楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

One Control(ワンコントロール)について

One Control(ワンコントロール)とは、日本の新鋭エフェクターブランドです。エフェクターの業界に参入したのはごく最近で、わずか数年で人気エフェクターブランドとして知名度が知れ渡りました。当初はエフェクターというよりも、バッファー、スイッチャ―、パワーサプライ、セレクター等のボード周辺機器が殆どだったのですが、特にスイッチャ―とバッファの評価が非常に高く一気にトップブランドに躍り出ました。
 
One Control(ワンコントロール)はHoney Bee Overdrive(ハニー・ビー・オーバードライブ)などの名作エフェクターを数多く算出したエフェクターブランド、BJFEのBJ氏を迎え入れることで非常に高い注目度を浴びていました。BJ氏はBJFE以外にも、Mad Proffessor等、世界的に見ても高い知名度を誇るブランドのエフェクターを設計しており、エフェクター業界で知らぬものなしと言える、最高のエンジニアです。
そんなBJ氏が設計した、One Control(ワンコントロール)のバッファペダル『BJF Buffer』は、数多くあるバッファペダルの中でも群を抜いて優秀な性能を持っており、今までさほど浸透していなかったバッファという機能を世に知らしめる、革命的なモデルとなりました。
結果、世界中で後を追うようにバッファの開発・製作が盛んになり、多くのプレイヤーが各社のバッファを比較する為に試し弾きをする等、今までなかったことが起きたのです。

 そしてOne Control(ワンコントロール)はバッファだけではなく、スイッチャ―においても非凡な人気を誇るモデルを多数輩出しました。それがCrocodile Tail Loop OC-10(クロコダイル・テイル・ループ)や、Xenagama Tail Loop(ゼナガマ・テイル・ループ)でした。
今までほとんど各社が参集しておらず、一部メーカーのみしか扱いがなかったスイッチャー等の機材を、一気に4種類発表。その美しいデザイン、小さく求めやすい価格帯、使いやすさ、小型かつ軽量であった事から、スイッチャ―業界に旋風を巻き起こしました。
One Control(ワンコントロール)のスイッチャ―に注目が集まった事、そのほかのブランドも同時期にスイッチャーの発表を行ったこと等が重なり、今まであまり注目されていなかったスイッチャーに高い注目度が集まり、エフェクトボードにシステムを組み込むプレイヤーも一気に増えました。フラッグシップモデルであるCrocodile Tail Loop OC-10(クロコダイル・テイル・ループ)は、プロアーティストも採用したことで、世界中のプログラマブル・スイッチャーの中で3本の指に入るほどのトップモデルとなったのです。

MARUKA楽器(マルカ楽器)ではOne Control(ワンコントロール)のエフェクターを高価買取させて頂いております。各種モデル、買取についてのご相談は、是非ともMARUKA楽器までお問い合わせくださいませ。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

Tポイント