エレキギター買取は京都の高価買取マルカ

お電話0120-02-8692
マルカログイン

エレキギター

MARUKAのエレキギター買取はフェンダーやギブソンなどの有名ブランドからYAMAHAの入門用、またはマニアックな小さなメーカーの物から限定品、コラボレーション商品または古いアンティークまでなんでもお任せください。古くは質屋として楽器を取り扱いいまでは「MARUKA楽器」という専門店を持つMARUKAならあなたのエレキギターを高価買取いたします。長年使っていない物でも大丈夫お任せください。またエレキギター買取は京都四条烏丸のMARUKA楽器他、全国のMARUKAグループ店舗でも買取が可能です。
  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 楽器買取 » エレキギター買取
MARUKA楽器公式twitter MARUKA楽器公式Instagram MARUKA楽器YouTubeチャンネル ドラゴンゲート デジマート ヤフオク! LINE@で無料査定 Tポイント 求人

今月のエレキギター買取実績例ランキング

今月のMARUKA(マルカ)楽器買取実績ランキング。自信の高価買取実績をお確かめください。

※中古買取相場目安は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。

Gibson Custom Shop
1959 Les Paul Standard Reissue V.O.S

中古買取相場目安

250,000円~350,000円
Gretsch
G6136T White Falcon

中古買取相場目安

150,000円~200,000円
Paul Reed Smith(PRS)
Custom24 10Top

中古買取相場目安

120,000円~160,000円
Psychederhythm
Standard-T

中古買取相場目安

100,000円~140,000円
Fender USA
American Vintage '62 Jazzmaster

中古買取相場目安

100,000円~140,000円
ESP
AMOROUS NT-CTM

中古買取相場目安

80,000円~110,000円
Vanzandt
STV-R2

中古買取相場目安

80,000円~100,000円
momose
MST2-STD

中古買取相場目安

70,000円~90,000円
Rickenbacker
620

中古買取相場目安

70,000円~90,000円
Crews Maniac Sound
OSL/L

中古買取相場目安

40,000円~70,000円
ジャンク品でも査定できます

売りたい楽器から探す

エレキギター買取について

京都の四条に店舗をかまえる中古楽器専門の楽器店、MARUKA楽器(マルカ楽器)では、エレキギター買取に力を入れております。
楽器を買取するところといえば様々あります。
例えば一般的に知られているリサイクルショップや大手の楽器店、他にも最近では個人のフリマサイトなど、楽器を売る方法はたくさんあるのではないかと思います。しかしいずれにしても楽器を高く売る為には、その楽器の正確な状態や相場を理解している必要があるでしょう。
なぜならもしかしたら他の方法でギターを売ればもっと高い金額が付いたかもしれないからです。しかしギターの状態、相場を正確につかむことはやはり難しいことだと思います。その時々で人気のギターも変わりますし、例えば傷などについても、モデルによってはそこまで大きな影響を受け無いモデルから傷によって大きく金額が変わってしまうようなギターもあるのです…
我々MARUKA楽器(マルカ楽器)では、そんな皆様からの買取でも誠心誠意真心を込めて買取させて頂けるように取り組んでおります。もちろん買取金額については最大限、他のお店には負けないような高額買取をさせて頂いております。そしてどうしてその金額になったのかもしっかりと説明させて頂いております。
お持ち込み頂いたお客様からも、思ったよりもとても高かったとお言葉を頂くことが多く、それだけの自信を持って高価買取させて頂いております。長年経験を積んだ楽器専門のスタッフによって買取査定をさせて頂く為、皆様の大切なギターを丁寧に査定させて頂きます。そしてお客様の楽器の価値をしっかりと把握したうえで、どうすれば最もお客様にとってご納得のいく方法がとれるか、どうすれば最もいい買取が出来るかをご一緒に提案させて頂くことがMARUKA楽器(マルカ楽器)の買取方針です。
京都では間違いなく最も高い楽器買取、ギターの買取をさせて頂いております。もちろん大阪、兵庫、滋賀などにも楽器買取を行う店舗は多く、そのほとんどがギターの買取に元も力を注いでいることと思います。それだけエレキギターという楽器には多くの需要、人気があるのです。その中でもMARUKA楽器(マルカ楽器)はトップクラスであると自負しております。それだけギリギリの買取金額にてギターを買取しておりますので、他店の買取と比べて数万円以上の金額が付くこともしばしばございます。

