2021.10up

30年前のシャネルのバッグが人気沸騰中!その理由とは?|ブランド高価買取・高く売るならMARUKA(マルカ)へ

誕生から不動の人気を誇る「シャネル」。
現行モデルだけでなく、昨今は30年前のシャネルのバッグも人気を博しています。
では、なぜ今になって30年前に製造されたシャネルのバッグが
注目を集めているのでしょうか。
そこで今回は、30年前のシャネルのバッグに人気がある理由をはじめ、人気モデルや高く売るポイントをご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

30年前のシャネルのバッグが
人気の理由とは?

誕生から多くの人を魅了し続けているシャネル。
昨今、ヴィンテージシャネルと呼ばれる30年前に製造されたバッグが人気を集めているのをご存知でしょうか。
そこで、以下ではなぜ30年前のシャネルのバッグが今になって人気を博しているのか、その理由を紹介します。

価格がリーズナブル

第一に、価格がリーズナブルという点が挙げられます。
30年前のシャネルのバッグなので中古販売が多く、新品に比べると値段が下がります。
そのため、新品よりも手が届きやすく購入する方が多いのです。
たとえば、現行モデルが70万円だとすると、30年前のシャネルのバッグであれば半額程度の価格で購入できます。
もちろん、価格はバッグの状態にもよりますがさらにリーズナブルな商品も中古市場に出回っているので、30年前に製造されたバッグであれば購入しやすいといえるでしょう。

高品質で長く愛用できる

30年前に製造されたバッグだと、「見た目がよくないのでは?」と考える方もいるはず。
しかし、シャネルのバッグは品質に優れているのが特徴です。
そのため、30年前に製造されたバッグであってもきれいな状態を維持しており、購入したあとも安心して長く愛用できます。
こうしたことから、シャネルのバッグは30年前のものであっても「購入したい」と考える方が多く、高い支持を得ているのだといえます。

デザイン性が豊富

シャネルは、デザインを大きく変えることなくトレンドを巧みに取り入れるラグジュアリーブランドです。
30年前のバッグもその当時のトレンドが取り入れられているので、現行モデルにはないデザインでおしゃれを楽しめます。
また、30年前のバッグにはカラフルなものや個性的なデザインのものまで種類が豊富に取り揃えられています。
そのため、ほかとは被らないおしゃれができるのも人気を得ている理由のひとつです。

商品数に限りがある

30年前のバッグはすでに製造を終了しており、商品数に限りがあります。
そのため、30年前のバッグは希少性が高く「手に入れたい」という方が多いのです。
また、製造を終了しているバッグは資産価値も高いので、おしゃれ目的ではなく投資目的で購入する方も少なくありません。
こうした点から、30年前のシャネルのバッグが人気を集めているのです。

30年前のシャネルのバッグで
人気のモデル

では、30年前に製造されたバッグでどのようなモデルが人気を集めているのでしょうか。

マトラッセ

30年前のシャネルのバッグで人気を博しているのがマトラッセです。
マトラッセが初めて誕生したのは1929年。
当時はハンドバッグしかなかった時代に、マトラッセのショルダーバッグが登場しました。
そこからシャネルの人気に火がつき、今では「シャネルといえば「マトラッセ」といわれるほど定番シリーズになっています。
マトラッセのバッグは、生地の表面がひし形状に膨らんでいるのが特徴です。
シンプルなデザインながらも高級感溢れる見た目に仕上がっているので、フォーマルシーンやプライベートシーンにも大活躍します。
さらに、マトラッセのショルダーバッグは赤や青などのビビットカラーも展開されています。
黒よりも生産数が少なく、希少性が高いのが特徴です。

