<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a55b263cde71403d1cc5a80a59879b8853aaad28

楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

fender(フェンダー)(アンプ)

ブリティッシュアンプを含め現在主流になっているトレブル、ミドル、ベース、プレゼンスなどのトーンコントロールを持った殆どのアンプの原型になってると言っても過言ではありません。
フェンダーのロゴを纏った初めてのアンプは「Model 26s」と呼ばれています。これがフェンダーアンプ、ひいては世界の歴史の始まりだったのです。

フェンダー

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 楽器高価買取» アンプ » fender(フェンダー)(アンプ)買取
LINE@で査定

fender(フェンダー)(アンプ)

Fender買取について

京都マルカはフェンダー アンプの超高価買取させて頂いております。
フェンダーはベース、ギターだけではございません。
アンプも数多くの名機を生み出してきています。
フェンダーのアンプと言えば、有名なのはTwinReverb(ツインリヴァーブ)ですよね。

楽器を始めた頃、はじめて購入したアンプはフェンダーの15W程の小さいアンプだったなんてこと皆様あるのではないでしょうか。
マルカは、他に決して負けることのない超高価買取実績を積み上げてきました。
フェンダーの超高価買取はギターやベースだけではございません。
アンプもしっかりと査定し、同じく超高価買取させて頂きます。
是非とも一度、お問い合わせ下さいませ、その高額査定を実感して頂けることと思います。

勿論、出張買取宅配買取の制度も充実しております。
是非とも一度ご相談下さいませ。

◆Fender(フェンダー)アンプについて
すべてのチューブアンプの基本はフェンダーアンプと言っても過言ではありません。
ギターアンプと言えば、まずはハイゲインモデルのアンプを想像される方も多いでしょう。
Marshall(マーシャル)は当然、ブリティッシュサウンドには欠かせない存在ですよね。
しかし、ロックに至る様々なミュージックシーンを作り上げてきたアメリカンサウンドではどうでしょうか…。
そうなんです、フェンダーはギター・ベースと共にアンプも決して欠かす事の出来ない存在なのです。
チューブアンプと言えば、フェンダーのイメージが強いかとも思います。
ここではそんなフェンダーアンプの歴史を少しばかり紹介したいと思います。

◆Fender(フェンダー)アンプの歴史
1940年代にはじめて、トーンコントロールを持った楽器用アンプを開発したのがレオ・フェンダーなのです。
ブリティッシュアンプを含め現在主流になっているトレブル、ミドル、ベース、プレゼンスなどのトーンコントロールを持った殆どのアンプの原型になってると言っても過言ではありません。
フェンダーのロゴを纏った初めてのアンプは「Model 26s」と呼ばれています。
これがフェンダーアンプ、ひいては世界の歴史の始まりだったのです。

フェンダーアンプと言えば、「ツイードが一番」「ツインリヴァーブに限る」「シルヴァーフェイス(通称:銀パネ)の音が渋い」「赤ツマミのザ・ツインの音が太くて良い」「ヴァイブロキングが絶対」などなど…
数々の意見があります、これはつまり数々の名機と呼ばれるアンプをフェンダーが作ってきた証でもあるわけなんですね。

是非、ご自宅やご実家にこういったフェンダーアンプが眠っていたら一度マルカ四条店にご相談ください。
チューブアンプと言えどもサイズは様々、大きなアンプから小さなアンプまで何でもお断り致しません。
もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量、重量のあるアンプをお持ちの方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定