ロンジン買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ロンジン買取
ロンジン

ロンジン買取は
MARUKAへ

1832年に創業されたロンジン、アインシュタインがその懐中時計を愛用していたことで有名ですが時計買取全国No.1を目指すMARUKAではこのロンジン買取を強化中。あらゆる時計買取において他店に負けない高価買取のMARUKAではロレックスやウブロだけでなく本当の機械式時計好きが認めるロンジンを高価買取しております。東京・横浜・大阪・京都・神戸と全国にまたがるMARUKAの店舗網、あなたのロンジンを高く売るならアンティークから最新現行機種までMARUKAにお任せください。

ロンジン1
ロンジン2
ロンジン3
ロレックス高価買取
高級機械式時計高価買取
LINE@で査定

買取実績例

買取価格はお店によって大きく異なります!MARUKAは限界ギリギリまで高額査定をお約束いたします!

ロンジン

1位 ランク1位アイテム
  • マスターコレクション
    L2.673.4

  • A社
  • 130,000円
  • B社
  • 110,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~150,000円
2位 ランク2位アイテム
  • ハイドロコンクエスト
    L3.742.2.56.6 

  • A社
  • 90,000円
  • B社
  • 80,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~100,000円
3位 ランク3位アイテム
  • コンクエストヘリテージ
    L1.611.6

  • A社
  • 100,000円
  • B社
  • 150,000円
  •  
  • MARUKA価格
  • ~200,000円

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

こんなものでも買取可能

時計ブランド一覧

  • audemarspiguet
  • baumeetmercier
  • blancpain
  • boucheron
  • boutis
  • breguet
  • breitling
  • casio
  • chopard
  • corum
  • franckmuller
  • geraldgenta
  • girardperregaux
  • graham
  • grandseiko
  • hublot
  • iwc
  • jacob
  • jaegerlecoultre
  • longines
  • omega
  • oris
  • panerai
  • patekphilippe
  • richardmille
  • rogerdubuis
  • rolex
  • seiko
  • sinn
  • tagheuer
  • tudor
  • vacheron
  • zenith
その他のアイテム一覧

お客様の声

装飾上

ロンジン買取について

ロンジンが時計業界の老舗ブランドになることが出来たのは、古くからの伝統を100年以上において新世代の時計職人達に受け継いできたからでしょう。伝統技術が活かされたロンジンの時計は、その繊細な作りと、高級感溢れながらもカジュアル使いも出来るデザインが支持され、世界中に大勢のファンを持つ程の人気です。なお、世紀の大発明をしたあのアインシュタインは、ロンジン製の懐中時計を愛用していたといいます。アインシュタインが愛用していたと聞くと、ロンジンの時計がいかに性能の良い時計であるかが分かる気がします。ロンジンの著名な時計モデルとしては、アメリカ海軍の為に開発されたウィームス・ナヴィゲーション・ウォッチや、現在位置の経度を知ることが可能なアワーアングル・ウォッチなどが挙げられます。軍隊にも使用されていた時計だけあって、ロンジンの時計は耐久性や機能性に大変優れています。そんなロンジンの時計は、中古市場においても多く取り扱われています。ロンジンの時計には、限定モデルなどの希少価値の高い商品も存在し、そのような商品は特に高額買取の対象になりやすいです。また、ロンジンが自社でムーブメントを開発していた時の時計なども、さらにプレミアによって高い査定額が付く可能性が高く、年季の入ったもの、キズや汚れが目立つ物でもロンジンの時計をお持ちの方は、是非一度当社MARUKA(マルカ)の無料査定を受けてみて下さい。当社MARUKA(マルカ)の査定士であれば豊富な経験と知識から他店では真似のできないような高価買取を実現できる自信があります。
ロンジンLONGINESはスイスの歴史のある高級腕時計ブランドである。そんなロンジンの歴史は1832年に遡ります。スイスとフランスの丁度国境部分にあるジュラ山脈付近にある町サンティミエで1832年にロンジンは誕生しました。オーギュストアガシがすでにあった時計の部品を作っている会社に入り共同経営をすることから始まりました。そのご彼の甥のアーネストフランシロンが経営を引き継ぎ、時計製造の効率化を図るために1867年にレ・ロンジンと呼ばれる場所に工場を作りました。近代的な製造ができるようになった工場はその地名から「ロンジン」という名をブランドネームとして使うようになります。そして1867年、パリのバンコク博覧会にロンジンは懐中時計を出品。その懐中時計とは今までなかった、現在でもつかわれているリューズの原型となるゼンマイ巻き上げ機能を搭載した、当時からすると革新的な機能だということで一気に注目を浴びることになります。効率的かつ機能的・画期的な時計を発表し、世界的に有名な時計メーカーとして知れ渡りました。しかし現代でもあるように一気に有名になってしまうともちろんそれにあやかり、すぐに模造品、いわゆるコピー品が出回るようになってしまいました。そういったことを防止するために、ロンジンは内部のムーヴメントや外装ケースに刻印を入れるようになります。1880年代にロンジンという名を正式に商標として守られる権利をスイスの連保政府から得ることに成功。その後ロンジンのロゴでもある羽根の付いた砂時計がトレードマークとして採用される。このロゴの意味は「過ぎていく時間を表す砂時計・未来へ羽ばたいていく時間を表す砂時計」をモチーフにした「翼の生えた砂時計」になります。
今では普通に搭載されている機能のクロノグラフや、セイコーが開発したとされるクォーツ機構もロンジンが世界で初めて開発したとされています。
ロンジンの主なモデルにはスポーツモデルの定番のコンクエスト・スポーティ&クラシックのマスターコレクション・長い歴史の中でも変わることのないデザインのグランドクラシック・数々の名作を現代によみがえらせたヘリテージ・ラグジュアリーラインのサンティミエなどがあります。
<MARUKA(マルカ)店舗案内>
MARUKA(マルカ)では京都市内に5店舗、西院、西京極からアクセスよくまた京都駅からバス一本の西大路七条に七条店とMARUKA WATCHがあり昭和28年の創業から60年以上の歴史をつないでいます。大阪の梅田や茨城方面からもアクセス良好な阪急京都沿線は四条大宮駅から西へ300mの四条通沿い北側にMARUKA(マルカ)大宮店があります。また四条烏丸と四条河原町の間同じく四条通北側に大丸百貨店からも高島屋からもアクセスできる四条店があります。九州・福岡県には博多と並ぶ繁華街、どちらかというとこちらのほうがショッピング、ファッションタウン的な中州からも近い天神地区には福岡天神店が御座います。交通の便がよい福岡なので北九州や小倉からも多数のお客様においでいただいております。
東京は晴海通りと並木通りの交差点にあるマツモトキヨシ銀座5THビルの6階に銀座本店があり、2016年3月には新宿、池袋からもアクセスしやすい渋谷の明治通り沿いの宮益坂下交差点に渋谷店がオープンしました。またそれぞれを拠点に出張買取サービスも行っており、特に東京の出張買取では西麻布、東麻布、南麻布などの麻布地区、麻布十番や麻布台に始まり六本木ヒルズや青山、広尾や恵比寿、代々木などの渋谷区、世田谷区の駒沢や三軒茶屋、深沢や自由が丘を中心とした住宅地へもすぐお伺いします。もちろん目黒や中目黒、または表参道、代官山に赤坂白金、田園調布などへの出張買取も多数お呼びがかかり行かせていただいた経験があります。もちろん査定のみでも途中キャンセルでも全て無料の出張買取、是非お試しください。

装飾下