ダイアナ

マトラッセに引けを取らず人気を博しているモデルにダイアナが挙げられます。
このモデルは、イギリスのダイアナ妃が身に着けていたことで通称「ダイアナ」と呼ばれています。
ダイアナの中でもとくに人気が高いチェーンショルダーバッグは、1985年~1994年に製造されたモデルで現在は廃盤のため希少性が高くなっています。
ダイアナのチェーンショルダーバッグは一見するとマトラッセにも似ていますが、フチ部分が格子状ではなくサークル状に縁取られているという違いがあります。
このほか、チェーンショルダーバッグに使用されている素材には、主に「ラムスキン」と「キャビアスキン」の2種類があります。
ラムスキンは弾むような質感に程よい光沢感があるので、上品な雰囲気を演出できるのが特徴です。
一方で、キャビアスキンは素材が丈夫なので傷が目立ちづらいという特徴があり、長く愛用できます。
なお、シャネルの30年前のバッグが急激に注目を集めるようになったのは、ダイアナのチェーンショルダーバッグが火付け役といわれています。

30年前のシャネルのバッグを
高く売るポイント

30年前のシャネルのバッグは需要が高いので高額買取が期待できますが、1円でも査定額をアップさせたい場合は以下のポイントを押さえておきましょう。

付属品をセットにする

シャネルのバッグを購入した際に箱や布袋、ギャランティカードが付属されていれば売却時にまとめて出すようにしましょう。
とくにギャランティカードは査定額に影響することがほとんどで、シャネルのバッグと一緒に出すことによって高額買取が期待できます。
仮に、ギャランティカードがない場合は買取不可になるケースもあるので、売却の際は前もって探しておくことをおすすめします。
このほか、シャネルのバッグの内側にシリアルナンバーが印字されたシールが貼られている場合は、剥がさないようにしましょう。
なぜなら、シリアルナンバーのシールも査定額に影響するからです。
また、ギャランティカードと同様にシリアルナンバーのシールがないと買取不可になるケースもあります。
剥がれかかっていたとしても剥がさないことが大切です。

可能な限りお手入れをする

30年前のシャネルのバッグを買取に出す際は、
可能な限りお手入れをしておくことも重要です。
新品に近いきれいな状態だと査定額がアップするので、高額買取が期待できます。
ただし、無理なお手入れはしてはいけません。
たとえば、汚れがついているからといって無理に擦って落とそうとすると生地を傷めてしまい、かえって査定額が下がってしまう恐れがあります。
また、バッグを長年使用していると糸がほつれてしまうことも。縫い直そうと手を加えてしまうと査定額が下がるので、絶対に縫わないようにしましょう。
仮に気になる場合は、正規店に依頼するのがベストです。
なぜなら、シャネルのバッグを正規店以外に出すと
ブランドの価値が下がってしまうためです。
一度でも正規店以外で手を加えている場合は、正規店のメンテナンスを受けられなくなってしまいます。
安易に直そうとせず正規店に依頼するか、修理せずそのまま買取業者に依頼するのがおすすめです。

早めに買取に出す

査定額をアップさせたい場合は、早めに買取に出すようにしましょう。
なぜなら、30年前のシャネルのバッグが高騰し続けるとは言い切れないからです。
たとえば、海外のセレブやモデルがシャネルの現行モデルを身に着けてそこに人気が集まった場合、30年前のバッグの需要がなくなる可能性があります。
そうなると買取額も下がってしまうので、
需要が高いうちに買取に出すほうがよいといえます。

売却するなら昔のモデルも高額買取できる
MARUKA(マルカ)がおすすめ

30年前のシャネルのバッグは現行モデルよりもリーズナブルな価格で購入でき、ほかとは被らないおしゃれを楽しめるのが魅力です。
そのため、30年前のバッグは人気が高く
中古市場で高額で取引されているモデルもあります。
仮に、30年前のバッグを持っていて「売りたい」と考えている方は、今回ご紹介したように早めに買取に出すことをおすすめします。
MARUKA(マルカ)では、30年前のシャネルのバッグを高額で買取しています。
ヴィンテージシャネルに詳しい専門の鑑定士が在籍しており、お客さまの大切なバッグを適正価格で買取いたしますので、安心してご利用いただけます。
もちろん、30年前のシャネルのバッグ以外の買取も実施しているので、使わなくなったバッグがあればどうぞMARUKA(マルカ)をご利用ください。

MARUKA(マルカ)のブランドバッグ買取についてはこちらから

MARUKA(マルカ)のシャネル買取についてはこちらから