楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

strymon(ストライモン)(エフェクター)

STRYMON買取について

関西でも数少ない中古楽器専門店MARUKA楽器(マルカ楽器)ではStrymon (ストライモン) のエフェクターを超高価買取させて頂いております
エフェクターと言えば…BOSS(ボス)、ZOOM(ズーム)、その他多数のブランドがありますが、このStrymon (ストライモン)は空間系を専門としたエフェクターブランドでございます。

MARUKA楽器(マルカ楽器)ではStrymon (ストライモン)のエフェクターを、他では出来ない高額査定にてお買取りをさせて頂いております。
勿論、出張買取宅配買取の制度も充実しております。
是非とも一度ご相談下さいませ。

◆STRYMON(ストライモン)エフェクターについて
昨今のエフェクターのシーン、流行を丸ごと変えたといっても過言ではない高級エフェクターブランドであるStrymon(ストライモン)ですが、特に評価が高かったのがblueSky Reverbを始めとする空間系のエフェクターです。
特にその高品質でありながらハイファイ過ぎないバランスで、少し空気感のあるサウンドから―が高く評価されました。
代表作であるblueSky Reverbに搭載されているSimmer Reverbのモードは、まるで大聖堂のパイプオルガンを彷彿とさせるような広がりを持っており、倍音成分が強調された残響音は、世界中の数多くのプレイヤーを魅了しました。
それだけではなく、昨今より複雑な進化をみせているプレイヤーのエフェクターボードにも柔軟に対応するべく発表されたストンプボックスタイプのモデルであるTIMELINEやBig Skyです。
それぞれのモデルに複数のサウンドライブラリーを搭載し、どのような音楽にも対応できる高スペックのモデルであるこのシリーズ。
MIDI機能も搭載している為、近年特に人気のあるプログラマブル・スイッチャーなどを使用したシステマチックなボードの場合、外部から本体の操作を細かく行うことが出来る様になっています。
現在では多くの方がこのStrymon(ストライモン)製品を愛用しており、発売から数年以上経っている今でも中古が殆ど出回らないほど圧倒的な人気を誇っています。

◆STRYMON(ストライモン)エフェクターの歴史
Strymon(ストライモン)の歴史を語るにはまずDamage Control(ダメージコントロール)というメーカーについて説明しなければなりません。
真空管を搭載した大型のエフェクターを製作するブランドとして知られていたDamage Control(ダメージコントロール)。このブランドはどちらかといえば歪み系などのモデルが多く、真空管を搭載したことによって生み出される臨場感のある、アンプライクなドライブサウンドが特徴的なブランドでした。2005年にこのブランドを立ち上げたDamage Control(ダメージコントロール)のメンバーですが、次に目を付けたのが高性能のデジタルエフェクターでした。
このDamage Control(ダメージコントロール)はその変わったエフェクターのデザイン、大きくインパクトのある筐体などから多くのプレイヤーの印象としては『真空管歪み系エフェクター』のブランドイメージが強かったと語られています。
新たにデジタルエフェクターを製作するにあたって、そのイメージを脱却する為に2009年立ち上げられたのがこのStrymon(ストライモン)なのです。

今までのDamage Control(ダメージコントロール)製品と違い、よりコンパクトかつスタイリッシュで美しい筐体を採用し、すべてのモデルに最先端のデジタルシステムで設計されたエフェクトが搭載されています。
今までのDamage Control(ダメージコントロール)製品とは名前を同じくするモデルもあるものの、当然その中身やサウンドは全くの別物と言って過言ではございません。

発表当初から早くもトップクラスの人気となったStrymon(ストライモン)はその後、テープエコーシミュレーターであるDecoや、MOBIUSなどの新製品を多数発表し、現在もなお衰えることない人気を誇っているのです。

◆最後に
Strymon(ストライモン)は中古市場にほとんど姿を現すことが無いといえるほどの人気を誇っています。その為MARUKA楽器(マルカ楽器)でも特に買取には力を入れております。
ほぼすべてのモデルが高価買取可能なエフェクターブランドといえば昨今ではほとんどありませんが、このStrymon(ストライモン) 買取であれば間違いなく高価買取が可能です。
違うモデルへの買い替え、下取り、もしプレイスタイルには合わない等という理由でご売却される際には是非ともご相談くださいませ。
他のお店より高く買ってほしい、というようなご相談でも大歓迎です。
お電話、LINE、メールなどからでもご相談を承っておりますので、併せてご検討下さいませ。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

Tポイント