スタンリーゲス買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
スタンリーゲススタンリーゲス
店頭買取
店頭買取

スタンリーゲス高価買取ならマルカMARUKA'S BENEFIT

benefit

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ
店頭買取
店頭買取

スタンリーとはTHAT'S MARUKA

スタンリーはカリフォルニアの小さな牧場に生まれ幼いころから馬に乗ったりしていた。7歳のころから既にトラクターの運転などができ、神童と呼ばれるほどの少年だった。 幼少時代から木工やレザーのクラフトをしていた。初めてのクラフトは小学生時代8歳の夏にクラフトスクールで「木のメモボード」を工作したこと。シルバーとレザーも9歳ごろからクラフトを開始。17歳ごろまでクラフトスクールで学んでいた。 元ヘルズエンジェルズのメンバーでありそのころからスカルやリーパーのデザインに深く興味を持っていた。70年代にはリーパーのデザインをタトゥーとして彫ることが特にバイク乗りの間で人気だったらしい。そんなスタンリーが設立したスタンリーゲス買取ならMARUKAへどうぞ。

others

MARUKAのスタンリーゲス買取について

スタンリーゲスはアメリカのロサンゼルスを拠点とするシルバーアクセサリーブランドです。

1978年には仕事としてカリフォルニアにて本格的にレザークラフト・アクセサリーのオーダーメイド会社を設立、作成などを開始。

1984年ごろ「クロムハーツ」の「ジョン・バウマン」からの依頼によりアクセサリーの原型製作・商品提供を開始。最初に作ったのはレザーウェアをカスタマイズするためのジップ(ダガー)やCHのロゴプレート、ベルトのバックルなどの制作依頼を受けた。同時期にスタンリーの作ったIDブレスレットをリチャード・スタークが見て、『これをクロムハーツにも作ってほしい』という依頼からジュエリーラインが本格的にスタートした。
スタンリーに関してはあくまでクロムハーツに在籍をしてスタッフとしてではなく「スタンリーゲス・ワークス」からクロムハーツの商品製作をしていた。(クロムハーツに勤めていたと勘違いしている人が多いですが違うそうです。)
クロムハーツのアイテムに関しても「ダガー」「フィリグリー」「クロー」などスタンリーのオリジナルアイテムをクロムハーツが気に入りデザインを変えて作成したものは多くあります。
また現在のシルバーブランドでも多く用いられている「クラシックチェーン」や「スライドクリップ」「クリップ類」「ジッポー」「ウォッチケース、ウォッチバンド」などは全てスタンリーの考案による構造とデザイン。

過去に商品提供していたブランドとしてはクロムハーツ、アローヘッド、ゴーストなど20社ぐらいある。

現在はLAの自宅兼工房にてほとんどのアイテムをスタンリー1人で作っている。
(鋳造は誰にもさわらせていない。アシスタントは居ますが主に磨きの行程などを行っている。)

スタンリー自身が作成した証としてアイテムにはスタンリーの手彫りサインが入る。
サインの理由としては、①複製ができないように。②スタンリー自身が作成した上で品質を確認した証拠として。
(一部「ソーンIDペンダント」など彫り込みのできないデザインの場合は刻印はなし)
またかなりレアではあるが、アイテムのデザインが発表された初期のものには「925」の刻印が入るものがまれにある。
日本にスタンリーが上陸する前の物であれば、現在のフラッグロゴではなく、
「stanley guess classic」と刻印されたロゴのアイテムも一部存在する。

スタンリーの作品について
店頭買取
店頭買取

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる