冨築の一日

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 冨築の一日

冨築の一日

  • 9:00 マルカの一日は朝礼からスタート

    冨築の一日

    朝は各店責任者とバイヤーが集まる朝礼から始まる。各店舗の昨日の買取高、売上高の報告をしながら今月度の目標、今後の対策について話し合う。

    先輩店長の今日、昨日だけでなく長期を見据えた計画、自分の店舗だけでなく会社全体を考えた戦略や時には広告方法についてまで話し合う事もある。

    最近勤務ローテーションの関係で一人で店舗を預かることもあり、気合が入るがまだまだ空回り気味。先輩のようにさらっと笑顔ですべての業務をこなせるようになりたいな。

  • 10:00 お客様のご来店!丁寧な接客で素早く査定

    冨築の一日

    よし、本日最初のお客様はヴィトンのバッグをおもちの女性。このネヴァーフルは女性に人気の商品なので買取にも熱が入る。

    素早く底、四隅、ハンドル、ストラップ等々重点箇所を確認していく、数ヶ月前にはそれらの手つきもぎこちなかったが今ではなんとかプロっぽく見えるかな?

    毎日ヴィトンやシャネル、エルメスなんかのハイブランドの商品が持ち込まれるので緊張感がたまらない。でもいままでなんとなく高いからかっこいいと思ってたブランドの歴史を知り、商品の高品質な作りをつぶさにみているとミーハーな気持ちは消え、そのブランドに尊敬すら感じるようになった。

  • 13:00 分からない事も先輩の指導で解決。スキルアップのチャンス!

    冨築の一日

    実はパソコンを使った伝票処理がちょっと苦手。毎日たくさんの買取があるから伝票処理も手早くしなけりゃいけないけれど…でも困ったときは優しい先輩が教えてくれるから安心。時々何度も同じことを聞いて怒られるけど…。

    ついでなので先日買い取ったバッグの限定物について先輩からレクチャーを受ける。一つの商材を扱ったらそれにまつわるものを自分で勉強してドンドン知識を増やしていく。そうすることでお客様とのおしゃべりにも余裕が生まれ話が弾む。

    先輩たちのように早くお客様に名前を覚えてもらえるようになりたいなぁ。

  • 15:00 お客様から学ぶこともしばしば。仕事の奥深さに感銘

    冨築の一日

    恰幅のいい男性がお持ちになられたのは高級時計の フランクミュラー。これ、俺がいつか買おうと思ってたモデルじゃん…。

    正直今までロレックスが一番高い時計と思ってたけど世界にはこんなにたくさんの時計メーカーがあって、 こんなにかっこよくて素敵な時計があるなんてマルカで働くまで知らなかった。車や下手したら家と同じような値段の時計って想像つく?

    毎日のようにそれらを取引しているマルカもすごいけど、それをビシッと査定して買い取るって痺れる仕事だと最近ますますのめり込んでいく。

    もっともっと勉強して詳しくなりたいぜ。

  • 20:00 週に一度 今日は業者向け市場へ荷物を送る日

    冨築の一日

    バイヤー全員で伝票づくりと荷造りを兼ての勉強会。マルカ全体で買取った商品が集まるのでものすごい量になるが、その分普通のお店じゃできない速度で知識が吸収できる。時々頭が爆発しそうになるけどこんな勉強したのいつぶりだろう…?

    でも学校の勉強と違って自分の「仕事」だからいくらでも勉強したいと思ってる自分にびっくり。

    先輩のルーペの構え方ひとつとっても決まってる。こういったポーズひとつからも「プロ」という雰囲気がぷんぷんしてくる。

    僕も早くプロの雰囲気をまとって初対面のお客様からも信頼されるバイヤーになりたい。

お客様とお話するのが好き、お客様が大事にされた商品の思い出を聞くのが好き。

日々変わる相場、シーズンごとに出る新商品、刻々と変わる状況の中で正解はないけれどベストの答えを探し出す。毎日が挑戦で戦いだけど頼れる先輩と仲間に囲まれてるから僕も挑戦しつづけられる。

「物を売る」ということはこの先なくならないだろう、だからこそ僕たちの仕事はこれからも形はかわり、扱う商材が変わったとしても在りつづけると思う。

いつかその「新しい流れ」の先頭に立ち、流れを作る人間になりたいと思う。

  • メール査定
  • LINE査定
  • 宅配買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 手ぶらで店頭買取