エメラルドの見分け方とは?特徴・産地・品質評価基準も一挙公開
  • エメラルドの見分け方とは?特徴・産地・品質評価基準も一挙公開|ブランド高価買取・高く売るならMARUKA(マルカ)へ

鮮やかな緑色が美しいエメラルド。
そんなエメラルドには天然・合成・イミテーションがあるのをご存知でしょうか?
天然は当然のことながら価格は高くなりますが、合成やイミテーションはリーズナブルな価格で購入することが可能です。
しかし、合成やイミテーションでも天然と偽り市場に出回っている可能性もあるので、見分け方を押さえておくようにしましょう。
そこで今回はエメラルドの歴史をはじめ、特徴や産地、
見分け方などについてご紹介します。
また、エメラルドの品質評価についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。


エメラルドの語源・歴史


エメラルドの語源は、サンスクリット語で“緑色の宝石”を意味する「スマラカタ(smaragdos)」から始まり、ギリシャ語では「smaragdos(スマラグドス)」と呼ばれるなどさまざまな言語が混じり合って現在の「エメラルド(emerald)」になったと言われています。
エメラルドの採掘がおこなわれたのは紀元前2000年頃。
最古の採掘場所と言われているのがエジプトです。
紀元前30年頃には、絶世の美女として知られているクレオパトラが数ある宝石の中でエメラルドをもっとも愛したとの説があります。
クレオパトラは、ジュエリーとしてエメラルドを身に着けていただけでなく、粉末にして化粧品にしていたようです。
さらに、エメラルドを愛してやまないクレオパトラは鉱山に「クレオパトラ鉱山」と名付けています。
緑色の美しい輝きを放つエメラルドは、エジプト以外にもローマやギリシャでも特別な石とされていました。
エメラルドは占星術で「ヴィーナスに捧げる宝石」として扱われ、ほかの地域では「未来を予知・予言する力がある」と信じられていたようです。
そんなエメラルドが世界中に広まる大きなきっかけとなったのには、アメリカ大陸の発見があります。
インカ帝国では、エメラルドを神殿の装飾や装身具に使用していましたが、スペインに支配され、採掘されたエメラルドはそこから世に流通したとされています。






エメラルドの特徴




エメラルドの特徴は、何といっても美しい鮮やかな緑色です。
「ベリル」と呼ばれる鉱山の一種で、本来は無色透明のもの。
しかし、長い期間マグマや熱水流にさらされるほか、高い圧力がかかることによって変成し、別の元素が含まれます。
これにより、色が変わって鮮やかな緑色をつくりだすのです。
ただし、元素の含有量によっては緑色だけでなく、ピンクや水色にも変わります。
ピンク色になったベリルを「モルガナイト」、
水色は「アクアマリン」と別の宝石になります。

このほか、エメラルドの特徴にはインクルージョンと呼ばれる内包物が多く含まれていることも挙げられます。
エメラルドに限らず、ほかの宝石も自然に生成されるものなので、インクルージョンが含まれていることは珍しくありません。
しかし、エメラルドはこのインクルージョンがほかの宝石に比べて多く、割れたり欠けたりする欠点があるのです。
とはいえ、このような弱点をカバーするために
エメラルドは「エンハンスメント」が施されます。
エンハンスメントとは、オイルや樹脂にエメラルドを浸し、傷の亀裂を隠す処理のこと。
これによって耐久性が増し、簡単には割れたり欠けたりしないようにできるのです。
インクルージョンが少ないほうが価値の高い宝石もありますが、エメラルドの場合はインクルージョンがあることによって価値が高まる宝石です。






エメラルドの主な産地と
それぞれの特徴


エメラルドの産地は数多く存在しますが、採掘される場所によって質に違いが表れます。
そこで、以下ではエメラルドな主な産地とそれぞれの特徴をご紹介します。


コロンビア


コロンビアは、青みを帯びない鮮やかな緑色をしたエメラルドを採掘できる産地です。
同じ産地でもコロンビアには「ムゾー鉱山」「コスケス鉱山」「チボール鉱山」の3つの主要鉱山があり、どこで採掘したものかによっても違いが出ます。
たとえば、ムゾー鉱山は高品質な「トラピチェエメラルド」が採掘できる鉱山です。
ジェムストーンの中に六角形の星の形をした光が放たれるので希少性が高く、ムゾー鉱山地区でしか産出されないと言われています。
コスケス鉱山のエメラルドは、淡い緑色をしたのが特徴です。ムゾー鉱山で採掘されるエメラルドよりも、インクルージョンが多く含まれています。
チボール鉱山のエメラルドは、やや青みがかっているのが特徴です。
ムゾー鉱山で採掘できるエメラルドに比べてインクルージョンが少なく、透明度が高くなっています。


