ロジェ・デュブイ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > ロジェ・デュブイ買取

MARUKAはロジェ・デュブイ買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

大型ケースに派手な文字盤、ロジェ・デュブイはその強烈な個性で主張しています。そんな男気溢れるロジェ買取をMARUKAは強化中です。各モデルごとに生産本数が少ないロジェ・デュブイはきちんとそのブランドを理解していないお店ではモデルの調べ値段を出すまでに時間がかかるか、あいまいなままに査定をして低い評価額しか提示されません。
時計買取で定評のあるMARUKAならあなたのロジェ・デュブイ高価買取いたしますので是非売ると決めたらMARUKAへ。

ロジェ・デュブイ
LINE@で査定

リアルタイム買取実績速報

みんなは今、MARUKAに何を売りに来てるの?

※中古買取相場は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。

買取アイテムについてのコラム一覧

よりよい査定を引き出すために

高級機械式時計を買うと箱が大きくてびっくりしませんか?さすが値段に見合った箱だ、と感心しますが意外と邪魔になるもの。だけど箱や保証書、備品まで含めて高級機械式時計ですから絶対に捨てないでくださいね。売るときの査定額がガラッと違ってしまいます。
あと意外と「時計を磨く」ということをされない方が多いのですが、時計も毎日とはいいませんが磨いてあげるといつまでもきれいに輝き、もちろん売るときの査定額もアップが期待できます。
方法は簡単、専用の道具を揃えてもいいですが毛足長めの古い歯ブラシなんかでベルトとケースの隙間やブレス上のベルトの場合はそのひとつひとつの隙間の汚れやほこりを取り除いてやるだけでOK。そしてボウルに1,2滴中性洗剤を垂らしたぬるま湯にきれいな布浸し、しっかりと絞ってガラスやケース、ベルトなどを拭いていくと・・・まるで何か一枚薄皮をはいだように輝きを取り戻すでしょう(時計により防水機能に違いがあります。お使いの時計が生活防水以上に対応しているかご確認の上、自己責任にてお願いいたします)

自分のお気に入りの時計だから、時々はお手入れしてあげてください。

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

LINE@で査定

お客様の声

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカロジェ・デュブイ買取について

ロジェデュブイ(rogerdubuis)の歴史について

1953年時計師であるロジェデュブイがジュネーブ時計学校に入学、卒業後はロンジンに勤務します。パテック・フィリップを経て、1980年自身の工房を開きます。1995年、カルロス・ディアスと共に現在の会社であるロジェデュブイ社を設立、1996年にはジュネーブ・シールの認定を受けます。これは、スイス政府によって規定された品質規定に置いて最高級のものとして認定された時計に与えられるものであり、12の基準に合格した時計に、付加価値として与えられるものです。

ロジェデュブイについて

ロジェ・デュブイ(Roger Dubuis )の時計の持つ大胆さは、極めつけの域にまで達しており、複雑な機構の中から溢れだす迫力は、パワフルで魅力的な要素を持っています。ロジェデュブイは、ブランドという概念を超越し、他に並ぶもののない個性を求め、最高のクリエイティビティを求めてきました。あえて贅沢、あえてエレガントである事で高級時計の最高峰を目指し、デザイナーから職人に至るまで多くの人々が、ひとつの究極の目的である時計製造という一点に注力してきました。

ロジェデュブイの幅広い交流関係

ロジェデュブイは、熟練した時計職人を確保するため、2008年にリシュモングループによって設立されたインスティチュート・オブ・スイス・ウォッチメイキングに加入し、職業意識が高く熱心な人材を募り、時計製造という職業に従事する技術者を育成するために教育と研修を行っています。また、責任ある宝飾のための協議会のメンバーを務めており、紛争に関わるダイヤモンド取引の根絶を目指し、人権保護活動も行っています。愛用者としては、プロ野球選手の金本、清原和博、ダルビッシュ有、総合格闘家の小川直也、タレントの加藤茶や島田伸介といった著名な人々の名も挙がります。

ロジェデュブイのコレクション

ロジェデュブイのもつ伝統的な時計製造技術とアバンギャルドなデザインの絶妙なハーモニーが多くの人を魅了し、数多くの支持を得てきました。エレガントな「モネガスク」、戦士の勇敢さをイメージした「エクスカリバー」、現代的な冒険家をテーマにした「パルジョン」、神がかり的なものに対する洗練された美しさを象徴する「ベルベット」、この4つのコレクションは、クリエイティビティ溢れるロジェデュブイの独創的な世界を表すものとなっています。
モネガスクのもつ大胆さの中にエレガンスな要素を持つシリーズは、洗練されたラインを強調するスリムなシルエットが魅力です。伝統に根ざした時計製造工程を現代風にアレンジしたこのモネガスクコレクションは、大胆さと卓越性の限界に挑みます。
卓越性とパワフルなデザインは、エクスカリバーコレクションの特徴です。優雅さと表現力を極限まで追求したスタイルは、ロジェデュブイの時計のアイコン的な役割を果たしています。
テクニック、パワフル、ダイナミックという言葉に彩られたパルジョンシリーズは、独創的なサファイヤガラスが特徴です。力強さとダイナミズムの中に確かな美しさを併せ持つこのモデルは、見つめていると、そこから美しさが溢れ出てくるようです。
魅惑的なデザインに彩られたベルベットのモデルは、歌姫という世界観を表現しており、華やかでありながら磨き抜かれたデザインは、音楽的な美しさを備えています。立体的にデザインされたグラフィカルなダイヤルや、装飾が施されたケースは、高度な華やかさの中に、詩情を備えているかのような豊かさを秘めています。

