石のみでも高く売れる?買取に出す前に知っておきたいポイント
  • 石のみでも高く売れる?買取に出す前に知っておきたいポイント|ブランド高価買取・高く売るならMARUKA(マルカ)へ

使わなくなった宝石を所有している方の中には、「売れるのか?」と疑問に感じている方もいるはず。
宝石のみでも買取してもらうことは可能なものの、お店によっては断られるケースもあるため、あらかじめ念頭に置いておくようにしましょう。
今回は、石のみの買取についてまとめています。
また、高額買取してもらう方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


「宝石のみ」の買取は可能?


宝石があしらわれた指輪やネックレスなどを長年愛用していると、貴金属から外れてしまう可能性があります。
宝石のみになってしまうと身に着けられず、「使わずにしまっている」という方も多いのではないでしょうか?
ここで気になるのが「宝石のみの買取は可能なのか」ということ。
結論からいうと、宝石のみの買取は可能です。
ただし、宝石のみの買取はジュエリーに比べて難しいので、断られてしまうケースがあるということを念頭に置いておくとよいでしょう。
宝石の買取では、大きさ・グレードの相場はあれど「その宝石のグレードはどこに位置づけされるのか」の鑑定眼が求められます。
たとえグレードが高く、高価なものだとしても査定士に十分な知識と鑑定眼がないと高額買取は望めません。
くわえて、ジュエリーならそのままの状態で売れるのですが、宝石のみだと需要が低いため再販が難しくなります。
こうした点から宝石のみの買取は難しく、断られてしまう可能性があるのです。


お店を選べば買取できる


宝石のみを買い取っているお店は少ないものの、「宝石に価値がない」というわけではないので、お店を選べば買取してもらえます。
たとえば、流通ルートが豊富なお店なら宝石の需要が高い国に再販できる可能性があるので、宝石のみであっても買取してもらうことが可能です。
また、宝石の知識に長けた査定士が在籍しているお店なら適正価格での買取が実現します。
多くのお店ではホームページ上に買取実績などが記載されているので、宝石のみを買取しているかチェックしておくとよいでしょう。






高く売りたい方必見!
買取で押さえておきたいポイント




宝石を高く売りたい場合は、以下の2つのポイントを押さえておくようにしましょう。


鑑定書・鑑別書があれば持参する


宝石を高く買取してほしい場合は、鑑定書・鑑別書があれば持参して一緒に査定に出すのがおすすめです。
というのも、この鑑定書・鑑別書は宝石の価値を示すのに
重要なアイテムになるからです。
そもそも宝石は、「ダイヤモンド」と「カラーストーン」の2種類に大別されます。
前者のダイヤモンドは、「カット・カラー・カラット・クラリティ」の4つの要素の頭文字を取った「4C」と呼ばれる評価基準で価値が決定されます。
先述したように、買取では「宝石のグレードはどこに位置づけされるのか」という鑑定眼が求められるので、査定士によって提示される査定額が異なるもの。
しかし、鑑定書・鑑別書には4Cのグレードが記載されているので、買取の際に出すことによって適切な価値を把握できるのです。
4Cのグレードが高ければ高いほど高額買取が期待できるので、鑑定書・鑑別書があれば持参するようにしましょう。


複数の店舗に買取査定を依頼する


宝石を高く買取してほしい場合は、複数の店舗に買取査定を依頼するのもおすすめです。
繰り返しになりますが、宝石は査定士によって提示される査定額が異なります。
ひとつの店舗に買取を依頼すると比較対象がないので、「高いのか」「安いのか」を判断できません。
しかし、複数の店舗に買取査定を依頼すれば、ある程度宝石の価値がわかります。
なお、複数の店舗に買取査定を依頼した場合は、「もっとも高い査定額を提示してくれたから」という理由でお店を選ぶのではなく、
信頼できるところを選ぶようにしましょう。






拾ってきた石は売れる?
買取してもらう方法とは


宝石以外にも、「石」はたくさん存在します。
山や川、道端など野外には石がたくさん溢れていますが、当然のことながらその辺に落ちている石にはほとんど価値はありません。
しかし、石の中にも宝石になる原石と同じく、価値がある石も存在します。
たとえば、観賞用の石や天然石などは「自宅・庭に置きたい」「パワーストーンとして使いたい」など、購入する方も珍しくありません。
そのため、価値のある石は拾ってきたものであっても
買取してもらうことが可能
です。


