<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a55b263cde71403d1cc5a80a59879b8853aaad28

楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

YAMAHA

ヤマハのシンセサイザー最大の魅力は楽器メーカーとしての総合力と確かな技術は使用していても「さすが」の一言に尽きます。ハイクオリティなシンセサイザーがラインナップされている点も大きな魅力です。
是非、ご自宅やご実家にこういったヤマハシンセサイザーが眠っていたら一度マルカ四条店にご相談ください。
もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がヤマハ買取のご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量の方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください

シンセサイザーヤマハ

求人
LINE@で査定

YAMAHA

YAMAHA買取について

京都マルカはYAMAHA(ヤマハ) 買取を強化させて頂いております。

シンセサイザーと言えば、Roland(ローランド)やKORG(コルグ)を浮かべる方も多いでしょう。
しかし、ヤマハもこれらのブランドと並んで国内三大シンセサイザーメーカーと呼ばれる程の実力を持っています。
こうしたヤマハのシンセサイザー製品をマルカは、他に決して負けることのない超高価査定でYAMAHA買取の実績を積み上げてきました。
ヤマハ買取では他の追随を許さないマルカ(MARUKA)及びMARUKA楽器…
お客様が大事に使われた愛着ある楽器だからこそ、しっかりとした高価買取をさせて頂きたい…
そう思って日夜買取をさせて頂いております。是非とも一度、お問い合わせ下さいませ。
その高額査定を実感して頂けることと思います。

勿論、出張買取宅配買取の制度も充実しております。
是非とも一度ご相談下さいませ。

◆YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーについて
楽器事業以外にも幅広く展開しているヤマハですが、やはり楽器に関しては、国内トップブランドと言っても過言ではないでしょう。シンセサイザーからギター、サックスなどにいたるまで楽器全般においてヤマハ買取は外すわけにはいかないブランドです。

ヤマハのシンセサイザー最大の魅力は楽器メーカーとしての総合力。
確かな技術は使用していても「さすが」の一言に尽きます。
ハイクオリティなシンセサイザーがラインナップされている点も大きな魅力ですね。
楽器系の音に関して言うなれば、ややクラシカルな作りで生の楽器に近づけんがためのこだわりを感じる事が出来ます。
操作も非常にシンプルで簡単な手順で理想の音作りをしていける感覚ですね。
電子楽器の基本をしっかりと押さえた作りは、初心者の方であってもその魅力を感じる事が出来るでしょう。

◆YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーの歴史
ヤマハは明治30年に日本楽器製造株式会社として創業しました。
長らくブランド名としてヤマハと言う名称を展開してきましたが、1987年に現在のヤマハに変更されています。
電子楽器に関しては1960年から開発製造が始まり、MIDI規格の制定企業になるなど技術力に関して非常に高い評価を得ています。

是非、ご自宅やご実家にこういったヤマハシンセサイザーが眠っていたら一度マルカ四条店にご相談ください。
もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がヤマハ買取のご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量の方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください。

YAMAHAの歴史

今から100年以上前の1887年、山葉寅楠が静岡県浜松市で壊れたオルガンの修理依頼を受けたことをキッカケにヤマハ(YAMAHA)の歴史は始まります。オルガン修理に成功した山葉寅楠は、オルガンの製作・販売に本格的に乗り出し、1897年には日本楽器製造株式会社を設立します。
1900年にはピアノの製造を開始し日本楽器製造株式会社は、太平洋戦争期間中に軍の依頼を受け戦闘機のプロペラ製造に従事します。戦後、プロペラ製造のノウハウを生かして二輪車の製造・販売が開始され、その二輪車部門は1955年にヤマハ発動機として分離・独立します。
1959年にはエレクトーンの製造を開始、1960年にはアメリカに、1966年には西ドイツ(当時)に子会社を設立し世界的な楽器メーカーとしての地位を築いていきます。そして1987年、創業100周年を期に創業者の山葉寅楠にちなんだ「ヤマハ(YAMAHA)」へ社号を変更し、現在へ至ります。
ヤマハは創業125年を超える、世界一の楽器メーカーです。ピアノや管楽器、打楽器などのアコースティック楽器から、先進的なデジタル技術を駆使した電子楽器までありとあらゆる種類の楽器を製造・販売しています。またヤマハは音響事業にも力を入れています。ホームシアターシステムを始め、業務用音響機器や通信カラオケ、各種AV機器などの研究開発に楽器製造で培った音への感性を生かして取り組んでいます。
さらに、ヤマハ音楽教室は世界40カ国以上で展開され、音楽の普及・教育に貢献しています。まさに「音・音楽」に関する世界一の総合企業がヤマハなのです。

YAMAHA電子音楽への挑戦

そして、このような「音・音楽」の総合企業としてのヤマハを象徴するのが電子音楽部門です。ヤマハの電子音楽への挑戦は、エレクトーンの開発から始まります。
それまで単音しか出せなかった電子オルガンを改良し、多彩な音色を出せるようにしたのがエレクトーンなのです。
1959年に販売が開始されたエレクトーンは現在では一つの楽器として認識されていますが、実はエレクトーンはヤマハの登録商標で、ヤマハオリジナルの新しい電子楽器なのです。