もちろん他の買取店でのお見積書をお持ち込み頂けましたら、それよりも高い金額を出させて頂けますように最大限の努力をさせて頂いております。MARUKA楽器(マルカ楽器)がギターを高く買取出来る理由としては、それだけ販売時に生まれる利益を少なくしているからにほかなりません。もちろんメンテナンスやリペアなどもスタッフで行うため、そういった人件費などが不要となるという事はございます。
しかし少しでも高く買取させて頂く為には、その楽器がどれくらいの金額で確実に売れるのかを見極める相場感と、状態を見極める経験、そしてその上でギリギリの金額を攻めるという事が大事なことと思っております。それだけに状態が厳しいギターなどに関してはシビアな査定をさせて頂くこともないとは言えません。ですがそれは我々MARUKA楽器(マルカ楽器)が真摯にお客様と向き合い、嘘偽りない買取をさせて頂いているからと思っていただけましたら幸いでございます。そして買取に関してもお客様のお時間を極力いただかないようにスピーディにさせて頂くように心がけております。急ぎつつしっかりと丁寧にお客様のギターと今の相場を見極めての買取を心がけており、ご満足いただける様に最大限頑張らせて頂きます。

京都の四条通りに面したビルに店舗をかまえるMARUKA楽器(マルカ楽器)ですが、アクセスが良く、スタジオやライブハウス(京都MUSE)が真隣にあることから、様々な方がお越しになられております。堺町と柳馬場の間程に店舗があるのですが、地下の13番出口が分かりやすい目印だと思います。京都大丸やアップルストア京都も間近にあるのですが、大丸からですと河原町方向(東)に信号を二つ、アップルストアからですと信号を1つわたると、大型薬局のココカラファインが見えて参ります。そこまで来たらすぐ近くにマルカのビルがあり、エレベーターで2Fにお越しいただくとMARUKA楽器(マルカ楽器)がございます。

小さな楽器店ではありますが、中古専門店だけに珍しいギターやエフェクターなどは取り揃えており、しかも全て大変お買い得な金額にてご提供させて頂いております。初めてギターを始めてみたいけど予算が数千円しかない…なんてときにも是非ともご相談頂けましたら幸いです。
買取にももちろん大変自信がございますが、中古楽器の販売に関しても自信があります。
そして楽器買取に関して、四条店だけではなく各地の店舗でも買取をさせて頂いております。楽器店が多くある大阪の心斎橋店や、神戸マルイ店、そして関東にも続々新店舗が出来ており、オープン初日からギターの買取ご利用を頂くなど、ご好評いただいております。
今までも関東でよく楽器を買取させて頂いておりました東京の渋谷店、そして新たに横浜に誕生したMEGAドンキ港山下ナナイロ店でも楽器買取を行っております。
更には東京都世田谷区の二子玉川に出来た玉川高島屋S.C店でも同様にギターを始めとして様々な楽器買取ご利用も大歓迎でございます。

楽器、ギター専門のプロの査定士が在籍しているMARUKA楽器(マルカ楽器)だからこそ可能などこよりも高いギター高価買取を是非ともご利用くださいませ。

エレキギターの歴史

古くは1920年ごろから製作するための実験が行われ、1930年頃には本格的に現在のエレキギターの原型を見せ始めたエレキギター。数多くの制作者がこぞってエレキギターの開発に乗り出した黎明期がこの時代であったといえるでしょう。
1940年頃には本格的に製品化されるアイテムも増えてきました。現在ではエレキギターの最大手メーカーともいえるGibsonもES-150など、現在ではフルアコ―スティックギターと呼ばれる構造のギターなども30年~40年頃に生まれております。

現在ではエレキギターといっても様々なタイプがありエレキギター買取も様々です。基本的に空洞を持たないソリッドボディ。ソリッドボディをくりぬく形で空洞を持たせたホロウボディ。ソリッドとホロウの中間で、大掛かりな空洞はないものの、やや木材をくりぬいたチェンバードボディ。
アコースティックギターの様に木材の板を組み合わせて作られるフルアコースティック。フルアコースティックの構造にセンターブロックをセットするセミアコースティック。こういったように大きく分けてもたくさんの呼び方があります。しかしエレキギターと聞いてイメージしやすいのはやはりソリッドボディのギターでしょう。

