楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

PRS

PRS買取について

京都マルカはポールリードスミスの超高価買取させて頂いております。
特に人気の高いCUSTOM24シリーズ、ノーマルトップ、10トップ、アーティストパッケージ等様々なグレードのモデルが制作されているこのギターは、ギターの完成形との呼び声も多く、演奏性のバランス、音色の豊富さ、クオリティ、すべての面においてプレイヤーを飽きさせず、最高のパフォーマンスを発揮させるギターです。
フェンダーでもない、ギブソンでもない、第三の道としてのギターが、このPRSギターと言えるでしょう。
そして比較的新興メーカーにもかかわらず、世に多く広まったこのギターのご売却を考えられている方もいらっしゃるかと思います。
マルカは、他に決して負けることのない超高価買取実績を積み上げてきました。
ぎりぎり限界いっぱいまでの査定額を還元することで、お客様に喜んで頂きたい…
お客様が大事に使われた愛着あるギターだからこそ、しっかりとした高価買取をさせて頂きたい…
そう思って日夜買取をさせて頂いております。是非とも一度、お問い合わせ下さいませ。
その高額査定を実感して頂けることと思います。

勿論、出張買取宅配買取の制度も充実しております。
是非とも一度ご相談下さいませ。

◆Paul Reed Smithというギター
先にもある通り、エレキギターの完成形…という呼び声もあるこのギターなのですが、もっとも強力なところとして、その演奏性とサウンドバランスが挙げられます。
スケールはギブソンとフェンダーの間という特殊なスケールを採用しており、どちらのモデルを使用していたプレイヤーでも違和感なく演奏することが出来ます。
そしてそのスケール感と製造クオリティが生み出すピッチ精度の高さは圧倒的の一言に尽きます。
そんなPRSギターですが、販売価格も非常に高く、ギターの中でも最高峰の『高級ギター』として認知され、愛され続けています。
フェンダーの音も、ギブソンの音も出すことが出来る、という触れ込みのとおり、PRSギターのコイルタップは、非常に大きな音色の変動を起こします。

◆Paul Reed Smithの歴史
1985年頃にアメリカに設立したギターブランドで、その創設者ポール・リード・スミス氏の名を冠したギターメーカーです。
フェンダー、ギブソンの長所を組み合わせた様な作りをしており、どちらのメインユーザーでも演奏性を気にすることなく自然に演奏できるように作られているていると言われています。
ウッドマテリアルはギブソンのそれに近いモデルが多く、マホガニーバック、メイプルトップのものが基本的であり、ネックもマホガニー、ローズウッド指板のものが最も多く作られています。
一部高級機種にはローズウッドネックを使用しているものも存在します。
現在では殆ど見ることがなくなりましたが、ブラジリアンローズウッド、通称ハカランダをネックに使用したモデルもありました。
木材に関しては非常に強い拘りを持ったメーカーでもあり、木目の美しさは圧巻の一言に尽きます。
更に木目グレードによって価格が変わるなどは、PRS独特と言えます。
ピックアップも自社にて制作しており、非常に上質かつパワーも強く、独特のキャラクターを作り出すことに大きく貢献しております。
また随時アップデートも施されており、現在では非常に多いバリエーションに仕上がっています。
PRSギターは当初より非常に高価であった為、2001年ごろには、『いいものをより安く』というコンセプトの元、韓国製のSEシリーズが発表されました。
SEシリーズの多くは定価も10万円を切っているものが多いが、そのクオリティはアジア製とは思えないほどに高く、サウンドバランス、演奏性、ピッチ精度等は本家に負けるとも劣らないレベルのもので、本家PRSと共に改めて楽器に対するこだわり、熱意、クオリティを知らしめることとなりました。

PRSの特徴として、指板に鳥をかたどったインレイを埋め込むバードインレイ、ピックアップの配線方法をシングルアクションで切り替えることが出来るコイルタップ等が挙げられます。

代表的なモデルはやはりCUSTOM24であり、高出力なピックアップが搭載されていることが多いモデルです。
兄弟機種のCUSTOM22は少し出力を抑えたDRAGON IIピックアップが使用され、よりオールド思考の強いプレイヤーに愛されました。
513シリーズはPRS史上最大級の音色数を誇り、なんと合計13もの音色を持つ、一つの究極系ともいえる仕様に仕上がっております。
他にも、当時ギブソン社の社長であったテッド・マッカーティ氏の名を冠したマッカーティは、よりギブソンギターの仕様に近いモデルに仕上がっています。

更にレギュラーラインナップの最上級、フラッグシップモデルとして、モダンイーグルが存在し、定価にして100万を超えるものが多い為、ギターの最上位として捉えられることも多いメーカーです。
そして、1本限りのPRSのすべてをつぎ込んだプライベート・ストックシリーズは、木材、クオリティ、デザイン等、特別の一本を作り上げます。
高級ギターブランドの代名詞といても過言ではないでしょう。

PRS買取について

ポールリードスミス(Paul Reed Smith)といえば、なんといってもその高級感溢れる見た目に惹かれます。美しいトラ目に鮮やかなアーチを描き、インレイには高級感溢れる鳥の刻印がされています。
そんな見た目も美しいポールリードスミスですが、世界各国で様々なアーティストから愛されています。あのサンタナや、マイケルジャクソンのバックギタリスト、オリアンティが使用しているのでも有名ですよね。
日本国内でも、高中正義、安藤正容、渡辺香津美など、フュージョン界からも絶大な人気を誇っています。また、UVERworldの彰や、ONE OK ROCKのToruなどロックなギターとしても人気があります。

そんな各方面から熱い信頼を置くポールリードスミスですがその特徴的なサウンドについて迫ってみたいと思います。

なんといっても素直な音、といいますかポールリードスミスは基本的に独自のピックアップを採用しています。そのサウンドは良い意味で相性が良い、どのアンプを使ってもその相性は抜群です。エフェクターも使いやすいと思います。デメリットをあげるとするならば、色んなものに対応できてしまうので個性が少ないといったところでしょうか

そして、5wayトグルスイッチ、タップ機能など多機能を装備しています。カッティング、リフもの、シングルコイルの音など、これ一本で本当に様々な楽曲に対応できます。

更にはポールリードスミスはそのボディの作りがとても体にフィットするので弾きやすいボディ厚もそんなにないポールリードは重さもさほど重くなく、重量が重いのではなくプレミアム感の重さといいますか、凄く不思議は重さをしています。グリップも握りやすく、全体的にバランスの良いギターです。

ポールリードスミスには様々な種類があります。
代表格はカスタム24(Custom 24)と呼ばれるギター。世界的に一番の人気を誇るギターですね。その表面の美しいカーブは見るもの全てが魅了されます。
是非、ご自宅やご実家にこういったPRSギターが眠っていたら一度マルカ四条店にご相談ください。
もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量の方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

Tポイント