田崎真珠(TASAKI)買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > 田崎真珠(TASAKI)買取

田崎真珠(TASAKI)買取はMARUKA(マルカ)へ

現在真珠買取はあまりよいものとは言えません、しかし田崎(TASAKI)の物ならブランドジュエリーとしての価値がありしっかりと評価されます。日本国内では逆に人気は薄いかもしれませんが世界ではTASAKIは品質の高いジュエラーとして有名。MARUKAではTASAKI買取に対してしっかりとした知識ある査定士が力を入れておこなっております。是非田崎買取ならジュエリー取り扱い経験豊富なMARUKAへお任せください。あなたの大切にしてきたTASAKIを高く売るならMARUKAです。

買取価格速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

田崎真珠(TASAKI)買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

関東での買取を強化、進む店舗展開

MARUKAは京都で産まれた「質舗マルカ」をスタートとして現在では買取専門店MARUKAとして全国へ店舗を展開しています。 真珠はかつて日本において宝石の代表格として冠婚葬祭時には必ず着用される日本人のマストアイテムでした。しかし現在においてはその需要は減りノンブランドの真珠では買取時になかなか値段がつかない状況となっておりますが、「TASAKI」というブランドにおいてはジュエリーとしてしっかりと評価されています。またTASAKIはブライダルラインに代表されるダイヤモンドジュエリーも世界的に高い評価を受けておりMARUKA全店でそれらTASAKI買取を強化しています。 2018年まで銀座5丁目のランドマーク、マツモトキヨシ銀座5THビルの銀座本店と渋谷駅から宮益坂にはいってすぐの渋谷店と関東では2店舗+出張買取の営業でしたが2018年冬から2019年初頭にかけ関東での買取強化の為に店舗展開を加速。11月には横浜に登場する新しい商業施設「港山下ナナイロ」へ、12月には二子玉川の老舗百貨店玉川髙島屋S/Cへ、そして2019年3月28日に新宿マルイアネックスへの進出と関東での店舗網を拡充。すべての店舗にMARUKA生え抜きの査定士を配置し知識と経験溢れるこれら査定士があなたのTASAKIを高価買取いたします。ジュエリーを取り扱うにふさわしい店舗と査定士が皆様のお越しをおまちしております。

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
店舗一覧

関東エリア

  • 東京 新宿マルイアネックス店
  • 横浜MEGAドンキ港山下ナナイロ店
  • 東京 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 三宮神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
MARUKA(マルカ)の田崎真珠(TASAKI)買取について

田崎真珠/TASAKI買取について

宝石と言われて思い浮かべるのは、ルビーやサファイア、エメラルドといった鉱石だと思います。鉱石はその名の通り石ですから、山でとれるというイメージが強いものです。しかし、そういった自然に生成されるものとは違い、生物の体内で生成される宝石というものがあります。こういったものは生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれますが、その代表格が貝の体内で生成される真珠です。真珠の歴史は古く、紀元前3200年のエジプトではすでに知られていたと言われています。また、日本では古来より真珠がよく取れるもので、邪馬台国時代に曹魏への贈り物として真珠が用いられたという記述があります。日本書紀や古事記、万葉集といった古い書物にも真珠は比較的登場するため、馴染みの深いものだったとされています。真珠の産出国として有名な日本ですが、その真珠産業の最大手と言われるのが田崎真珠です。田崎真珠は真珠だけに注目されがちなものですが、実はダイヤモンド事業においても有数の企業として名を馳せています。真珠にしてもダイヤモンドにしても、田崎真珠は日本でトップレベルの為、当社MARUKAの買取実績の中でもかなりの高額査定ブランドになっており、ほとんどのお客様から高評価をいただいている1つです。もちろん中古商品であってもそれは変わらず、高額査定になることが多いものです。久しく身につけていない田崎真珠があるという方は、一度お近くのMARUKAで査定を受けてみては如何でしょうか。また、LINEで査定や出張査定も無料で対応しておりますのでお気軽にご活用ください。

日本を代表する宝飾ブランドとして今も発展しているTASAKI(田崎真珠)はその名のとおりもともとは真珠の生産及び加工販売をしており国内トップレベルの業績があります。日本真珠振興会が主催している全国真珠品評会では農水大臣賞を過去に7回受賞しております。世界にも名前が知られており1990年代、当時国内で初めてダイアモンドの原石を購入できる権利を取得しておりダイアモンド事業にも発展していきました。
TASAKI(田崎真珠)は真珠へ考えた方も一貫しております。『真珠は生き物―』それは真珠を研磨したり、形状を整えたりすることではなく、自然の姿で完璧なプロポーションをもつ真珠。貝と人によって作る事ができる奇跡の宝石のため最高の環境を用意しているそうです。
創業以来、TASAKI(田崎真珠)はパールの価値を自社の厳しい評価基準により長年まもられております。『巻き』とは真珠表面の干渉色と光沢を引き出す要素となる真珠層をいいます。通常の養殖真珠よりも時間をかけ真珠層の厚みを最大限引き出しています。『照り』は光が真珠に反射してできる光の屈折具合を指しています。真珠の表面、真珠層の中からでも光の干渉がよくわかる真珠だけを厳選して使用しているそうです。そしてネックレスなどには特に『色目』を重視しているようです。『色目』とは左右の真珠との相互関係でわずかな違和感がでないように一粒ずつ選別されています。もちろん『キズ』や『大きさ』も厳しい基準を潜った物だけを使用しているようです。
TASAKI(田崎真珠)は真珠からさらなる発展を遂げておりそのクオリティは他の宝石にも高品質な基準が使われております。田崎真珠は2012年TASAKIに改名しており現在では時計ブランドとして一目を置かれる存在として今後も注目が集められております。MARUKAではTASAKIの製品を高価買取りの対象としております。TASAKIブランドのジュエリー買取にMARUKAは注力し、他店ではできない高価買取で皆様のお越しをお待ちしております。単なる真珠メーカーではなくブランドジュエリーとしてのTASAKI買取は全国に展開し65年の伝統あるMARUKAへ。
MARUKAは全国へ店舗網を展開してTASAKI買取を進めています。京都の皆さんにはもうおなじみの西大路七条、西院や西京極のみならず京都市内全域及び周辺市町村からもたくさん来店があります。四条大宮店、四条店、そして四条河原町の京都マルイ店と四条通沿いに3店舗、大阪心斎橋と三ノ宮駅前の神戸マルイ内と関西では合計7店舗、関東では東京の銀座、渋谷と横浜新山下にMEGAドン・キホーテ港山下総本店が入る港山下ナナイロ店、そして二子玉川駅そばの玉川髙島屋SC南館4階と最新店舗新宿マルイアネックス店と合計5店舗、あわせて全国で12店舗+宅配買取と出張買取で皆様の田崎を買取させていただきます。真珠を使ったジュエリーからダイヤモンドジュエリーまでTASAKI売るなら、田崎買取なら全国のMARUKAへ。

総合トップへ
LINE@で査定