またヤマハは1981年に、音楽データのやり取りをするために不可欠なMIDIを、他社と協力して規格化しています。MIDIにより、音楽データのやり取りが容易になって通信カラオケなどの音楽サービスが実現し、パソコンから電子楽器を操作したり、キーボードで演奏した楽曲をパソコンで採譜するといったことが可能になりました。
このMIDIの規格化によりパソコンで音楽を制作する時代が到来したのですが、このような電子音楽の可能性をヤマハはさらに推し進めることになります。

「VOCALOID」は、パソコン上で歌詞と音符を入力することで、歌声の合成を可能にする音楽作成ソフトです。この「VOCALOID」システムを搭載した「初音ミク」が爆発的な人気を博したことから、世界的に知られるようになったのですが、この「VOCALOID」システムを開発したのも他ならぬヤマハなのです。

YAMAHAのシンセサイザーの歴史

このようにヤマハはアコースティックな楽器以外に、電子音楽の可能性を探り続けているわけですが、その象徴となるのがヤマハのシンセサイザーです。

ヤマハのシンセサイザーの歴史は1974年に「SY-1」が発売されたことにより始まりました。「SY-1」の開発にあたっては既に発売されていたエレクトーンの音を、生楽器のような自然な音に改良するための技術改良が行われました。さらに、エレクトーンでは音量調整を足ペダルで行っていたものを、鍵盤を弾く力で調整するために、ベロシティー機能の搭載が行われるなど、新しい機能が追加されていきました。
そうして次のモデルになると、内部機構をIC化し、メモリー機能を搭載するようになります。このメモリー機能により自動演奏が可能になるのですが、これはヤマハが楽器の製造だけではなく半導体の製造も行っていたため可能になったのです。

その後、ヤマハのシンセサイザーはモデルチェンジを繰り返しながら、小型化・低価格化に励み、時代のニーズに即した音源開発が続けられました。FM音源を搭載することで、それ以前のアナログ・シンセサイザーには不可能だった金管楽器の音色を演奏できるようになり、MIDI機能を搭載することで、他の電子楽器との連携が可能になり、デジタルに即した進化を遂げていきます。

そして、いよいよヤマハのシンセサイザーは音源にサンプリング技術を採用するようになるのです。生楽器の音をデジタル・サンプリングし、音源として利用する技術が新たに開発されました。これにより多種多彩な音色の演奏が可能になり、シンセサイザーの演奏の幅は格段に広がることになるのです。

YAMAHAのシンセサイザーの歴史

このように進化してきたヤマハのシンセサイザーには、その歴史に裏打ちされた3つの特徴があります。

◆音質が優れていること
生楽器メーカーとして長い歴史を誇るヤマハならではのサンプリング技術によって、ヤマハのシンセサイザーは曲作りにおいて創造性を刺激するサウンドを奏でます。シンセサイザーとして多種多彩な音が出せることとともに、一つの楽器として、美しい音色を響かせるのです。

◆音楽制作を容易にすること
取扱いの難しさに翻弄されて演奏活動に集中できないということがないよう、操作性には最大の配慮がなされています。
追求された使いやすさにより、短期間で優れた音楽制作が可能になり、演奏者の創造性が最大限発揮されるように設計されているのです。

◆パソコンとの優れた連携
シンセサイザー単体だけでの音楽制作を最終目的とするのではなく、パソコンと連動させて音楽制作するために、パソコンとの親和性を高めるようなシステムが構築されています。

まとめ

以上のように、長い歴史を持つ世界一の楽器メーカー・ヤマハのシンセサイザーは、世界最高峰の品質をもつ電子楽器として世界中の演奏者に高い評価を受け続けています。
このようなヤマハのシンセサイザーはどのモデルのものでも貴重なものなので、眠らせておくには惜しいものです。
是非、ご自宅やご実家にこういったヤマハシンセサイザーが眠っていたら一度楽器買取専門フロア「MARUKA楽器」を要する四条店2階へお越しください。また他のMARUKA店舗ででも買取は可能です。東京銀座に2015年4月にオープンした銀座本店でも2016年3月に渋谷にオープンした渋谷店でも御取り扱いは可能です。もちろん京都市内4店舗でも福岡天神店でもYAMAHA買取はマルカ(MARUKA)にお任せ下さい。
2016年10月には京都市内北部の左京区松ヶ崎の北山通り沿いに北山店、2017年3月には大阪心斎橋店、そして5月には神戸三宮店と続々進出中。
またシンセサイザーの筐体は非常に大きなものです。各店舗まで運んでいただくのが困難な場合はLINEで査定にて事前に買取価格のお見積もりをさせていただくことが可能ですので是非ご利用ください。そうして買取金額にご納得いただければ宅配買取にて店頭と同じ基準、レベルでの買取も可能です。あわせて近畿一円、東京近郊では出張買取も可能ですのでいままでご自宅のご近所によい買取店がないと悩まれてる方は一度試しに電話してみてください。ROLANDやKORGと並びヤマハ買取強化中のマルカ(MARUKA)、もちろんシンセサイザーだけではなくエレキギター、ベース、エフェクターにサックスやトランペットの管楽器、はてはバイオリンやチェロに三味線などまで扱っております。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定