買取速報

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 買取速報

日々更新中買取速報

  • 店頭買取速報
  • 宅配買取速報
  • 出張買取速報
  • 時計買取速報
  • バッグ買取速報
  • ブランド小物買取速報
  • 金買取速報
  • プラチナ買取速報
  • ダイヤモンド買取速報
  • 宝石買取速報
  • ブランドジュエリー買取速報
  • ブランド食器買取速報
  • お酒買取速報
  • 毛皮買取速報
  • ブランドアパレル買取速報
  • シューズ買取速報
  • 骨董品買取速報
  • 楽器買取速報
  • カメラ買取速報

カレンダー2017年03月31日(金)

店頭買取

Nikon ニコン F3 50mm 1.2 フィルムカメラ 中古 買取 京都 四条

  • アイテム名

  • Nikon ニコン F3 50mm 1.2 フィルムカメラ 中古 買取 京都 四条
  • ブランド

  • ランク

  • なし
  • 中古
    ランク
    一覧
  • 新品付属品
    等完備
  • 新品未使用
  • 数回使用の美品
  • 使用感有り
  • 傷等有り
  • ジャンク品

中古買取相場目安

5,000円~25,000円

※中古買取相場目安は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。
※時期や状態により相場は常に変動しておりますのでご注意下さい。

Nikon - ニコン
F3 50mm F1.2 [中古品]
フィルムカメラの買取:MARUKA四条店(カメラ査定士在籍店)

MARUKA四条店のカメラ査定士・たっちゃんでございます☆
3月から四条店に在籍し、カメラ・レンズの買取を一手に担当しています。
お店の前の四条烏丸から河原町通りの間の四条通は、平日でもたくさんの人が歩いていて、スプリングコートをお召の方もチラホラと。
春の足音がそこまで聞こえてきているようですね♪
四条店から徒歩5分ほどの街のど真ん中、いけばな池坊発祥の地に六角堂があります。
ここには、僕が普段から愛用しているスターバックスの"コンセプトストア"京都烏丸六角店があり、大きな窓から愛でる六角堂の桜はスバラシイの一言です。
六角堂では、来る4月7日(金)~9日(土)まで「夜の特別拝観」を実施されます。
池坊発祥の地だけあり、いけばな作品が展示され、夜の神秘的な雰囲気を味わうことが出来ます。
とってもオススメです。
京都市営地下鉄烏丸線「四条」・阪急京都線「烏丸」駅から、烏丸通を北上し徒歩で5分ほどの近さにありますので、ぜひカメラを持って出かけてみましょう☆
私がいるMARUKA四条店も、この2つの駅から四条通を東へ徒歩3分行けばスグです。
大丸京都店の前をそのまま四条通沿いに東へ行って頂くと分かりやすいですよ♪







プロの現場を支え続ける「F」シリーズ

さて、本日のカメラ買取商品のご紹介は、Nikon(ニコン)のフィルムカメラ「F3」です。
ニコンのフィルムカメラの「F」シリーズと言えば、プロの現場で使用されるフラッグシップ機。
今はプロの現場でもほとんどがデジタルカメラとなりましたが、カメラ愛好家の間では通称「F一桁シリーズ」と呼ばれ、現在でもフィルムカメラの「F6」が現役として公式オンラインショップ・「ニコンダイレクト」から購入可能です。
そんなフラッグシップ機の3代目である「F3」。
発売は1980年に遡ります。
僕が1歳の時(笑)。

初めて電子制御式シャッター・絞り優先AEを搭載し、発売から20年という長きに渡って販売されたモデルです。
それだけあって、今回MARUKA四条店でお売り頂いたこの「F3」は、他のF一桁モデルの中でも"名機"と言われるほど。
実際に、「F3」は今もなおメーカーでメンテナンスを受け付けているほどなのです。
しかも、後継機種「F4」が発売されても並行製造販売され、「F5」が発売されてもやはり並行して製造販売が続き(同時に3機種がフラッグシップ機としてラインナップされ)、「F3」はF一桁シリーズの中でも最長の20年に渡って製造されました。
やはりそれだけ名機に相応しいカメラなのですね。






カメラのデザインにも徹底したこだわり

前機種「F2」に比べて、スタイリシュでどこかモダンな印象。
それもそのはずで、「F3」のデザインはあのアウディやアルファロメオのデザインを手がけたカーデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏が手掛けたものです。
出来るだけ無駄を省き、シンプルでありながら斬新でもあり、これまでの「F」や「F2」が撮影の道具としての武骨なイメージだったのに対して、ヨーロッパのモダンさを採り入れたカーデザイナーならではのデザインでも多くのファンを虜にしたと言われています。






