島東洋カープのキャラ「カープ坊や」が描かれたタンブラーなども発売されています。

バカラを高く売るなら是非全国に10店舗を展開するMARUKAへお任せください。京都市内の西七条、西院、大宮、四条烏丸・河原町の4店舗に加え東京は銀座晴海通りの銀座本店、渋谷宮益坂の渋谷店、大阪では御堂筋と長堀通交差点近くの心斎橋店、横浜元町ドンキホーテ店や玉川髙島屋S・C店に新宿マルイアネックス店等すべての店舗にてバカラ高価買取を行っています。
また頂き物でもらうことが多いバカラ、高く売るコツはまずは箱や説明書等の付属品が残っていること、そしてバカラ製品に貼られている赤いバカラのロゴシールが残っている(はがしていない)事が高価買取の条件となります。もちろんそれらシールがなかったり、箱がなかったり、使用済みであっても買取は可能ですがもはや生活用品としてより住宅装飾品として価値が高いバカラ製クリスタルですのでそれら備品がそろっているほど高価買取となります。

ご自宅に使わなくなったバカラ製品がございましたら是非バカラ買取のMARUKAへお持ちください。お待ちしております。

ウェッジウッド

<MARUKAのウェッジウッド買取について>
独特な色合いを出す当時としては非常に難しかった乳白色色の「クリームウェア」発表しました。
それは瞬く間に広まり、かのシャーロット王妃をも魅了し「クイーンズ ウェア」と名付けられました。その後も次々と研究を重ね、1768年にはクリームウェアとは真反対色、マットな質感ながら艶も感じる「ブラックバサルト」。そして1774年に誕生したのが、今でもウェッジウッドといえばというくらい定着している「ジャスパー」。ストーンウェアの一種で、古代ローマ美術装飾をイメージして刺繍されたような美しいデザインが特徴的です。またその色味も現代まで伝わっている、まさにブランドを象徴するカラーになっています。それが「ウェッジウッド・ブルー」と呼ばれる、淡くて優しい青色。一目でウェッジウッドと分かるくらい世の中に浸透した色味ではないでしょうか。
また、陶器職人としては勿論優れていたジョサイア・ウェッジウッドですが、実業家としてもその才能は発揮されました。会社が大きくになるにつれ、より効率さを求め合理化し工場の移動や生産ラインの規律、品質、在庫管理などに至って芸術を求めながらも事業としてそれらを両立させました。
品質の良い物をより多くの人々に。そういった想いが強かったからこそ実現できたのではないでしょうか。
1967年まではウェッジウッド家の血を引くものが代々経営をしてきましたが、ここで途絶えてしまいます。そして合併などもありましたが2009年に事実上経営破綻しています。しかし証券会社「KPSキャピタルパートナーズ社」により再建がはかられ伝統が受け継がれています。こういった高級食器ブランドのウェッジウッドの買取をMARUKAは強化中。ロイヤルコペンハーゲンやボーンチャイナ。そしてクリスタルのバカラなど高級食器ブランドの取り扱いもMARUKAにお任せください。
MARUKAは京都(西大路七条、四条大宮、四条烏丸・河原町)、大阪心斎橋、東京(銀座・渋谷・二子玉川・新宿)、横浜各店でウェッジウッド買取強化中。ご連絡お待ちしております。