 ソリッドボディの元祖はこのモデルである、と断言できないところがございますが(それだけ多くのギターが開発、製造されていた為)、有名どころとしては1948年に製作されたBigsbyのマールトラヴィスでしょう。そして現在につながるエレキギターの原型ともいえるモデルが1949年に発表されました。
現在最大手ギターメーカーとして知られるFender社から、1949年に発表されたEsquire(エスクワイア)と呼ばれるモデルです。このギターは今までのギターとは一線を画すまさに時代を改革したモデルでした。ボルトオンジョイントによるデタッチャブル構造などは今までに見られなかった製法でありながら大ヒットし、後につながる数多くのエレキギターの原点となったモデルと言えるでしょう。エレキギター買取をしているとこのエスクワイヤの初代モデルを一度は買取してみたいと思うものです。
その後は改良版のBroadcaster(のちにロゴが無くなりNocasterなるモデル)、Telecaster、Stratocasterなど、1950年頃から多くの人気モデルを生産しました。これらのモデルは半世紀以上経った今でもその原型を変えることなく、まさにエレキギターという楽器が完成したのはあるいはこの時だったのかもしれません。
それと時を同じくして、およそ1950年頃からGibson社もエレキギターを発表してまいります。言わずと知れたエレキギターの王者ともいえるLes Paulが販売されたのです。当時から1960年頃まで、ピックアップや木材構造のマイナーチェンジを行いつづけてきたレスポールですが、こちらも1957年頃から1960年頃にかけて完成系ともいえるマホガニーバック、メイプルトップのLes Paulを発表しました。
こちらのモデルは当時の生産数が少なかったこと、発売よりすこし時代が経ってから人気が爆発的に出たという事もあり、現在では極めて高額かつ入手困難なギターの一つです。ヴィンテージのエレキギター買取の中では最も高額な部類に入るのがこのレスポールであり、特に人気が高いものに関しては数百万どころか数千万の価値を持つといわれております。まずそもそも出回ることすらない超レアモデルがこのオリジナル・レスポールなのです。

 現在のエレキギターの発展にはこの2大メーカーが大きく貢献したといわれており、まさに音楽の時代を塗り替えたのがこれらのモデルを含めたエレキギターなのです。もちろん中古楽器専門店のMARUKA楽器(マルカ楽器)ではヴィンテージのエレキギターに関しても買取させて頂きます。有名なメーカーのギターでなくとも思いもよらない買取金額になることもございます。是非ともエレキギター買取の際にお電話やメール、LINEにてご相談くださいませ。

ギターの材質

ギターの材質について調べてみると、初期のソリッド・ギターには、最高峰の材質が使用されていることが大半です。
一般的に空洞の無いソリッド・ギターは、乾燥した木材、その木材が持っている振動によって音を出すことを前提にして考案されていました。
「アコ」の空洞型では、その空洞の響きを利用しながら製作者の各部分を組み合わせた技術で、非常にいい音が出されます。塗装面においても非常に高級感あふれる使用になっており、古い歴史を誇るギターには高級ニスが使われ、音が滑らかに出される仕様になっています。しかし、デメリットとして乾燥に時間がかかってしまう(1ヶ月ほど)ので、現在では乾燥が速いポリウレタンという塗料が使われていることが多く、結果的に塗料ひとつ見て希少価値の高いギターが過去の名品に偏っている理由になっています。
1950年代、60年代の、中でもフェンダー社のテレキャスターには驚くような値段がつけられていることも納得がいきます。

エレキ・ギターのテイルピース

ギターごとに「テイルピース」の存在意義は変わってくるようです。アコースティック・ギターの場合では、ピンで止めることが多いのですが、エレキ・ギターの場合では、テイルピースが採用されており、これで止められています。ちなみに、テイルピースとブリッジの間隔が極端に広がってしまうと弦の振動に悪影響が出てしまい、音が伸びなくなってしまう可能性があります。
かの「レス・ポール」は、「バー・テイルピース」を採用しており、間隔が狭くなるように設計され、音の伸びが十分に出るようにスペースを確保しています。
そのほかの有名なエレキ・ギターである「エピフォン」「ギルト」「リッケンバッカー」なども弦と弦のバランスを考えて作製されています。
このように高価なエレキ・ギターには高価な理由があり、チューニングの狂いを防止してくれるように設計されているものばかりなのです。MARUKA楽器ではやはり主力となるエレキギター買取を強化中。高く買って安く売ってまさに「薄利多売(買)」を地で行くMARUKA(マルカ)では商品がすぐに足らなくなりますのでエレキギター買取は毎日限界価格で行っておりますので是非大阪などへ行かれるなら京都の中心地四条通沿いのMARUKA楽器へ。