バリエーション豊富な「F3」

一口に「F3」と言っても、実は様々な機種のバリエーションがあります。
F3ハイアイポイント・F3/T・F3AF・F3P・F3 リミテッド・F3H・F3クラシック・F3ラピタ2000メモリアルエディションと少し調べただけでもこんなに!
その上に、あのNASAからの要請を受けてF3をベースにした特殊モデルの「ビッグカメラ」なんてのもありました。
NASAから発注を受けるほどに世界から信頼のあるニコンのカメラなのです。






TTLメーターを内蔵

ファインダー内部が液晶化されTTLメーターを内蔵しています。
今のデジタル一眼レフカメラなら当たり前ですが、ファインダーをのぞきながら、シャッタースピード・撮影モードが確認でき、露出計も搭載しているので、撮影時の操作性の大幅な向上になりました。
そもそも液晶表示自体が当時は非常に画期的な事でした。
測光範囲が中央部重点のみに限られているので、完全にAEだけに頼ってしまうと反射の強い被写体では正確な露出を得られないので、当時はおまけ程度の機能として割り切られていたようです。






アイレベルファインダーDE-2

↑のように、取外し可能なファインダー部。
「F3」を語る上では、このファインダーの種類の多さも特徴として挙げられます。
こちらの「DE-2」はF3用ファインダーの中でベーシックなモデル。
コンパクトかつ軽量で大変な人気だったようですね。

その他にも、ハイアイポイントファインダーDE-3・オートフォーカスファインダーDX-1・ウエストレベルファインダーDW-3・DW-4・MD-4と、これまたたくさんのバリエーション!







中古市場で人気の「F3」

現在、フラッグシップ機の世代違いを併売しているカメラメーカーはほぼありませんが、この「F3」・「F4」・「F5」の3機種が同時に並行販売されていた時期が少しだけありました。
しかも、当時のカタログにちゃんと3機種が掲載されているのです。
それほどまでにこのF3の存在というのは、F一桁シリーズにとってはとてつもなく大きな存在なのですね。

20年に渡って販売され続けたF3は使用する部品の調達が困難になったなどの理由で、2000年に製造販売が終了しました。
つまり今もし部品があれば、その後も製造販売が続いていた可能性もあったということ。
そういった経緯もあり、中古市場では特にF一桁シリーズの中でも「F3」の人気が非常に高く、買取価格も高めに付くカメラです。



お父様の形見のカメラをお売り下さいました。

お客様のお父様が大切に愛用されていたというこの「F3」。
お父様はすでに天国に旅立たれていて、今までずっと形見として大切に使うことなくご自宅の中に飾っておられました。

『カメラがとにかく好きな親父でした。給料の1ヶ月分近くをはたいて買ったと自慢してました。と言っても家族を撮るんじゃなく、ほとんど風景写真でしたけどね(笑)』

私・たっちゃんは、自分以外の人が使っていたカメラを手に持つと、その持ち主さんの「心」をカメラを通して感じることがあります。
お客様の「F3」を手にした時、全身を温かなオーラーで包まれているような感じがしました。
まるで天国のお父様が優しい眼差しで、息子を見ているかのような。
子を想う親の気持ちに触れたような。

『親父がこのカメラを大切にしていたのは分かっていたのですけど、自分はカメラ自体にあまり興味ないし、使い方すら分からないから、形見として置いておこうと決めたんです。』

そんな大切な形見のカメラなのに、どうしてお売りになったのか。
それにはお客様の不思議な体験がありました。
昨年のお盆にお墓参りをされたその夜、お父様の夢をご覧になられたそうです。

いつも愛用のF3を片手に風景写真ばかり撮っていたのに、夢の中のお父様は小さな子供の頃のお客様をずっと一生懸命に撮っているのです。

『F3を持つ父が、近所の公園で遊んでいる僕を必死に撮っているんですよ。あれ?家族を撮るなんて珍しいなと思いながら。』

無邪気に笑って遊ぶ愛する我が子を、一心不乱に連写でパシャパシャと撮り続けていたそうです。
一通り撮影に満足したお父様が近づいてきて、優しくこうおっしゃいました。

『今までお前の姿を全然撮っていなかったのだけが心残りだったんだ。
でも今日これでスッキリしたよ。
このカメラもようやくお前を撮るという大役をこなしてくれたんだ。
このカメラはずっと長い間相棒として付き合ってくれたんだし、これからも新しい相棒のもとで、また別の大切な家族の写真を撮り続けるカメラであって欲しいんだ。
それがこのカメラにとっての幸せだからね。
幸せはおすそ分けしてみんなで回して行くものなんだよ。』

まるで本当に耳元で囁かれたように、はっきりとお父様の声が近くに聞こえたそうです。
形見として置いておいても、誰にも使われずに置いておかれるよりも、再びこのカメラを愛してくれる同じカメラ愛好家に使って欲しい。
そんなお父様の想いが伝わってきたそうです。

