<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a55b263cde71403d1cc5a80a59879b8853aaad28

楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

LINE@で査定

Mustang

1964年にFender(フェンダー)社より発表された新たなエレキギターがMustang(ムスタング)でした。
このMustang(ムスタング)はFender(フェンダー)のエレキギターの中でも少し変わった位置づけであり、いわゆる『スチューデントモデル』として位置づけられているエレキギターでした。
当時のFender(フェンダー)エレキギターは非常に人気が高く、なかなか簡単には購入することはできない高級ギターとされておりました。
しかし当時から若年層や学生からの人気と需要は高くあったため、新たに低価格帯のモデルとして、様々なユーザーが買い求められるように生産されたのです。
このMustang(ムスタング)はフラッグシップモデルであるStoratocaster(ストラトキャスター)やTelecaster(テレキャスター)がロングスケールのモデルであったことに対して、ショートスケールで製作されたことと、まったく従来のモデルと違う仕様・デザインでした。
スケールが短いため、手が小さい若いプレイヤーなど、老若男女様々な方でも難なく演奏することが出来ました。
また、今までのモデルとは違い標準で22Fを採用している点も相違点といえるでしょう。

シュートスケールである理由としてはやはりサイズが小さくなる分コストを少しでも下げることができるという点もあります。
木材もコストの低い物を採用している為、当時のトップアーティストなどはほとんど使用しておらず、あくまでエントリークラスというイメージが強かったといわれているのです。

しかしFender(フェンダー) Mustang(ムスタング)は主に90年代からはスチューデントモデルという位置づけからは全く違う別のギターに変わっていくこととなります。
主に世界的なアーティストであるNIRVANA(ニルヴァーナ)のKURT COBAIN(カート・コバーン)や、日本のトップギタリストとして名を連ねるChar(チャー)がこのMustang(ムスタング)をメインギターの一つとして使用したのです。

他のモデルとはまた違った甘さのあるトーン、メロウな響きは独特の各アーティストのキャラクターをしっかりと表現しており、世界のプレイヤーの認識を新たにしたのです。
現在発売されている主力モデルは日本製のものが殆どで、USA製の物は限定品などを除いてほとんど生産されてはいませんが、今やスチューデントモデルという位置づけではない、もう一つのFender(フェンダー)ギターといえるのです。
また、昨今では日本のアニメや映画等の各メディアでも使用されることが多く、楽器業界全体をにぎわせるほどの人気を持つほどに強い影響力を持っていました。
ある意味、Fender(フェンダー)のギターの中でこれほどまでに出世、進化したギターは存在していないといえるモデル、それがMustang(ムスタング)なのです。

MARUKA楽器は京都の目抜き通り四条通の四条烏丸と四条河原町の間、堺町通りと柳馬場通りの間の四条通に面した北側にあるMARUKA四条店の2,3階となっております。買取だけに関して言えばMARUKAの全国8店舗どこでも買取は可能ですし、出張買取や宅配買取にも対応しておりますのでブランド品や貴金属、美術品や骨董品と一緒に楽器を売ることも可能です。
引っ越し屋さんやお片付け業者のように私たちは楽器を「ゴミ」ではなく「商品」として扱います。少しでもお値段が付く可能性があれば買取をさせていただきますので処分費用を払うのと買取をするのとでは上下で大きく違います。是非MARUKAの出張買取あわせてご利用ください。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定