ギブソン・レス・ポール・スタンダード

ギブソン(GIBSON)の「レス・ポール・スタンダード」は、フェンダー(FENDER)社の「ストラトキャスター」に並び、世界中から賞賛を集めるエレキ・ギターの名品です。
どっしりとした弦の振動と、それを利用したパワフルなサウンドによって、幅広く活躍しているエレキ・ギターです。発売初期モデル(58年モデル&59年モデル)に需要が集中していますが、何十年とたった今でも進化をやめることなく、新しいモデルが発表されるたびに注目の的になっているブランド品です。基本的な特徴としては、明瞭でハッキリとしたメイプルを持ち、どっしりとしたコシのあるマホガニーにより、これらの特性がマッチすることで余裕のある音の持続が可能になっています。
レス・ポール・スタンダードは、そのボディが2層構造となっているのが最大の特徴であり、何度も検証され、試行錯誤された物の結晶なのです。

レス・ポール・トラディショナル

「レス・ポール・トラディショナル」をご存知でしょうか。
「レス・ポール・スタンダード」との違いは「オーシャンブルー」「プラシッドパープル」が用意されていることです。ボディ構造にも大きな違いがあり、バック材に空洞を用意して軽量化する方法が行われないため、スタンダード製品よりも300グラムほど重量が増しています。
また、それぞれの部位に「グレード」があり、トップのメイプルはスタンダードが「AA」、トラディショナルが「A+」となっています。

MARUKA(マルカ)の楽器買取

MARUKAでは東京の銀座、歌舞伎座の横に位置するビルの5階にある「東京銀座店」がありましたがあまりの好調の為、2015年春に晴海通りのマツモトキヨシ銀座5THビルに引っ越しリニューアル。今後の渋谷、池袋等の展開を見越し「銀座本店」としてオープン。さらには2016年3月に渋谷に渋谷店をオープンしこれで新宿池袋から原宿青山など東京全てからMARUKAにアクセスしやすくなりました。2018年には関西では京都四条河原町の京都マルイと神戸三ノ宮駅そばの神戸マルイ、関東では横浜新山下のMEGAドン・キホーテ港山下総本店が入る港山下ナナイロに二子玉川駅そばの玉川髙島屋SC南館4階への出店と京都西大路七条、四条大宮、四条烏丸と合わせ滋賀、大阪、奈良までカバーして全国11店舗を構え皆様をお待ちしております。また楽器に関してはMARUKA初めての「専門フロア」を持つ四条烏丸の2階と3階で楽器のプロがあなたの楽器を査定、買取するだけでなく中古楽器の販売もおこなっています。こちらも好評なので部門として独立、現在「MARUKA楽器」として快調に営業中です。
2016年3月には待望の渋谷に「渋谷店」がオープン。場所柄若者が多い街ですので早速エレキギターの持ち込みや出張買取の依頼を受けまして大好評「エレキギター買取のMARUKA楽器」の名はまさに全国区となっています。
エレキギターだけでなくエフェクターやアンプなどの周辺機器そしてもちろんアコースティックギターやウクレレまで、バイオリンやトランペット、サックスにドラムセットまで幅広い楽器の買取りに対応しておりますのでよろしくお願いいたします。 取り扱うメーカーもFENDER(フェンダー)やギブソン(GIBSON)、シンセサイザーや電子ドラムなどROLANDやYAMAHAまで、サックスなどではYANAGISAWA(ヤナギサワ)やセルマーなど何でも対応いたしますのでよろしくお願いいたします。 もちろん京都だけじゃな東京の銀座本店でも買取はOK。皆様のお越しをお待ちしております。
エレキギターの買取(売却、買い替え)を考えたら是非MARUKA楽器にご相談ください。専門知識を持ったプロがあなたの納得のいく答えを一緒に探してくれます。またエレキギター買取りに伴い周辺機器のエフェクターやアンプ買取もMARUKA楽器なら超高価買取、京都のMARUKA楽器。是非一度ご利用下さい。

買取価格を知りたい

どちらの査定方法も手数料無料。まずはお気軽に査定をお試しください。

LINE@査定をご利用ください

楽器を売りたい

どの買取方法も手数料無料。3つの買取方法からお客様のご要望にあわせてお選びください。

MARUKA楽器 店舗

MARUKA楽器 四条店

年中無休(年末年始を除く)
営業時間 AM10:00~PM7:00
電話   0120-02-8692

京都市下京区立売中之町100-2
阪急京都線「烏丸駅」13番出口すぐ、京都大丸東へ約100m

詳しくはこちら >

MARUKA楽器 七条店〈買取専門店〉

年中無休(年末年始を除く)
営業時間 AM10:00~PM7:00
電話   0120-89-7875

京都府京都市下京区西七条南衣田町78-3
JR京都線 西大路駅 徒歩15分、店舗南側にお客様専用駐車場完備

詳しくはこちら >

電話番号

line@査定

楽器を売ってTポイントが貯まります