<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a55b263cde71403d1cc5a80a59879b8853aaad28

楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

LINE@で査定

Jaguar

世界初のソリッドエレキギターを製作したメーカーであるFender(フェンダー)ですが、Fender(フェンダー)の歴史は主に主力ギターであったTelecaster(テレキャスター)とStoratocaster(ストラトキャスター)の歴史と言っても過言ではないかもしれません。
しかし昨今音楽業界で新たに注目を集めているモデルがございます。
それがJaguar(ジャガー)でございます。
1962年に初めて生産されたこのJaguar(ジャガー)ですが、当時既に発売されていたジャズに特化したモデルとして1958年に発表されていたJazzmaster(ジャズマスター)を基に、当時の最高クラスのギターとして発表されたのが、このFender(フェンダー) Jaguar(ジャガー)でした。
従来のモデルとは全く違ったコントロールを採用しており、特にスイッチによるローカットや、フロントコントロールを別に設け、プリセットサウンドとして使うことが出来たことなど非常に多くの話題を生んだギターといえました。
Jazzmaster(ジャズマスター)と違って、シングルコイルが搭載されており、またスケールもショートスケールであり、独特のサウンドを生み出すことになりました。
結果から言えば、当時の最高峰モデルとして君臨するはずであったJaguar(ジャガー)は、Telecaster(テレキャスター)、Storatocaster(ストラトキャスター)、Jazzmaster(ジャズマスター)とはまた違った味のあるモデルという認識が当時から強かった為、既に当時エレキギターの頂点として位置づけられていたTelecaster(テレキャスター)やStoratocaster(ストラトキャスター)、Les Paul(レスポール)を超えた人気を持つには至りませんでした。
一度は人気が低迷したことにより1975年頃に生産を終了するに至ったこのJaguar(ジャガー)でしたが、やはりビッグアーティストがあまり使用しなかったということも人気低迷のおおきな要因でした。しかし90年代の第二次バンドブームの頃には当時爆発的な人気を誇っていたロックバンドであるNIRVANA(ニルヴァーナ)のカート・コバーンが使用したことによりJaguar(ジャガー)人気は一気に再沸騰することとなったのです。
数多くのギタリストの憧れであり、ギターヒーローとしてシーンに君臨していたカート・コバーンはJaguar(ジャガー)やMustang(ムスタング)など、Fender(フェンダー)のギターの中でも一風変わったモデルを多く使用しており、シグネイチャーモデルなども発表されております。
しかしこのカート・コバーンのシグネイチャーモデルなどに関しては、非常に珍しく生産数も限定されている為、現在でも一部プレミア価格が付いているものもあるほどです。
このJaguar(ジャガー)というモデルは、それだけカート・コバーンの影響を受けたギターであり、そういった意味合いでもFender(フェンダー)の数あるギターの中では特殊なイメージのあるギターといえるのです。

MARUKA楽器の四条店のみならず京都の5店舗だけじゃなく東京の銀座でも渋谷でも福岡の天神でも楽器買取を行っています。また出張買取や宅配買取でも楽器の取り扱いはあり、それもギターやエフェクターだけでなく管楽器や打楽器、電子ピアノ等も対応しておりますので楽器を売ろうと思ったらMARUKA楽器へご相談ください。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定