ロジェデュブイのもつこだわり

2001年に完成した本社社屋は、ガラスの壁が特徴的で、そこから見える内部の様子は、ロジェデュブイの製造する時計を思わせるものがあります。完全自社一貫生産によってつくられる時計は、大胆でありながら自信にあふれた出来となっています。
ロジェデュブイによってつくられる時計は、機能とフォルムのいずれかが優先されるという事はありません。機能を犠牲にせずにフォルムの美しさを追求していくという姿勢には、同社の時計製造に対する思いが表れています。
ラウンド、スクエア、レクタンギュラーなど高級時計に欠かせない様々な時計製造を行っており、顧客一人一人に合わせた要望を満たすために、日々様々な時計の製造がおこなわれています。真にユニークな時計製造を目指して技術と審美的要素の限界に挑むというロジェデュブイの姿勢は、一貫して崩れることなく貫き通されており、高度なデザインと見るものを驚かせる大胆さとを合わせて、洗練されたメカニズムを生み出す研究を日々行っています。
ロジェデュブイのムーブメントは、スイスのジュネーブにおける優れた時計製造の伝統を継承しており、手作業で丹念に、数百に及ぶ部品を使用してひとつひとつの時計製造を行っています。それぞれのムーブメントに刻印されたジュネーブ・シールが性能の高さを証明しています。ロジェデュブイのキャリバーは、50人以上の時計職人がひとつひとつ手作業で組み立てており、極めて複雑な製造過程は、数週間に及ぶ綿密な作業を通して行われます。
ロジェデュブイの時計に宿る情熱と新たなものに挑む姿勢が、技術的、創造的、審美的な分野において、追求されてきました。高級時計業界の伝統の枠を超えて、デザイナーと開発者たちの切磋琢磨が繰り返された結果、数多くの名作が生み出されており、現在生産されているロジェデュブイの多彩なラインナップが、それを物語っています。
ロジェデュブイのブランドの歴史は、数々の華やかな成功に彩られており、豊かな才能に恵まれた優秀な時計職人であるロジェデュブイと想像力に富んだ才気あふれるデザイナーのカルロス・ディアスとのパートナーシップにより、ブランドのイメージが育まれてきました。ロジェデュブイは、単なる創造性と大胆さを越えた時計として、全製品に最高品質の証しであるジュネーブ・シールを取得しており、伝統に根ざしつつも、31の自社製ムーブメントの部品すべてに、時計職人による手作業の仕上げ・装飾が施されています。
ロジェデュブイの製品から放たれる卓越したセンスと大胆さを、自らの性質と重ね合わせて堂々と主張する事が、本人の人となりを確固として表す手助けになることでしょう。パワフルでありながら独創的な美しさは、見るものにエネルギーを与える強固なまでのディティールを持っており、強烈なコンセプトは、なにものかを内包した力強さを持っています。
一貫したアイデンティティを感じさせる特徴は、一目見ればそれとわかる独特な印象を持っており、良い芸術作品が感性を刺激するものを持っているように、この時計も優れた個性を秘めています。
クオリティ、信頼性、パフォーマンスといった3つの要素への飽くなきこだわりが、同社のブランド的価値を高めており、素材選びや部品選びから始まり、デザインや強度についての問題に至るまで、全行程を通して、選び抜かれた製造方法が取られています。そうして培われたロジェデュブイの遺伝子は、豊かでたぐいまれな個性を尊重しながら、確かなパフォーマンスを発揮し、優れた性能を持つに至っています。
若さにあふれたブランドであるだけに、そこにある力強さと卓越性は、目を見張るものがあり、こだわり抜いた製造体制を敷いているため、通年で製造できる時計の数は、決して多くはありません。

マルカのロジェデュブイ買取について

MARUKAでは時計の事を熟知した査定士達があなたの大切なロジェデュブイをきちんと鑑定、査定し限界価格にて買取を致します。数多くのモデルが存在しそれぞれ生産本数の少ないロジェですので時計の知識が豊富にあり、様々な販売チャンネルを持つ当社のような買取店でないとこの時計に対し高い査定を出すのは非常に難しくなっています。
京都で60余年、時計の買取に関して最高の評価を頂いているMARUKAに是非お任せ下さい。また関東のお客様には遂にラブコールにお応えして2015年4月上旬に銀座にも店舗をオープンいたします。晴海通りに面したマツモトキヨシ銀座5THビルの6階にて京都の風情を感じさせる店舗で皆様のお越しをお待ちしております。
また遠方のお客様にはメールやLINEで査定でお値段をご提示し、そのまま>宅配買取や出張買取をご案内しております。店頭と全く変わらぬ基準で査定をしますのでどんな地方の方でも日本最高の買取を体験いただけます。 2016年10月待望の京都北山店オープン 今までご不便をおかけしていた京都市内北部、左京区や北区、上京区の皆様お待たせしました。ついにMARUKAが北山通り沿いの松ヶ崎駅そばのきんこん館一階にオープンです。おむかいには大型のコインパーキングもあり非常にアクセスがよく南は丸太町方面から上賀茂、宝ヶ池、今出川など今までなかなかマルカをご利用しにくかった方にもご利用しやすくなっています。 もちろん買取のクオリティーはいままでのMARUKAと同じ、素敵な白の内装に現代アートの絵画がかかるしゃれた北山店を是非ご利用ください。
総合トップへ
LINE@で査定