Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)140.64ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)140.64ct買取
Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)140.64ct

Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)140.64ct

宝石に興味を持った方なら一度は耳にしたことがあるRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)。世界の有名なダイヤモンドには数々の歴史と逸話がございます。この石もその世界的に有名なダイヤモンドの一つでございます。
Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)は1700年頃にインドのゴルゴンダ鉱山で発見されたとされており、その発見時の原石は410ctとされております。当時鉱山では奴隷による労働者がおり、原石を持出さぬように厳重に監視されていました。その発見した奴隷は自分の太ももを切り裂いて傷口の中にこの原石を隠し鉱山を脱走したとされております。
逃走中にイギリスの船長に裏切られ殺されてダイヤモンドを奪われました。その後そのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はインドの商人に当時の金額で5000ドルで買取られたといわれています。
1701年にこのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)の原石は当時マドラス(現在のインド洋東海岸)を統治していたトーマスピットに買取られ、彼の息子がイギリスに持って行き、その410ctの原石を現在の140.64ctのクッションカットにしました。薄くブルーを帯びたこのホワイトダイヤモンドは当時マドラスでも有名だったトーマスピットが所有していた為「ピット・ダイヤモンド」と名付けられ、そこから有名なルイ14世などの多くの貴族達にそのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)は買取られ、フランス王家、ナポレオン、オーストラリアと渡り、再度フランスの王様ルイ15世の儀式などで使用する王冠などにはめ込まれ、1775年にはルイ16世の戴冠式の新しい王冠にこのダイヤモンドは使用されました。現在のRegent(リージェント)と言う名前が付いたのもその頃で「統治者」という意味をもちます。
そしてスランス革命後の1792年に王室の宝物倉庫が襲撃され多くの希少な宝物が行方不明となりますが、このRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はパリ郊外にある一軒のある民家の屋根裏部屋から発見されたとされております。その後フランス戦争で借り入れをする為にフランス政府はRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)を何度も担保に入れ、戦争に必要な費用をうまく捻出しました。ナポレオンが支配者になって1801年にナポレオンの手元に戻りナポレオンはRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)を王帝の剣に取り付けました。この世で最も固い鉱物であるこの石を付ける事によって、古代ギリシヤの人々は「征服されざる者」という意味を込め、ナポレオンはそのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)に秘められた力を得ようと考えました。
その後ナポレオンは失脚し、エルバ島に島流しされた時、ナポレオン2人目の妻であるマリ・ルイーズによってこのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はオーストリアに持ち去られますが、後になってダイヤモンドはフランスの王冠に使用する為返還されました。それによってRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)は復古王政後のフランス王でもあるルイ18世、そしてシャルル10世の王冠に飾られ、第2帝政が開始してからはナポレオン3世の冠に使用されました。その後にはナポレオン三世の妻であるユジェニー王妃の冠にも装着されました。そしてナポレオン3世が王座を追われると、Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)はフランスに残され、現在はフランスのパリにあるルーブル美術館で展示されています。
エジプト、メソポタミア、インダス、黄河~世界四大文明が誕生する以前から人類は、宝石に果てることのない憧れと愛着を抱いてきました。自らのエメラルド鉱山を持っていたというクレオパトラ、就寝時のガウンにたくさんの宝石をちりばめたというエリザベス1世、世界中のダイヤモンドを蒐集した太陽王ルイ14世。これらの貴人、偉人のみならず市井のひとたちにとっても、宝石は幸福のシンボルであり、愛の象徴であり、勇気の源泉であり、成功の証でした。そして所有する人の人生や時には国の行く末にまでも大きく影響を与える石、古代から現在に至るまで人々を魅了し続けるそれが宝石です。

マルカ(MARUKA)では宝石の買取に強いこだわりを持ち、特にダイヤモンドの買取においては地元京都だけでなく東京でも福岡でも、そして2017年3月に進出した大阪心斎橋の地でもどこにも負けない高価買取を目指しています。それを可能にするのが60年以上続く老舗の質屋として積み重ねてきた経験と実績を査定士育成のノウハウに取り入れ、また宝石鑑定機関の資格を持つ人間を招聘して日々修練を積んでいます。もしあなたの宝石が他店で値段がつかない、もしくは不当に安いと思われる金額を提示された場合、それはその石の正しい価値ではなく査定士の無知によってもたらされた結果という可能性があります。
そんな時は宝石・ジュエリー・ダイヤモンド買取に自信のあるマルカ(MARUKA)へ是非お持ちください。

