楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

求人
LINE@で査定

fender

Fender買取について

京都マルカはフェンダーの超高価買取させて頂いております。
USAでなく、ジャパンのモデルであっても、古いタイプのモデルでも、場合によっては非常に高い相場を持っているものが多く、ジャパンヴィンテージのVシリアルモデル等は特に高い人気を誇っております。 もちろん当店はそういったモデル以外も高価買取させて頂いております。
勿論、出張買取宅配買取の制度も充実しております。
フェンダー買取を思い立ったら是非とも一度ご相談下さいませ。

◆Fenderというギター
エレキギターの始祖たるフェンダー…
その初のモデルとなるESQUIREが製作されてからおよそ半世紀以上も変わらず頂点に君臨し続けたメーカーであり、今なおその勢いは留まるところを知りません。
現在でも多くのプレイヤーに愛され、その中でもストラトキャスターはギター史上『他のどんなギターよりも多く生産され、誰もが持っているギター』と言われているほどのギターです。

確かに、このギターよりも売れているギターがあるとは考えにくい…というのが正直なところです。

フェンダーにも様々な苦難があり、それを乗り越えて、現在の多国籍メーカーとなってきました。
少しそのお話を紐解いていきましょう。

◆Fenderの歴史
1948年頃に至上初のソリッドタイプのエレキギターを完成させたフェンダーですが、1949年にエスクワイヤーとして発表しました。量産タイプではないオーダーモデルとしてはそれ以前にもあったと思われますが、広義として『ソリッド・エレキギターの始祖』として広く知られています。

1951年にテレキャスターを発表しました。それ以前のモデルであるエスクワイア、ノーキャスターは試作機の意味合いが強く、本格的にはテレキャスターが世界初の量産型ソリッドエレクトリックギターと言われています。
更に同じく1951年には、世界初のエレキベースであるプレシジョンベースを発表しました。
それまでのベースにはフレットというものが存在しておらず、より技術が必要とされる楽器でしたが、フレットの登場によって正確な音程を得ることができるプレシジョンベースは当時革命的であったと言われています。

そして1954年、ついにフェンダーを代表し、フェンダーを王者にのし上げたエレキギターの完成形の一つ、ストラトキャスターが発表されました。

強力なビブラート幅を持ちつつも、チューニング狂いの少ない安定した構造を持つ、シンクロナイズド・トレモロ・ユニットの恩恵はその後のエレキギターの常識を覆す発明であったといえるでしょう。 そして3ピックアップシングルコイル、3セレクト(のちに5セレクト)、という非常に幅の広いサウンドバリエーションを持ち、様々なジャンルに対応することが可能であり、エレキギター史上最高傑作の呼び声も高いモデルです。

その後もにジャズマスター 、ジャズベース、ジャガー、ムスタングを発表するなど、現在も多くのミュージシャンに愛用されている名器を数多く世に輩出しました。

ボディ・ネックの接合方法はボルトオンによるデタッチャブル・ネック方式等を採用しており、これによって生産性や強度のの向上に貢献しています。
使用している木材も、ボディはアルダー・アッシュ等の硬質な木材が多く、ネックに関しても殆どのモデルでメイプルが使用されています。
この点も前述の強度面に大きく貢献されていると思われます。

是非、ご自宅やご実家にこういったフェンダーエレキギターが眠っていてもう使わないな、と思ったなら一度マルカ四条店にご相談ください。フェンダー(FENDER)買取はマルカ(MARUKA)にお任せです。
もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量の方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください。

フェンダー(FENDER)の歴史

フェンダーは1946年に創立され、数年後の1950年に世界で初めてとなる、ソリッドボディのエレクトリック・ギターを発表します。これはのちの「テレキャスター(TELECASTER)」であり、ストラトキャスター(STRATO CASTER)などと共に、フェンダー(FENDER)における象徴的な製品であり続けました。フェンダーのギターは、半世紀以上にわたって世界中のミュージックシーンに多くの業績を残してきたのです。エレキギターだけではなく、1951年に発表された「Precision Bass」、そして1960年に誕生した「Jazz Bass」は、ベース界の中で「現存する伝説」となっています。
1950年代から1960年代に掛けて発表されたフェンダー(FENDER)製品は、当時としては画期的であった「ボルトオンネック」構造、「シンクトナイズドトレモロ」など、現在にまで継承されている技術が散見できます。
一見細かな箇所に見えてしまいいますが、フェンダー(FENDER)による音楽界への功績は非常に大きく、今なお世界中の人々から敬愛の念を集めています。フェンダーは、20世紀を代表するギタリストから愛され続けました。
フェンダーのギターを愛した有名なギタリストは、「エリック・クラプト」「ジミ・ヘンドリックス」「ジェフ・ベック」「イングウェイ・マルムスティーン」など列挙するに暇が無く、それほど当時から傑出した存在でありました。一部の評論家の中では、「音楽の歴史がフェンダーを生み出し、フェンダーの歴史は20世紀音楽の歴史を生み出した。」という声も存在します。

