Moon of Baroda(ムーンオブバローダ・ダイヤモンド)24.04ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Moon of Baroda(ムーンオブバローダ・ダイヤモンド)24.04ct買取

Moon of Baroda(ムーンオブバローダ・ダイヤモンド)24.04ct

>

MARUKAは Moon of Baroda(ムーンオブバローダ・ダイヤモンド)24.04ct買取にこだわります。

Moon of Baroda(ムーンオブバローダ・ダイヤモンド)24.04ct

Moon of Baroda(ムーンオブバローダ)は24.04ctのペアシェイプカットされたカナリーイエローダイヤモンドです。なんといってもこのダイヤモンドはマリリン・モンローが映画「紳士は金髪がお好き」(Gentlemen Prefer Blondes)でつけていた事もあり大変有名になりました。その後もいろいろなブランド、メーカーからもこのMoon of Baroda(ムーンオブバローダ)を模した商品やそのものずばり「Moon of Baroda」という名前をつけたアクセサリーが販売されました。しかし当然ながらそれらはデザインを模しただけでメインのこのペアシェイブのイエローダイヤモンドの大きさも質も比べるほどでもないものがほとんどです。

このMoon of Baroda(ムーンオブバローダ)はインドのバローダ(現在のVadodara)で発見されたことにより命名されました。長くバローダの地元のマハラジャであるGaekwad家(ガイクワド王家)が保有していましたが後にオーストリア皇后であるマリア・テレジアに献上されヨーロッパへと渡りました。その後19世紀中頃にMoon of Baroda(ムーンオブバローダ)は元のガイクワド家に返却され、20世紀初頭に当時のマハラジャ「Savajirao Gaekwad」がこれを売り払ってしまいます。
そして1940年代にメイヤージュエリーカンパニー(Meyer Jewelry Company)の社長であったMeyer Rosenbaum氏がこれを手に入れ上述の通りマリリン・モンローにこれを贈ったことで大変有名になりました。このダイヤモンドを身に着けた人間は歴史に名を遺す、という伝説がありマリリン・モンローがそれを証明したともいえます。
このダイヤモンドは「マリリン・モンローが愛したダイヤモンド」ということで世界中で大人気となり、日本でもマリリン・モンロー展のような展示会などがあると貸し出され展示されることもあります。2005年などには大丸百貨店などで開催された展示会で展示されたこともあります。
24カラットのペアシェイブのイエローダイヤモンド。このMoon of Baroda(ムーンオブバローダ)でなくても買取をするとしたら一体どれぐらいの値段がつくのでしょうか?
ダイヤモンドはご存知の通りもともと希少な鉱物です。そしてこれもご存知かと思いますがダイヤモンドの価値を決定づける4Cといわれるカラット(重さ=大きさ)、カラー、クラリティ(質=不純物の有無)、カットというグレード付けがあるのですが、特にクラリティにおいて小さな物ならその中に不純物を含まない、もしくは顕微鏡で拡大してやっと発見できる程度の物もありますが(通常ではVVS1が最高)これが大きくなればなるほど不純物が混じる可能性が増します。
ですので1カラットのダイヤモンドの値段と10カラットの同じカラー・グレード・カットのダイヤモンドの値段は単純に10倍ではなくさらにその何倍にも跳ね上がります。ましてこういったカラーダイヤモンドで大きいものの買取となると天文学的な数字となり、またこのMoon of Baroda(ムーンオブバローダ)のようにマリリン・モンローが使用していたとなると別のプレミアムもつくので通常の査定枠ではなく一つの作品としてオークション等でしか値段は決まりません。
MARUKAではダイヤモンド買取に関しては質屋として昭和28年から続いた60年以上の歴史の積み重ね、実績があります。査定士たちには正確にダイヤモンドのグレードを見極める目を養い鑑定書・鑑別書がなくてもきちんと査定してそのなかで最高の価格で買取をさせていただきます。
MARUKAは現在京都のみならず大阪心斎橋にも出店し合わせて神戸方面、三宮方面への出張買取合わせ東京の銀座本店、渋谷店、そして福岡天神店と全国でダイヤモンド高価買取を実施しています。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    京都府
    50/男性

  • ふきだし
  • ダイヤを売りたいのですが

    古いダイヤの指輪が出てきました 汚れも傷もないと思うのですがどれくらいになるのでしょうか

  • こんにちはマルカ四条店の富築です お問い合わせありがとうございます。 ダイヤモンドは4Cと呼ばれるグレードで値段が異なります。 人の目では見えないくらいの傷をルーペで確認し カラーとカットを総評して値段をお付け致しますので お持ちいただかないとお値段がわかりません 1カラットでも10万円ほどの物もあれば40万ぐらい付くものもございます。 無用で査定致しますのでご気軽にお持込み下さい 京都は四条烏丸、四条河原町、 マルイ、大丸、高島屋からも歩いて来られます!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    福岡県
    60/女性

  • ふきだし
  • 金がこんなに高くなっているとは

    先日、テレビで放送されているのを見て自分も整理してみようと思い、金の売却に利用させて頂きました。随分前に他のお店を利用したことがありましたが全く価格が違い驚きました。 今は特に高いという事でしたのでまた近いうちに利用したいと思います。

  • 福岡天神店の山本です。金買取でのご利用ありがとうございます。今年に入っていきなり価格も上がっており、良いタイミングでお持ち頂けたと思います。金価格が高騰しているのは勿論ですが、他と比べて頂ければお分かりの通りMARUKAの金、プラチナ買取価格はどこよりも高く設定しております。またのご利用お待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    山本 樹

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • マルカさんの金買取は表示価格のそのままの金額でお買取りしてくれました。

    以前他の買取店に金を持って行ったのですが、表示していた金額に最後手数料で200円程引かれて売りました。ですがマルカさんでは公表している金額そのままの金額でお買取りしてくれました。 そして金買取価格が一番高かったです。

  • ご買取りありがとうございます。 マルカMARUKA渋谷店でございます。はい!その通りです。 弊社の金買取は手数料などは一切ございません。 好評している金の買取金額そのままの価格でお買取り致します。 また毎日リアルタイムに金の買取相場を更新しておりますので、ご安心して金やプラチナ地金をお売り下さいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