ブラジル


ブラジル産のエメラルドの特徴には、色みが豊富な点が挙げられます。
明るい緑色に淡い緑色、やや濃い青緑色などがあり、品質はコロンビア産に比べて若干劣りますが、それでも良質なエメラルドが採掘できます。


ザンビア


ザンビア産のエメラルドはインクルージョンが少なく、透明度が高いのが特徴です。
また、色ムラがないので均一的に色が広がっており、青みが強ものや淡い色合いのエメラルドがほとんどです。






押さえておきたい!
エメラルドの品質評価基準


エメラルドは、「色」「輝き(テリ)」「大きさ」「透明度」の4つで品質が評価されます。


1.色


エメラルドといえば緑色が特徴の宝石です。
そのため、濃く鮮やかな緑色をしたエメラルドは希少価値が高いと言えるでしょう。
ただし、黒みがかった暗い緑色は価値が下がってしまうので注意が必要です。


2.輝き(テリ)


表面光沢などの輝きが美しいものほど、評価が高くなります。
この輝きは、インクルージョンの数や位置などによって影響します。


3.大きさ


エメラルドは、品質が高くサイズが大きいものほど価値が高まります。
そのため、「ただサイズが大きければよい」というわけではないので注意しましょう。


4.透明度


繰り返しになりますが、エメラルドはインクルージョンが多く含まれているものです。
そのため、インクルージョン少なく、透明度が高いエメラルドは希少価値が高くなります。
このほか、傷の亀裂を隠すためにエンハンスメントが施されているエメラルドがほとんどですが、なかには無処理のものもあります。
透明度が高く、無処理のエメラルドであればさらに希少価値は高まります。






知っておきたい!
エメラルドの見分け方とは




エメラルドには、天然や合成、イミテーションがあります。
合成とは、天然と同じ成分を用いてつくったエメラルドのことです。
一方で、イミテーションは
天然や合成とはまったく違った素材でつくったエメラルドを指します。
そのため、イミテーションの場合は天然のエメラルドと見分けがつきやすいですが、合成は難しくなります。
とはいえ、見分け方を知っていれば判断しやすくなるでしょう。


紫外線を当てる


天然・合成のエメラルドの見分け方には紫外線を当てる方法があります。
仮に、紫外線を当てた際にエメラルドが強い赤色を放った場合は、天然ではない可能性が高くなります。
暗めの赤色や黄緑色、無色の場合は天然の可能性もありますが、一概には言い切れないのでそれだけで判断しないようにしましょう。


インクルージョン(内包物)を確認する


前述したように、エメラルドはインクルージョンが多く含まれています。
しかし、合成の場合は「きれいに見せること」に重きを置いてつくっているものもあるので、インクルージョンが含まれていないエメラルドは天然でない可能性が高くなります。


傷を確認する


天然のエメラルドは自然にできたものなので、少なからず傷があるものです。
つまり、言い換えると「傷がないもの=合成のエメラルド」ということ。
もし、所有しているエメラルドが天然か確かめたい場合は、
傷の有無を確認するとよいでしょう。






エメラルドの買取なら
MARUKA(マルカ)がおすすめ


エメラルドは紀元前2000年頃から採掘がおこなわれており、長きにわたって多くの方々に愛され続けています。
しかし、そんな人気のエメラルドだからこそ、市場には天然以外の宝石が出回っています。
購入する際は「天然でなければいけない」というわけではありませんが、天然と同じ価格帯で購入しないためにも注意しなければなりません。
そのため、購入前もしくはすでに所有しているエメラルドが天然か確かめるためにも、見分け方を押さえておくことが大切です。 MARUKA(マルカ)では、エメラルドの買取だけでなく無料査定も実施しています。
もし、手持ちのエメラルドが天然か合成か確かめたい場合は、お気軽にご相談ください。
また、天然のエメラルドで「手放したい」という場合はそのまま買取もいたしますので、どうぞこの機会にMARUKA(マルカ)を利用してみてはいかがでしょうか。

MARUKA(マルカ)の宝石・ジュエリー買取についてはこちら


マルカ店舗一覧はこちらから!

Page Top