鑑賞石や天然石を買取している店舗に依頼する


もし、鑑賞石や天然石を拾ってきた場合は、リサイクルショップに持って行かずに専門の買取店に依頼するようにしましょう。
なぜなら、リサイクルショップでは実用価値がないものは買取してくれないからです。
また、リサイクルショップは石に詳しい鑑定士が在籍しているわけではないので、適正価値を提示するのも困難だといえるでしょう。
その点、鑑賞石や天然石を買取している店舗であれば、石の価値を適切に判断してもらえます。
とくに、鑑賞石の場合は骨董品・美術品として扱われることもあるので、思ってた以上の査定額が提示される可能性もあるのです。
そのため、「鑑賞石や天然石を買い取ってほしい」という場合は、専門店に依頼するのが得策です。






押さえておこう!
高く売れる石のジャンル




石の価値を知らず、その辺に落ちているものを闇雲に拾っても当然のことながら買取してもらうことはできません。
価値のある石を見つけるためにも、まずは高く売れる石のジャンルを押さえておくようにしましょう。


鑑賞石


鑑賞石の中でも「菊花石(きっかせき)」や「梅花石(ばいかせき)」など“銘石”と呼ばれる石は、高額で買取してもらえる可能性があります。
とくに、菊の花弁状の模様が特徴の菊花石は、鑑賞石の中でも最高峰となっているので、サイズが大きければ大きいほど高額買取が期待できます。
菊花石の産地には岐阜県の根尾谷がありますが、1952年に特別天然記念物に指定されたため、区域内での採取は禁止されています。
これにより、菊花石の希少価値がさらに上がっているのです。
日本にはほかにも菊花石の産地はありますが、大きい石はほとんど採られているので、見つけるのは簡単ではありません。
とはいえ、小さいサイズの菊花石なら見つかる可能性もあり、大きい石に比べて価値は下がりますが買取してもらえます。


翡翠


日本では、水晶や真珠、琥珀、珊瑚など、さまざまな宝石を採取できますが、その中でも古い歴史を持つ「翡翠」は希少性が高いため、高額買取されやすい石です。
翡翠の代表的な産地には新潟県の糸魚川流域がありますが、現在はほとんどの川原で採取が禁止されています。
そのため「採取できない」と思われがちですが、実は川から流れてきた翡翠に関しては採取禁止区域外のものであれば採取しても問題ないのです。


化石


化石の中でも人気なものに、
「アンモナイト」「恐竜」「菊石」「珊瑚」があげられます。
鑑賞石や翡翠は採取できる産地が限定されてしまいますが、化石の場合は全国各地で採取することが可能です。
恐竜の化石であれば主な産地は福井県になり、国内で採取された約8割を占めているそうです。


隕石


隕石はとても希少価値が高い分、採取の難易度がもっとも高くなります。
これまで、日本に落下して隕石として認められた数はごく僅かといわれているほど、非常に珍しい石なのです。
日本の法律では、私有地に埋まっている隕石はその土地の所有者に所有権がありますが、それ以外で拾い上げた場合はその方に所有権が認められます。
隕石がどこかに落ちている可能性も否めないので、石で一攫千金を狙いたい方は探してみる価値は十分にあるといえます。






宝石買取は
MARUKA(マルカ)がおすすめ


指輪やネックレスなどから外れてしまった宝石は、「売れるのか?」と疑問に感じている方は少なくありません。
宝石のみの買取は難しく、どこでも依頼できるわけではありませんが、お店を選ぶことによって高くで売ることが可能です。
このほか、宝石以外にも鑑賞石や翡翠など売れる石は存在しているので、もし所有していて「処分しようか迷っている」という方は、ぜひ買取に出してみるとよいでしょう。
MARUKA(マルカ)では、ジュエリーだけでなく宝石買取も実施しています。
GIA.G.G.(米国宝石鑑定協会)の有資格者が在籍しており、お客さまの大切な宝石をしっかりと査定し、適正価格で買取いたします。
そのため、「宝石を使わずにしまったまま」という方は、ぜひこの機会にMARUKA(マルカ)をご利用ください。


MARUKA(マルカ)の宝石・ジュエリー買取についてはこちらから


マルカ店舗一覧はこちらから!

Page Top