MARUKAはダイヤモンド買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

宝石に興味を持った方なら一度は耳にしたことがあるRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)。世界の有名なダイヤモンドには数々の歴史と逸話がございます。この石もその世界的に有名なダイヤモンドの一つでございます。
Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)は1700年頃にインドのゴルゴンダ鉱山で発見されたとされており、その発見時の原石は410ctとされております。当時鉱山では奴隷による労働者がおり、原石を持出さぬように厳重に監視されていました。その発見した奴隷は自分の太ももを切り裂いて傷口の中にこの原石を隠し鉱山を脱走したとされております。
逃走中にイギリスの船長に裏切られ殺されてダイヤモンドを奪われました。その後そのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はインドの商人に当時の金額で5000ドルで買取られたといわれています。
1701年にこのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)の原石は当時マドラス(現在のインド洋東海岸)を統治していたトーマスピットに買取られ、彼の息子がイギリスに持って行き、その410ctの原石を現在の140.64ctのクッションカットにしました。薄くブルーを帯びたこのホワイトダイヤモンドは当時マドラスでも有名だったトーマスピットが所有していた為「ピット・ダイヤモンド」と名付けられ、そこから有名なルイ14世などの多くの貴族達にそのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)は買取られ、フランス王家、ナポレオン、オーストラリアと渡り、再度フランスの王様ルイ15世の儀式などで使用する王冠などにはめ込まれ、1775年にはルイ16世の戴冠式の新しい王冠にこのダイヤモンドは使用されました。現在のRegent(リージェント)と言う名前が付いたのもその頃で「統治者」という意味をもちます。
そしてスランス革命後の1792年に王室の宝物倉庫が襲撃され多くの希少な宝物が行方不明となりますが、このRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はパリ郊外にある一軒のある民家の屋根裏部屋から発見されたとされております。その後フランス戦争で借り入れをする為にフランス政府はRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)を何度も担保に入れ、戦争に必要な費用をうまく捻出しました。ナポレオンが支配者になって1801年にナポレオンの手元に戻りナポレオンはRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)を王帝の剣に取り付けました。この世で最も固い鉱物であるこの石を付ける事によって、古代ギリシヤの人々は「征服されざる者」という意味を込め、ナポレオンはそのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)に秘められた力を得ようと考えました。
その後ナポレオンは失脚し、エルバ島に島流しされた時、ナポレオン2人目の妻であるマリ・ルイーズによってこのRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)はオーストリアに持ち去られますが、後になってダイヤモンドはフランスの王冠に使用する為返還されました。それによってRegent Diamond(リージェントダイヤモンド)は復古王政後のフランス王でもあるルイ18世、そしてシャルル10世の王冠に飾られ、第2帝政が開始してからはナポレオン3世の冠に使用されました。その後にはナポレオン三世の妻であるユジェニー王妃の冠にも装着されました。そしてナポレオン3世が王座を追われると、Regent Diamond(リージェントダイヤモンド)はフランスに残され、現在はフランスのパリにあるルーブル美術館で展示されています。
エジプト、メソポタミア、インダス、黄河~世界四大文明が誕生する以前から人類は、宝石に果てることのない憧れと愛着を抱いてきました。自らのエメラルド鉱山を持っていたというクレオパトラ、就寝時のガウンにたくさんの宝石をちりばめたというエリザベス1世、世界中のダイヤモンドを蒐集した太陽王ルイ14世。これらの貴人、偉人のみならず市井のひとたちにとっても、宝石は幸福のシンボルであり、愛の象徴であり、勇気の源泉であり、成功の証でした。そして所有する人の人生や時には国の行く末にまでも大きく影響を与える石、古代から現在に至るまで人々を魅了し続けるそれが宝石です。

マルカ(MARUKA)では宝石の買取に強いこだわりを持ち、特にダイヤモンドの買取においては地元京都だけでなく東京でも福岡でも、そして2017年3月に進出した大阪心斎橋の地でもどこにも負けない高価買取を目指しています。それを可能にするのが60年以上続く老舗の質屋として積み重ねてきた経験と実績を査定士育成のノウハウに取り入れ、また宝石鑑定機関の資格を持つ人間を招聘して日々修練を積んでいます。もしあなたの宝石が他店で値段がつかない、もしくは不当に安いと思われる金額を提示された場合、それはその石の正しい価値ではなく査定士の無知によってもたらされた結果という可能性があります。
そんな時は宝石・ジュエリー・ダイヤモンド買取に自信のあるマルカ(MARUKA)へ是非お持ちください。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること