ヨットマスター

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカヨットマスター買取について

ヨットマスターについて

当社マルカのサイトへお越しいただき有り難うございます。只今、MARUKAではヨットマスターの買取強化を実施しております。この時計はクルーザーやヨット乗りなどを趣味とするセレブへ向けて開発がされました。ロレックスの中でも、さらに高級なもので魅了されるファンがとても多いです。そんなヨットマスターの中でも、ロレジウムの買取人気が高いです。ステンレスと高級素材のプラチナのコンビモデルになっていまして、スポーティーな見た目でありながらも、気品があります。また、ヨットマスターのロレジウムは、ロレックスでは珍しくメンズ・ボーイズ・レディースの3タイプが存在します。ですから、年齢や性別に問わず人気がありますので、夫婦やカップルでペアウォッチとして購入をする方も多いです。
ロレックス(ROLEX)のヨットマスター(YACHTMASTER)は、自家用のクルーザーやヨットなどでリゾートを楽しむセレブ層にをターゲットとして開発されました。先述の開発目的のため、ロレックス(ROLEX)製品の中でも、特に高額な値段をつけられることが大半です。高級という位置づけがなされているために、立体的に加工された独特のデザインが採用され、ロレックス(ROLEX)製品の中でも異彩を放っています。
ヨットマスター(YACHTMASTER)は、船上での使用を主な目的としているため、非常に優れた防水機能を誇っています。ヨットマスター(YACHTMASTER)シリーズ製品は、ロレックス(ROLEX)の腕時計製品の中で唯一の3サイズ販売(メンズ・レディース・ボーイズ)となっており、家族間や友人同士でのペアルックとしてのステータスにもなっています。ちなみに、ヨットマスター(YACHTMASTER)シリーズの中では、プラチナとステンレスのモデル「ロレジウム」(ロレックス+SS+PLATINUMU)がトップクラスの需要を展開しています。
上記のような点からも、当社MARUKAでも高い人気がありますが、特にレディースタイプの製造が終了してしまっているので、レディースモデルは高額提示が期待出来ます。その他、電池が消耗していたり、一部故障をしていたりしてもMARUKAでは買取をさせていただく場合も御座いますので、是非、マルカで査定をお任せください。また、遠方でご来店が難しいお客様にも無料で出張対応もしております。お気軽にご相談くださいませ。

ヨットマスターの魅力

ヨットやクルーザー利用者の中でも、特にセレブを対象に発表(1992年)されたのがヨットマスター(YACHTMASTER)です。ベゼルに関しては、幅分まで1分刻みの目盛りが入った逆回転を防止するべセルが導入されており、さらには目盛りが立体的なレリーフになっています。目盛りが立体的に浮き出ているようなデザインのため、ほかの腕時計にはない立体感、そして高級感にあふれています。
水上で使用されることを前提に製造されたモデルのため、防水機能にも特化されており、さらには文字盤にヨットマスター(YACHTMASTER)の文字が赤く表示されています。ヨットマスター(YACHTMASTER)シリーズは、もともと、シンプルな金無垢とコンビだけのラインナップでしたが、2000年代に差し掛かろうとする時に「ロレジウム」が加入しました。ダイアルやベゼルにプラチナを使用したボディ、秒針にはレッドという奇抜なデザインが世界に衝撃と鮮烈な印象を与えました。

ヨットマスターの生い立ち

ロレックス(ROLEX)は、1950年代に入り、サブマリーナ(SUBMARINER)、エクスプローラー(EXPLORER)など、休む間もなく新しいモデルを世界に発表していました。このままロレックス(ROLEX)の快進撃が継続されるのかと思いきや、1970年代に入ってからというもの、今まで発表してきたモデルの改善版を製造するのみで、新しいシリーズの発表はされませんでした。そんなロレックス(ROLEX)の沈静化に終焉を迎えさせたのが、1992年発表のヨットマスター(YACHTMASTER)でした。世界中の注目を集めたヨットマスター(YACHTMASTER)は華々しいデビューを飾ることに成功し、世界中のセレブ、愛用者、ロレックス(ROLEX)ファンを大いに喜ばせました。
高級感あふれるセレブ御用達のスポーツウォッチとして誕生したロレックス(ROLEX)のヨットマスター(YACHTMASTER)は、全体が金無垢の仕様で、回転式のベゼルが立体感、そして高級感を際立たせ、100mの防水機能を誇るなど、名実共にスポーツウォッチの最高峰であり続けています。このヨットマスター(YACHTMASTER)が発表された翌年、ロレックス(ROLEX)はイエロー色のゴールドとステンレスのコンビネーションである「ヨットマスター(YACHTMASTER) ロレゾール」を発表します。この「ロレゾール」という言葉は、造語であり、ロレックス(ROLEX)+SS+OR(フランス語でゴールドの意味)を合成したものです。その後もロレックス(ROLEX)は羽を休めることなく快進撃を続け、1994年にはレディースサイズのヨットマスターもシリーズに加わることになりました。
この時点で、ロレックス(ROLEX)はメンズ、ボーイズ、レディースをラインナップに揃えることになり、それに並んでシルバーの「ヨットマスター(YACHTMASTER) ロレジウム」が合わさり、眩いほどに輝きを放つ3種類のタイプがそろい踏みとなりました。

ヨットマスターの生い立ち

1992年から製造が開始された「Ref.16628」は世界で「ゴージャス・サブ」と呼称されています。当時、ゴールドモデルの展開はスポーツウォッチとしては異例中の異例でした。ダイヤルのカラーは、ホワイト、グレー、ブルー、シャンパンの計4種類になります。
同じく製造期間が1992年からの「Ref.16622」は、先述の「Ref.16628」が現在まで製造が行われているのに対し、当製品は2012年の段階で製造が終了しています。今後流通する可能性は低く、時間がたつごとに価値が上がっていくといわれています。「Ref.16622」の特徴としては、ステンレスとプラチナを組み合わせた「ロレジウム」(ロレックス+SS+PLATINUMU)製品であることです。ダイヤルにもプラチナが使用されており、繊細で、派手過ぎない控えめな高級感が人気を博しています。

西大路七条(MARUKA WATCH七条店)、大宮店四条店が京都市内に5店舗、そして銀座本店とトータル6店舗で皆様のお越しをおまちしております。
また遠方でMARUKA店舗をご利用頂けないお客様には宅配買取のサービスもございます。送料も手数料も無料、お値段にご納得いただけない時のキャンセル、返送料も無料になってますので是非ご利用ください。 とりあえずいくらになるか知りたいな、というお客様にはLINEで査定がお勧めです。お名前もお電話番号もなしでの査定が可能ですので是非ご利用ください。その際には箱や保証書などの付属品の有無、購入時期、そしてわかるなら製造番号(例G○○○○○○、もしくは新しい物ではランダム)をお知らせいただけるとより精度の高いお見積もりが可能です。