そこで、知人やご友人に譲ることを考えられましたが、ご自身の周りには肝心のカメラ愛好家がいません。
それで、買取専門店で売れば、また新たなご主人の元で幸せになれると考え、インタネット検索で弊社のカメラ買取ページを見つけて下さいました。



フィルムカメラでも買取価格が付きます。

こんな古いカメラだから買取価格が付かなかったらどうしよう。
長く使っていないから、故障していて修理すら出来なかったらどうしよう。
親父の想いを叶える事が出来ないかもしれない。
そんな色んなご心配を胸に、ご来店下さいました。

『こんな20年近く前のカメラでも、買取価格って付くんですか?』

もちろんです。
昔のフイルムカメラでも買取価格が付きます。
動作を確認すると、お父様が大切に使われていたのでしょう、とても軽快ないい音でシャッターが切れますし、状態も比較的綺麗です。
こういった古いカメラは使わずに長い間放置していると、動作不良や故障などで正常に動作しないことが多いのです。
きっと、ご自宅に形見として飾られている間も、お父様が天国から壊れないように見守ってくださっていたのでしょう。

現在のカメラ業界はデジタルカメラがメインとなっているので、デジタルカメラに比べるとフィルムカメラの多くは買取価格が低いです。
それでも、これまでに書いたように、特に「F3」を含めたF一桁シリーズは中古市場で人気が高いので、同じ時期の他のフィルムカメラよりも高い価格がつきます。

実際に買取価格をご提示すると、、、
『値段じゃないんですよ。親父の想いに気づかずにいて、今日やっと叶えられたのが嬉しいです。』

お父様の温かなオーラとお客様の想いがシンクロした素敵なお買取をさせて頂きました。
ありがとうございました。



カメラ・レンズの買取は、専任のカメラ査定士が在籍するMARUKA四条店へ

私・たっちゃんは四条店に在籍(日曜を除く)しておりますが、MARUKA全店舗でカメラ・レンズの買取に対応しています。
お気軽にお近くのMARUKAのお店にいらして下さい。
でも、せっかくなのでカメラ・レンズをお売りになる際には、ぜひ四条店へ(笑)
私のプロの確かな目で、確かな査定、確かな買取価格をお付けいたします。
MARUKA四条店は、四条烏丸から大丸京都店前を四条通沿いに東へ歩いて3分の距離。
堺町通りと柳馬場通りの間の北側にございます。
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅・阪急京都線「烏丸」駅(13番出口すぐ)・市バスなど交通アクセスも抜群♪
四条河原町方面からも、タカシマヤ京都店や寺町・新京極商店街の前を経由して10分ほどです。

オススメはご来店の前に、「MARUKAコールセンター」へお電話(フリーダイヤル:0120-89-7875)又は、「LINE査定」にてお問い合わせ頂くと、ご来店後のお手続きがスムーズに完了いたします。

MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875



大阪「MARUKA心斎橋店」がオープン! 神戸三宮にもまもなく!

2017年3月、大阪ミナミ・心斎橋の地に「MARUKA心斎橋店」がオープンいたしました。
さらに、5月には神戸・三宮にもMARUKAの新しいお店がオープン予定です。
心斎橋店は、長堀通と御堂筋が交差する「新橋交差点」から西へ行ってスグ。
大阪市営地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」からとても便利です。
梅田駅(キタ)から10分ほど。難波からなら散歩がてらに歩いても10分ほどです。
若者で賑わうアメリカ村からなら徒歩で5分ほど。
クリスタ長堀の地下街の「南14番」を上り、イタリア時計の「GAGA MILANO」が入るビルになります。

5月にオープン予定のお店は、JRの「三ノ宮」駅、神戸市交通局「三宮」駅、阪急・阪神なら「神戸三宮」と同じ場所なのに駅名がバラバラ(笑)
神戸ポートアイランドからポートライナーでアクセスも抜群ですね♪
神戸・三宮センター街やフラワーロード、中華街のある元町にも近い。
お洒落な街・神戸でもどうぞMARUKAをよろしくお願いいたします。


【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


****************************************************************************************************************************
「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
"Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

Please feel free to contact us!
And also we're looking forward to hearing from you.
[Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
****************************************************************************************************************************


MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
営業時間:AM10:00 ~ PM7:00

査定士

立岡 宏久

MARUKAで唯一のカメラ・レンズの専任査定士、そしてフォトグラファーでもあります。
記録「写真」より記憶「写心」をモットーに、買取だけでなく写真文化の育成のために、フォトグラファーの立場からお客様のそれぞれの写真ライフに合わせたなご提案やアドヴァイスもさせて頂いております。
カメラや写真に関すること(新しいカメラ・レンズの購入や撮影テクニックなどのご相談)など何でもお気軽にご相談ください♪
【京都写心ブログ 】 https://maruka-camera.localinfo.jp/

査定士

line@で査定

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