ロイヤルコペンハーゲン

MARUKAのロイヤルコペンハーゲン買取について

ロイヤルコペンハーゲンは1775年に発窯された、デンマーク発祥の北欧デザインの陶磁器メーカーです。正式名称は「ロイヤルコペンハーゲン陶磁器工房」(The Royal Copenhagen Manufactory)と言います。製品の絵付けは全て手描きで描かれており、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサインと、シェープ(形状)ナンバーが入れられています。
ロイヤルコペンハーゲンは古くから日本の有田で焼かれた濁し手、金蘭手などの磁器の古伊万里焼の影響を強く受けており、製品は手書きによるコバルトブルーの絵柄が特徴的です。ベストセラーは下絵の手書きのブルーパターン「ブルーフルーテッド」は1968年から製作されています。ロイヤルコペンハーゲンで不朽の名作と言われているのは「フローラ ダニカ」です。フローラ ダニカは設立当初の1885年に作られました。パターンはフローラ ダニカ植物図鑑より2600点もの植物を食器に描くという壮絶な企画でした。現在でもこのフローラ ダニカのカップやソーサーなどはファンが多い。ロイヤルコペンハーゲンの製品展開はカップ & ソーサーなどのテーブルウェア、毎年は湯倍されているコレクション物のコレクタブルは、1908年が初年度版のイヤープレート、1889年が初年度版のイヤーフィギュリン、ビングオーグレンダールがあります。
イヤープレートやイヤーフィギュリンに関しては、 その年のプレートを、生産してしまうと型を壊してしまう事から過去の製品に思わぬプレミアがつくこともあります。

更に、インテリアとしてのフィギュリン(陶磁器で作られた人形)やオーナメントのスプリングコレクション、花瓶のブルーフルーテッドプレインやブルーフルーテッドメガなどがあります。
陶磁器メーカーならではのティー&グルメとして、リーフティー、ティーバッグ、ジャムやマリアージュギフトなどの商品展開もあります。MARUKAではロイヤルコペンハーゲンはもちろんマイセンやバカラなどの食器やアクセサリー、同じデンマーク発祥のジョージ ジェンセンなどのアクセサリーも高価買取しております。
また、食器や陶磁器ですと箱の有無によって査定額が変動しますので、箱が有る場合はお持ちいただきますようにお願い申し上げます。

MARUKAではロイヤルコペンハーゲン買取に力を入れております。こういった高級食器ブランド買取全般を強化しております。他にもジノリの買取りやロイヤルコペンハーゲン買取にも注力しておりますし、ボーンチャイナ全般の買取もMARUKAではおこなっております。
元々西大路七条で昭和28年から続く質屋でしたので、こういった高級食器やガラス、クリスタル(バカラなど)を扱う事が多く、それ故に販路も持っておりますので高く買い取る事が可能です。それは京都のみならず東京は銀座の晴海通りの並木通り口交差点角に建つマツモトキヨシのビルの6階にある銀座本店でも場所柄か多数の買取りをさせていただいております。
ただこういった食器類は非常に重く、また割れやすくそれ故に箱が大きく緩衝材もたくさん入っているのでかさばります。ですのでこういった食器類が多数あればご遠慮なく出張買取をお申し付けください。また広尾や田園調布などの高級住宅街、六本木や青山、代々木などのマンション群でも出張買取は可能です。社名もなにもはいっていない黒い通常の乗用車でお伺いしますのでプライベートも完璧に守られます。
お引越しなどで荷物の整理等があれば食器のみならずバッグや財布などのブランド品買取も時計買取もあれば全てMARUKAにお任せいただいて結構ですので是非ご相談ください。

リチャードジノリ

MARUKAのリチャードジノリ買取について

リチャードジノリの歴史は古く創設はさかのぼること1735年になります。当時カルロ・ジノリ侯爵がイタリア・フィレンツェ近郊に創設された磁器洋食器ブランドになります。この頃イタリアではクオリティの高い磁器の製造ができず国内で唯一の磁器ブランドになるとされております。1700年になるとさらに磁度の改良が加えられ綺麗な白磁を製造できるまでに高い技術をあげていきます。その頃の代表作として「トスカーナの白い肌」があります。1800年代に入るとフィレンツェに国内初の洋食器直営店を展開させました。その後、リチャード社と共同することになり「リチャードジノリ」が誕生しました。そして1990年頃には新しい素材、ボーンアッシュを使用した食器を製造し世界中にイタリアで一番の名窯として注目されるようになりました。
リチャードジノリの特徴としては鮮やかな原色を活かしたポップなデザインもあれば古典的で上品な食器までさまざまで「クリッパー」と呼ばれる手旗信号のデザインはブランドらしさが伺えます。作品の中には世界でも有名なピノキオをデザインしたものもあり子供から大人まで楽しめるブランドというイメージがあります。
MARUKAでは食器ブランドも取り扱っております。自ら足を運んで購入される方もおられますがギフト品としてプレゼントで贈られたお品物でもしっかり査定させて頂きます。現行で販売されている物からアンティークとしての価値がある物まで専属の査定士が在籍していますので是非当社の査定をお試しくださいませ。
ウェッジウッドやバカラ、ロイヤルコペンハーゲンにマイセン。お皿からティーセット、または花瓶などの装飾品まで昭和28年創業の質屋を母体とするMARUKAでは目利きもさることながら一番大事な全国への販路を持っているということが最大の利点であり、だからこそブランド品買取はもちろん時計買取、宝石貴金属買取りでも頭が一つとびぬけての高価買取が可能なのです。

