デイデイト

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカデイデイト買取について

デイデイトについて

数多くの検索の中から当社MARUKAのサイトへお越しいただき、有り難うございます。お客様もご存知のように、高級時計で、一番有名なメーカーである「ロレックス」ですが、その中でも最高峰のモデルとされるのがデイデイト(DAYDATE)でして、MARUKAでは買取を強化しております。デイデイトという言葉は、もともと腕時計に搭載されている「日付・曜日」の表示機構のことで、デジタルであればさほど搭載することも難しくもない機能ですが、これをアナログ時計に初めて搭載したのがロレックスであり、デイデイト(DAYDATE)なのです。簡単に歴史を紐といていきますと、初代モデルの発売は1956年であり、60年近く経過した現在でも、初代のフォルムの大部分を継承していますが、今になっても古臭いところがなく、素材もステンレスをまったく使わず、プラチナやホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの4種類の素材だけが使われているという特徴もそのままです。まさにロレックスの腕時計の中で、これ以上のものは存在しないハイエンドモデルですので、当社MARUKAではデイデイト(DAYDATE)の買取価格は相場上限に近い提示を致します。当然、現行モデルを新品で購入しようとすると、相当の費用がかかってしまいます。なかなか手が出せるものでもないので、買い求めようとする人はまず中古市場からというケースのお客様も多いので、中古でも当社MARUKAでは高価買取を期待していただけます。鑑定スタッフの提示した価格に驚いていただけること間違いなしです。是非ともMARUKAへお越しください。

デイデイトの特徴

ロレックス(ROLEX)のシリーズのひとつであるデイデイト(DAYDATE)は、常に究極の腕時計であり続けています。そのデイデイト(DAYDATE)は品質の証として、オイスターケースにはプラチナ、もしくはゴールド(18ct)のみが使用されています。ベゼルにはフルーテッド、そしてスムース、貴石がセットされたタイプが存在します。
時代を超越したかのような機能性を備えるデイデイト(DAYDATE)は常に世界中の愛用者を魅了し続けています。デイデイト(DAYDATE)製品の中には、ダイアルに洗練されたカラー、そして特殊なテクスチャーが採用されている製品も存在しています。機能面で注目するべき点は、販売された当時(1956年)、世界初の機能を備えていたという事です(Ref.6511)。その世界初の機能とは、「文字盤に曜日を表示するという機能」でした。現在では特に珍しくも無い機能のように見えますが、システムが充実していなかった当時としては革新的な機能の発表でした。現在でもデイデイト(DAYDATE)は世界中の愛用者から賞賛を受け続けており、表示される曜日の言語は多くの種類から選択することが可能になっています。またその後他のメーカーから発売される時計でも曜日と日付を表示する機能はデイデイト(DAYDATE)と呼ばれておりそれらは全てロレックスのデイデイト(DAYDATE)を連想させます。
デイデイト(DAYDATE)の強みはこれだけにとどまりません。オイスターケースにも特色があり、なんと水深100mまでの防水性能を備えています。この防水機能を発揮している主要な部品の中で、ねじ込み式リューズが採用されています。この部品は、「ツインロックシステム」を採用したものであり、特許を取得しています。このシステムによって、先述のリューズがケースにしっかりとねじ込まれることになります。デイデイト(DAYDATE)のオイスターケースは、製品に最適な環境をもたらし、水やホコリ、衝撃などから徹底的に保護する仕様となっているのです。

デイデイトの歴史

ロレックス(ROLEX)製品の中でもトップクラスの品質と人気を誇っているデイデイト(DAYDATE)は、1956年に発表されました。当時のアメリカ大統領にプレゼントされたエピソードをきっかけとして、デイデイト(DAYDATE)のブレスレッドは「プレジデントブレス」と呼称されてきました。ロレックス(ROLEX)製品の中ではめずらしくステンレスのモデルが存在しておらず、プラチナとゴールド3種(イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)で計4種類の素材のみが使用される最高級のモデルとなっています。
デイデイト(DAYDATE)の特徴のひとつに、12時位置の曜日表記があります。この曜日表記はデイデイト(DAYDATE)が起源となっており、なんと26ヶ国もの言語が選択可能になっているのです。一般的には曜日表示は略号を用いているケースのほうが多くなっている中で、デイデイト(DAYDATE)は略号を使用した例は存在していません。デイデイト(DAYDATE)を使用する際に、当然のことながら日付に加えて曜日の設定も必要不可欠になりますが、1980年代に発表された「Cal.3055」以降の製品ではクイックチェンジ機能(細かな設定が不要)が搭載されています。「Cal.3055」以前の製品では針の順回しと逆回しを利用して修正を行うことになります。この操作は少し難しく、根気が求められますが、それを含めても世界最高峰の魅力を持ち合わせています。
もともとはデイデイト(DAYDATE)のみを対象としていた「プレジデントブレス」という呼称ですが、のちに他のモデルにも同様のブレスレッドが採用されることになりました。しかし、あくまで起源はデイデイト(DAYDATE)のものであり、常にロレックス(ROLEX)のトップであり続けています。
デイデイト(DAYDATE)製品は、1956年に、最初のモデルである「Ref.6511」が誕生しました。翌年には「Ref.6611」が誕生しました。どちらのモデルも生産期間が1年未満であり、市場における製品流通が極端に少ないことも特徴です。このことからも、現在では希少価値が非常に高く、販売当時の何倍もの価格で売買されていることも珍しくありません。数年後の1960年代には、デイデイト(DAYDATE)に馴染み深い「Cal.1555」を採用した「Ref.1803」モデルが発表されました。そのスタイルはドーム型であり、プラスチックの風防で防水性能は50mを誇ります。1970年代に入ると「Ref.18038」「Ref.18039」シリーズが発表されました。このモデル以降にサファイアクリスタル風の風防を採用し、防水機能は100mを達成します。1980年代には「Ref.18238」「Ref.18239」シリーズが登場、1990年代には「Ref.18206」そして近年では現行の「Ref.118238」「Ref.118239」シリーズが製造され、2008年にはケースが大型化された「デイデイトⅡ」が発売され魅力を深めると同時に、デイデイト(DAY-DATE)はその名を歴史に刻み続けているのです。

ロレックス(ROLEX)製品の中でも特別なモデルになっているデイデイト(DAYDATE)は、様々なバリエーションが存在しながらもロレックス最高峰に位置し、そして購入者の目を常に楽しませてくれる至高のモデルなのです。

MARUKAでは時計の買取、その中でもロレックス(ROLEX)の買取ではどこにも負けない自信があります。関西一の時計査定士と言われる髭の横顔で看板、広告でおなじみの宮良専務をはじめ、査定士全員が無類の時計好き。
その中でもデイデイト(DAYDATE)はやはり緊張しながらも胸がときめく商品であり、我々もデイデイト(DAYDATE)と対面すると胸が躍ります。

MARUKAでは西大路七条の質マルカに端を発し(現在 MARUKA WATCH)、すぐそばの西大路七条通に面した七条本店が2015年2月には10周年となり、大宮店そして2014年秋には四条店と京都で5店舗、そして2014年7月には関東のお客様からの熱烈なラブコールにより東京銀座にをオープンいたしました。
東京銀座店は歌舞伎座の真横のビル内にあり、2015年2月からは口コミで訪れるお客様が多すぎて予約制だけでは対応できないため、他店舗と同様に年中無休、10時から19時までの通常店舗としてリニューアルオープンいたしました。
MARUKA全店で時計大好き査定士達があなたのお越しをお待ちしております。