ミレネリー買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
ミレネリー

ミレネリー

MARUKA(マルカ)はミレネリーの買取にこだわります。

ミレネリー

一目でその美しさ、完成度の高さに目を惹かれる、「オーデマ・ピゲ (AUDEMARS PIGUET)」のオーバルケースが特徴的な「ミレネリー」。
その名の通り新たな1000年を意味し、新世紀を迎える1999年に新たなコレクションとして生まれました。
デザインはローマ帝国時代の円形の闘技場、「コロッセオ」をイメージして作られています。建設時は「フラウィウス円形闘技場」という名称だったそうで今ではローマの観光名所として人気のスポットとなっています。
今回ご紹介させて頂く「ミレネリー4101」は、2011年に発表された比較的新しいモデルになります。
ミレネリーの後に続く「4101」は、このモデルのために作られたキャリバーナンバーで、このキャリバーの責任者は2009年頃、オーデマピゲ本社開発部に移動となった日本人時計師「浜口尚大」さんです。2006年以降のモデルに導入されている、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の「ランゲ1」のようなオフセンターセコンドで近未来感のあるムーブメントは、両巻き上げの60時間パワーリザーブと長時間駆動が可能となっています。「信頼性」、「精度」、「耐久性」にこだわって開発されたこのムーブメントを支えるローターの軸はセラミック製のボールベアリング、日本語で「玉軸受」という回転時の摩擦を軽減するシステムが導入されています。これにより、10年は摩擦が起きないという優れたムーブメントになっています。
もちろん性能だけでなく、その美しさも問われたキャリバー4101は、ケース裏側から見たムーブメントの光景には思わずため息が出るくらい美しい仕上げになっています。オーバルに広がるムーブメントパーツはペルラージュ仕上げとなっており、上からロジウム加工が施されて輝き、高級感がプラスされています。
スレンレススチールモデルには、技術が必要な電解処理による特殊コーティングがパーツに施され、ステンレンスモデルに合うマットブラックなものに仕上げられています。見た目、機能にとことんこだわったオーデマピゲのミレネリー4101をMARUKAは高価買取致します。代表作「ロイヤルオーク」など、オーデマピゲ買取はMARUKAにお任せ下さい。

MARUKAは70年近い歴史を持つ質屋、当然時計などの扱い経験は多く現在においても関西、関東の全ての店舗で時計買取数は業界でも群を抜く多さ。またMARUKAの時計買取はその経験と実績により日本全国から無料で使える宅配買取を利用して時計が集まってきておりさらに時計扱い量が増える事で情報も相場への影響力もまし高価買取が可能となっています。是非オーデマピゲ買取ならMARUKAへどうぞ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる