Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)5.51ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)5.51ct買取

Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)5.51ct

>

MARUKAは Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)5.51ct買取にこだわります。

Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)5.51ct

Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)は、中央アフリカ共和国において発見された、ファンシーディープブルーグリーン(Fancy Deep Blue-Green)というカラー評価を受けたダイヤモンドです。発見当時の大きさは11.27カラットであると言われ、その後にリカットされ、5.51カラットになっております。しかし、実際には、発見した人物や正確な採掘場所、その後の所有者であったり、カットや研磨を施した職人などについては、一切語られておらず、未だ正確な詳細は謎だといわれております。
Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)のファンシーディープブルーグリーン(Fancy Deep Blue-Green)というカラー評価は、GIAが鑑定したグリーンダイヤモンドの中では最大のダイヤモンドでございます。放射線照射によって人工的にこの色を作り出すことは容易ですが、自然発生でこのカラーが出ることは極めて珍しく、世界で最も希少なダイヤモンドの1つとして数えられております。
Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)は、ジュエリーの歴史に残る貴重な宝石の一つとして、2003年に、スミソニアン博物館で開催された「The Splendor of Diamonds」という展覧会で一般公開されております。その中には、「ミレニアム・スター」や「ハート・オブ・エタニティ」、「ムサイエフ・レッド」、「オールナット」、「スタインメッツ・ピンク」、「パンプキン」などの世界の有名なカラーダイヤモンドばかりが集まった展覧会で御座います。
その後はアメリカ、ニューヨークの5番街にあるダイヤモンド・カット会社の「コラ・ダイヤモンド・コーポレーション(Cora Diamond Corporation)」によって、Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)は所有されております。このコラ・ダイヤモンド・コーポレーションがOcean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)を
2014年5月に開催されたスイス・ジュネーブのクリスティーズのオークションにおいて、863万ドル(約9億8千万円)で買取しております。グリーンダイヤモンドでは史上最高額の買取金額を更新したという結果になりました。ですので、現在Ocean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)を所有しているのは、コラ・ダイヤモンド・コーポレーション(Cora Diamond Corporation)でございます。
まるで紺碧の海を思い出させるような、深い青緑色をしているOcean Dream Diamond(オーシャンドリームダイヤモンド)。グリーンを発色する事が、地球上でどれだけ希少な事かが判るだけでも、このダイヤモンドの価値が凄いとわかりますね。中々手にする事が出来ないグリーンダイヤモンドをもし見つけたら即買取がおススメです。
「色の悪いダイヤモンド」と「綺麗なカラーダイヤモンド」はまったく違います。悪質な店では強い蛍光性のあるダイヤモンド(一般的に評価は低くなる)の特徴であるブラックライトを当てると青く光る様子を「これはブルーダイヤモンドだ」と言って何もしらないお客様に高く売りつけていたケースもあります。ダイヤモンドは買う時もそして売る時も信頼のお店を選ぶのがまずは何より重要です。
MARUKAは60年以上続く老舗の質屋が母体。全国9か所に店舗を持ち、それぞれの土地で高価買取でゆっくりと地盤を固めてきました。あなたの大切なダイヤモンドを高く売るなら信頼と実績のMARUKAです。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    東京都
    40/女性

  • ふきだし
  • 家に金杯らしきものがあります。

    こんにちは、金杯の買取について教えてほしいです。家の整理をしていたら木の箱に入った金杯が出てきました。裏には24KGPと書いてあるのですがこれは買取ができるのでしょうか。

  • こんにちは、MARUKA渋谷店の塚田と申します。 申し訳ございません、そちらは買取することができません。24KGPのGPというのは「Gold Plated=メッキ」という意味になりますので買取が不可の物になります。もし他にも貴金属をお持ちで、金か分からない場合でもお気軽に店頭にお持ちくださいませ。査定士がご説明しながら丁寧に仕分けさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    塚田 哲也

  • お客様イメージ

    東京都
    50/男性

  • ふきだし
  • 高額の時計ですがその日で現金買取可能でしょうか。

    オーデマピげの時計ですが査定してみないと分からないとは思いますが、少なくとも100万円以上の買取りはある時計ですが、成約の場合当日現金でいただけますでしょうか。 なるべく振込は都合上避けたいのですが。

  • ご質問ありがとうございます。 マルカMARUKA渋谷店の野原でございます。 はい!ご成約の場合ご希望であれば当日全額現金にてお買取り、お支払い可能でございます。 ですが高額買取りの場合、現金の用意が必要な場合がございますので、事前に商品のお問合せ頂き来店日時をご相談頂ければ幸いです。 ぜひお問合せお待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

  • お客様イメージ

    神奈川県
    40/男性

  • ふきだし
  • ロレックス116610LN中古なんですが、海外並行品なんですが買取できますか?

    ロレックスの今使っているサブマリーナ116610LN中古なんですが、海外正規店で購入した並行輸入品で付属品や保証書は揃っていますが、ギャランティに全て英語表記なんですが、買取可能でしょうか。 また平行輸入品と国内正規品とじゃ買取値段かわりますでしょうか?

  • ご質問ありがとうございます。 並行輸入品でも問題なくお買取り可能です。国内正規店と平行輸入品の違いは、少し前であれば説明書が全て英語表記とギャランティの印字が英語などの違いはありましたが、現在は付属品の説明書もグローバル化され3か国語表記になっており時計本体の仕様などはいっさございゴおざいません。買取金額の方もマルカMARUKAでは海外と平行での金額の差はつけておりませんので、ご安心ください。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