<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a55b263cde71403d1cc5a80a59879b8853aaad28

楽器高価買取|京都のマルカ

お電話0120-02-8692
マルカ楽器
マルカログイン
楽器のことなら販売もマルカへ

Gibson

京都マルカはギブソンアコースティックギターの超高価買取させて頂いております。
アコースティックギターの二本柱として、マーチンと共にシーンを引っ張ってきたトップブランドです。
ギブソンといえばエレキギターに注目が集まりがちではありますが、アコースティックギターも同じようにトップブランドとして君臨し続けてきました。
エレキギター、アコースティックギター両面で頂点にいるブランドはギブソンだけであり、ことギターというものに関しては圧倒的な人気を誇っていると言えるでしょう。

LINE@で査定

Gibson

GIBSON買取について

ギブソンギターのご売却・お買い換えを考えられている方もいらっしゃるかと思います。
マルカは、他に決して負けることのない超高価買取実績を積み上げてきました。
ぎりぎり限界いっぱいまでの査定額を還元することで、お客様に喜んで頂きたい…
お客様が大事に使われた愛着ある楽器だからこそ、しっかりとした高価買取をさせて頂きたい…
そう思って日夜買取をさせて頂いております。是非とも一度、お問い合わせ下さいませ。
その高額査定を実感して頂けることと思います。
勿論、出張買取や宅配買取の制度も充実しております。
是非とも一度ご相談下さいませ。

◆Gibsonアコースティックギターについて
看板モデルたるJ-45を筆頭に、J-50、Hummingbird、DOVE、SJ-200等、比較的斬新かつモダンなデザイン性、その上で非常に癖のある独特のサウンドといい、標準的なアコースティックギターとは全く別の方向性を築くことで、トップブランドになっていきました。
J-45等ラウンドショルダーのモデルもギブソン独特であり、その形状、構造の生み出す音色は中域の泥臭さ、粘りつくよう弦振動は、マホガニー材を主軸に置いたウッドマテリアル、これらによって生み出されます。
この固有のサウンドはブルースシーンにおいても重宝され、今に至ります。
一般的にはGIBSON(ギブソン)のアコースティックギターは、他のギターと違ってロックなサウンドと評されることが多くございます。
高域があまり前に出ず、低音が丸くどこか詰まった印象を受けることもあるでしょう。
これがGIBSON(ギブソン)のサウンドキャラクターであり、ブルースやジャズのメロウなサウンドを作り出すことに最適と言えるのです。
GIBSON(ギブソン)でも特に多く採用される木材、サイドバックに多く使われるマホガニー材は、ローズウッドと比べて音が前に出にくい印象がございます。このマホガニー材は柔らかいが故にボディ全体に響くような振動を行うのです。
そしてかなり湿気の抜けやすい木材である為、数十年使い込んだマホガニーは驚くほどにサウンドが変質します。
今まで主張していた低音の丸さが無くなり、空気感のあるものに変わるとともに、中、高音域の音がしっかりと響くようになってきます。
特にヴィンテージのギターで言われる『枯れた』サウンドとはまさにこのことと体感できるほどに、カラッとしたサウンドに変質していくのです。

◆Gibsonアコースティックギターの歴史
ギブソンは当初(1894年)、マンドリンの製作を行っていました。
1920年頃からアーチトップギターの製作に力を入れ始め、非常に数々のモデルを輩出することになります。初期に制作されたL-5が成功をおさめ、ギブソン社のアーチトップモデルは一躍人気機種となりました。

1926年からはフラットトップのギターも製造を開始し、ニック・ルーカスをはじめとするアーティストモデルが生み出されることとなり、その後1937年にレイ・ウィットリーの為にSJ-200が発表されました。
その後このSJ-200は量産モデルとなり、『キング・オブ・フラットトップ』の冠する最高級のギターとして君臨することになったのです。
そして1942年ついJ-45が発表されることになりました。
このモデルは一度も切らすことなく生産され続けてきたモデルであり、ギブソンの看板機種となりました。
ラウンドショルダーと言われる独特のなで肩構造のボディシェイプは、非常に特徴的な立ち上がりと粘りを生み出し、人気を獲得することに成功しました。
その後、ジョンレノンがJ-160Eを発表したことにより、より一層の人気を集めていくことになりました。
1960年にはHummmingbird、1962年にはDoveを発表しました。
このモデルは従来のラウンドショルダーではなく、角ばったスクウェアショルダーを採用し、全く別のギターとして活躍することとなりました。
この様にしてギブソンはライバルであるマーチンとは全く別の方向性でありながら、成功を勝ち取る事となったのです。

是非、ご自宅やご実家にこういったギブソンギターが眠っていたら一度マルカ四条店にご相談ください。
MARUKA楽器(マルカ楽器)ではアコースティックギターの買取、GIBSON(ギブソン)の買取には力を注いでおります。
現行モデルはもちろん、一時前の中古品、80年代のオールドギター、60年代以前のヴィンテージギターももちろん取り扱っておりますので、GIBSON(ギブソン) アコースティックギター、フォークギターなら是非ともお任せ下さいませ。東京の渋谷店、銀座店でもGIBSON(ギブソン)買取を行っております。
もちろん全国各地からの出張買取、宅配買取のご依頼も大歓迎です。
手数料、費用などは一切頂いておりませんので、是非ともまずはご相談くださいませ。

もちろん完品、美品ではなく、壊れているもの、音の出ないものでもお気軽にご相談いただければ、経験豊富な楽器の専門家がご相談に乗らせて頂きます。
お写真だけで簡単にできるLINEで査定や遠方、大量の方には出張買取もありますのでお気軽にお電話ください。

電話番号

line@査定

ジャンク品でも査定できます

電話番号

line@査定

店舗情報

店舗情報

LINE@で査定

Tポイント

LINE@で査定