MARUKAは全国に10店舗展開中。京都で圧倒的な知名度と買取り実績を誇るのは当たり前ですが、最近は顧客様の熱い要望により進出した東京でも銀座本店と渋谷店で皆様をお迎えしております。また東京では出張買取が盛んで特にこういった食器類は嵩張りますし重たいという事もあり出張買取をご用命いただきます。専門の査定士が一般車でご自宅へお伺いいしプライベートも守られ安全です。当社の査定士は身なり身だしなみも完璧でお客様をご不快にさせることはありません。東京23区のみならず多摩市などの近郊や横浜、横須賀に千葉などでもお伺いしますのでお気軽にお声をかけて下さい。

マイセン

MARUKAのマイセン買取について

磁器製造の技術が他国に漏れることを恐れたアウグストは秘密を守る為、150年に渡って使用されることとなる磁器工場をアルブレヒト城壁の中に作りました。そしてベトガーをそこに幽閉しました。ストレスの溜まったベトガーは酒に救いを求めるようになり37歳という若さで死去してしまいました。その後、日本磁器にも興味を持ったアウグストは絵付師としてヘロルトをウィーンより迎え入れ柿右衛門式などの日本磁器の模写を手掛けました。そしてヘロルトは1724年に王室御用達の絵付師となり、日本や中国趣味の模様などの東洋風の絵付けのほかにも港の光景やヨーロッパの花々などの西洋的風景などの微細な絵付けを行い、マイセン絵付けの基礎をつくりました。造形師ケンドラーは15歳でドレスデン宮殿の宮廷彫刻師の弟子となりました。そして1730年に宮廷彫刻師となった翌年からマイセン工房の型師となったケンドラーは王亡き後にロココ様式の躍動感ある動物や優雅な人形、食器などを手掛けるようになりました。この磁器がマイセン人形と呼ばれています。1865年には城内の工場からトリービッシュタールに工場を移転しました。
マイセンは現在も手工芸の伝統を守りながらも常に発展し世界に愛され、求められ続けています。マイセン買取なら是非MARUKAへ、また写真を撮って送るだけのメールやLINEでの査定、事前査定もお任せください。
MARUKAではマイセンの洋食器買取を行っております。
有名なブルーオニオン、インドの華、ドラゴン、アラビアンナイト(千夜一夜物語)、サマーナイトドリーム(真夏の夜の夢)その他にも人気の高いシリーズは多数ございます。
またアンティークマイセンも買取しております。
京都MARUKAでは昭和28年創業の質屋を母体としており、こういった高級食器などは昔から取り扱っておりましたのでマイセン、ウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲン、ボーンチャイナ・・・などなど数々の洋食器買取ならお任せください。京都市内の4店舗だけでなく関西では他に大阪心斎橋店、東京の銀座本店と渋谷店、玉川髙島屋S/C店と新宿マルイアネックス店、横浜元町ドンキホーテ店でも洋食器の買取を行っておりますので是非ご利用ください。またこういった食器類、特にティーセットなどはかさばり、重たくそして壊れやすいので持ち出すのはちょっと、という方は出張買取をご利用ください。ご自宅までお伺いして店頭と同じ基準で買取をさせていただきますので安心です。もちろんお値段で折り合いがつかずキャンセルになっても費用は一切無料ですので安心して申し込んでください。何も遠方だけじゃなく大阪や滋賀、奈良や兵庫だけでなく店舗のお近くからでも出張買取の依頼を受け付けますので是非ご利用ください。