Earth Star Diamond(アース スター ダイヤモンド)111.59ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Earth Star Diamond(アース スター ダイヤモンド)111.59ct買取

Earth Star Diamond(アース スター ダイヤモンド)111.59ct

>

MARUKAは Earth Star Diamond(アース スター ダイヤモンド)111.59ct買取にこだわります。

Earth Star Diamond(アース スター ダイヤモンド)111.59ct

Earth Star Diamond(アーススターダイアモンド)はペアシェイプの111.59カラットのブラウンダイヤモンドです。ブラウンダイヤモンドにして類まれなる美しさ、輝きを持つダイヤモンドとなっています。色はダークブラウンもしくはファンシーコニャックと呼ばれており、お酒のコニャックを彷彿とさせる非常に濃い色が特徴となっております。
ブラウンダイヤモンドは一般的なカラーダイヤモンドと言われています。ブラウンダイヤモンドは宝石としての魅力を失い、工業用に使用されることが一般的になっています。しかし近年はアメリカやオーストラリアでのマーケティング成果もあり、ブラウンダイヤモンドを宝石として評価する動きがでてきており、チョコレートダイヤモンドと呼ばれて再評価され始めています。
そのブラウンダイヤモンドの世界で有名な物の1つをダイヤモンド買取に力を入れておりますマルカ(MARUKA)がこちらのEarth Star Diamond(アース スター ダイアモンド)をご紹介させて頂きます。
 Earth Star Diamond(アーススターダイアモンド)は1967年5月16日に南アフリカのオレンジ自由国(オランイェ自由国ともいう、1910年に南アフリカ連邦に組み込まれて州となる)の有名なDe Beers(デビアス)の鉱山であるヤーヘルスフォンテーン鉱山で発見されました。こちらの鉱山では世界最大級のダイヤモンドであるエクセルシオールダイヤモンドも発見されています。Earth Star Diamond(アーススターダイアモンド)は火山ダイヤモンドで2500フィート(760m)の位置で発見されました。この原石は248.9カラットでニューヨークのボームゴールドブラザーズが購入し、洋ナシ形にカッティング致しました。ペアシェイプにカッティングされることによってブラウンに輝く111.59カラットのダイヤモンドになっております。
そしてそのジョセフ・ボームゴールドがEarth Star Diamond(アーススターダイアモンド)と名付けとことが有名です。このEarth Star Diamond(アーススターダイアモンド)は南アフリカの有名な鉱山であるキンバリー鉱山の発見100周年を記念して行われた展示会で1971年に南アフリカに戻っております。その後は1983年にアメリカのフロリダ州ナポリのスティーブン・ズボバによって90万ドルで買取されております。日本円にして今のレートで一億円です。当時のブラウンダイヤモンドの評価が高くない時代にその金額で取引されているので、一体今のダイヤモンド買取相場だとどれくらいの価値があるのでしょうかね?非常に気になります。このレベルのダイヤモンドになりますと通常私たちがダイヤモンド買取時に使う相場表や常識は一切通用せず、どちらかというと美術品的な扱いになり、オークションでの評価となります。
 マルカ(MARUKA)では老舗質店としての知識と経験を活かし皆様のダイヤモンドをはじめとする宝石類の買取を強化しています。もちろん三大色石といわれるエメラルド・ルビー・サファイア買取においても、その他オパールやアレキサンドライト、パライバトルマリンなど一般のお店では扱えないような宝石類全般の買取に絶対の自信がありますのでお任せください。
 どこかのお店で一度査定された物でも大歓迎。その査定に納得がいかなかったら是非マルカでもお値段をお確かめください。特にダイヤモンドの買取にはそのダイヤモンドのグレードを見極める「眼」が必要です。こればかりは直接ダイヤモンドを見て色・質・カットを見極める鑑定眼が必要ですのでもろに経験の差が出てしまいます。「小さいから値段がつかない」「価値がない」「鑑定書・鑑別書がないとダメ」それって本当でしょうか?
 マルカ(MARUKA)なら査定士ひとりひとりがしっかりとあなたの大切なダイヤモンド・宝石を高価買取いたします。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    福岡県
    60/女性

  • ふきだし
  • 金がこんなに高くなっているとは

    先日、テレビで放送されているのを見て自分も整理してみようと思い、金の売却に利用させて頂きました。随分前に他のお店を利用したことがありましたが全く価格が違い驚きました。 今は特に高いという事でしたのでまた近いうちに利用したいと思います。

  • 福岡天神店の山本です。金買取でのご利用ありがとうございます。今年に入っていきなり価格も上がっており、良いタイミングでお持ち頂けたと思います。金価格が高騰しているのは勿論ですが、他と比べて頂ければお分かりの通りMARUKAの金、プラチナ買取価格はどこよりも高く設定しております。またのご利用お待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    山本 樹

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • マルカさんの金買取は表示価格のそのままの金額でお買取りしてくれました。

    以前他の買取店に金を持って行ったのですが、表示していた金額に最後手数料で200円程引かれて売りました。ですがマルカさんでは公表している金額そのままの金額でお買取りしてくれました。 そして金買取価格が一番高かったです。

  • ご買取りありがとうございます。 マルカMARUKA渋谷店でございます。はい!その通りです。 弊社の金買取は手数料などは一切ございません。 好評している金の買取金額そのままの価格でお買取り致します。 また毎日リアルタイムに金の買取相場を更新しておりますので、ご安心して金やプラチナ地金をお売り下さいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

  • お客様イメージ

    神奈川県
    40/女性

  • ふきだし
  • いつも利用してます。

    いつもMARUKA渋谷店で貴金属の買取をお願いしています。渋谷の買取店を色々調べましたがMARUKA渋谷店が一番高いのでいつもご利用しています!金の重さも目の前で計ってくれて手数料もないので安心です。また次回もよろしくお願いします!

  • こんにちは、MARUKA渋谷店の塚田です。 いつもご利用ありがとうございます。貴金属の買取も高くて安心して買取できる環境をしっかりと整えておりますのでいつでもお越しくださいませ。年明けから金相場もかなり上がっておりますのでお早めにどうぞ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    塚田 哲也

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