テレキャスター(TELECASTER)について

フェンダー(FENDER)におけるトップモデル製品である、「テレキャスター(TELECASTER)」のオリジナルモデルは1951年に製造されました。しかし、発表当時はロックミュージックが生まれる以前の時代であり、カントリーやジャズ音楽向けに開発されました。ちなみに、テレキャスターの発表当時は「ブロードキャスター」という別名で、のちに同名で別商品が商標登録されていたために現在の「テレキャスター」に変更されたというエピソードがあります。
テレキャスターの「テレ」とは、1950年代当時、普及し始めていたテレビジョンから命名されただけであり、実際のテレビとは深い関係はありません。それまでのギターには存在していなかったソリッドボディとピックアップを採用したデザインで、現在のエレキギターの基本となっています。
テレキャスターの基本的な特徴としては、シングルコイル独特の硬質でシャープな音が特徴的です。抜けがよく、歯切れのいい音ですので、コードカッティングに最適なサウンドを持ち合わせていることも見逃せません。一般的には、同じくフェンダー(FENDER)製品であるストラトキャスターよりも高音域が強調されやすく、クリーンでタイトな音であるとの評価を得ています。重量的には軽く、バッキングに向いており、ヴォーカリストがステージ上で持っているようなスタイルが多くなっています。

ストラトキャスター(STRATO CASTER)について

ストラトキャスター(STRATO CASTER)は、フェンダー(FENDER)が1954年に発表を行ったエレキギターです。このストラトキャスターはギブソン(GIBSON)社のレスポールと並ぶ代表的な存在であり、レスポール派かストラト派で論争が起こるほどなのです。
ギブソンやフェンダー以外のメーカーからもコピーモデルが販売されるほどの影響力をもっており、一般的にそのようなモデルは「ストラトモデル」として作られています。他製品にも名前を冠させるストラトキャスター(STRATO CASTER)が如何に大きな存在感を放っているかを物語っていますね。
ストラトキャスターの特徴としては、本体の突起部分が2本角であること、小さいピックアップが3つであること、弦の調整の際に使用する「ペグ」が片側に6本ほど付いている点です。また、交換用のピックアップはもちろん、その他の改造用部品も数多く存在しており、多くのジャンルに対応することの出来る多様さが多くのギタリストから愛されている由縁でもあるのです。
50年以上もの歴史を誇るストラトキャスターですが、発表された当時はネック木材は1ピース、ボディはアッシュと非常にシンプルで簡素なつくりでした。時代の流れと共に製品のバリエーションも増え続け、後にボディ材にはアルダーやバスウッドなども用いられるようになります。
素となる木材を変化させることで、中音域に粘りが出たり、フラットで癖のない音色を奏でられるようになるなど、ストラトキャスター(STRATO CASTER)は素晴らしい特徴を兼ね備えた進化を、現代でも遂げてるのです。

MARUKAではMARUKA初の楽器買取専門フロア「MARUKA楽器」を2014年秋にオープンした四条店の2階に備えています。楽器買取の専門知識を持ち、楽器店での勤務経験がある本物のプロがあなたのお越しをお待ちしております。
また他のMARUKA店舗でも楽器の買取りはもちろん大丈夫です。MARUKAの査定士達は基本音楽、楽器好き。MARUKA楽器担当でなくてもバンドを組みいまだに現役で演奏をしている査定士もいます。
京都で創業60年、2015年には東京銀座にも店舗をオープンしたMARUKA。あなたの愛した楽器をその想いごと破格の高価買取でお待ちしています。フェンダー買取ならMARUKA楽器、そしてマルカ(MARUKA)は京都市内の4店舗、東京は銀座と渋谷そして福岡かの福岡天神店とどの店舗でも楽器及びフェンダー(FENDER)の買取をおこなっています。エレキギターだけじゃなくエフェクターやシンセサイザー・電子ピアノ買い取りや、トランペットにサックス、トロンボーンなどの管楽器もそしてバイオリンやチェロなどの管楽器買取もマルカ(MARUKA)にお任せ下さい。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定