迷ったらまずはお気軽にお電話下さい

0120-897-875

お客様センター受付時間

10:00-19:00(年末年始を除く)

test-シャネル-マトラッセ

シャネル マトラッセ 高価買取

CHANEL MATELASSE expensive purchase

マトラッセといえば、小ぶりのショルダータイプで、キルティングのような格子状の縫い目が特徴的です。留め具部分の高級感あふれるココシャネルのマークもポイントとなっています。マトラッセが登場したことで、世界中の女性はショルダーバッグに夢中になりました。幅広い年齢層の女性に支持されており、高額買取を実現しているMARUKA(マルカ)でも人気が高まっていることがわかります。需要の高い商品ですから、高額で買取させていただきます。

リード文が入りますリード文が入ります

本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト 本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト 本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト 本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト本文テキスト

Expensive purchase prices

もっと見る

Expensive purchase prices

もっと見る

Expensive purchase prices

もっと見る

Expensive purchase prices

もっと見る

Points of expensive purchase assessment

ギャランティカードや付属品、箱などがあれば<br />
ご一緒に持参してください。

POINT 01

ギャランティカードや付属品、箱などがあれば
ご一緒に持参してください。

シャネル(CHANEL)のバッグや財布にはギャランティカードやシリアルシールがあって製造年式がわかるようになっています。他、購入した時の箱や保存袋が揃っていると買取価格がUPします。もちろん無くても買取できますが、シャネル(CHANEL)買取においてセットの方が高価買取は確実です。

汚れを落として買取ランクをアップ。<br />
ただし、無理なメンテナンスは禁物。

POINT 02

汚れを落として買取ランクをアップ。
ただし、無理なメンテナンスは禁物。

レザーグッズやアクセサリーはその特性から、使用するほど劣化します。汚れたまま査定に出すと使用感で低く見積もられる場合があるので、取れる範囲の汚れや手垢は軽く掃除しておきましょう。もし傷つける恐れがある時には無理は厳禁です。シャネル(CHANEL)高価買取の秘訣は日ごろのメンテも重要です。

おまとめ査定ならさらに査定額が上がります。<br />
買取カテゴリが違っても大丈夫!

POINT 03

おまとめ査定ならさらに査定額が上がります。
買取カテゴリが違っても大丈夫!

シャネル(CHANEL)以外の別のブランドでも、一度に複数お売りいただけると査定額が上がります。ブランド品以外の宝石や毛皮、お酒、時計などでもOKです。量が多い、重たい場合は宅配買取や出張買取が便利です。店頭と全く同じ高価買取をお約束します。

あなたにピッタリの査定・買取方法

お近くのマルカ店舗を探す

関東エリア
関西エリア

test-シャネル-マトラッセ
高価買取 Q & A

シャネルも多くのファッションブランドと同じくフランス発祥です。1909年にココ・シャネルが女性用の帽子店として開業、1910年にその後シャネルの人気ラインの名称の基ともなる「パリ1区カンボン通り」に「シャネル・モード」という防止専門店を開店しその後オークルチュール、アパレルブランドとして花開きます。1921年には現在も人気ある香水「No.5」を販売開始、その後はみなさんご存知の通りバッグや小物などの革製品からあらゆる生活雑貨にまで展開し世界中の女性を虜にしています。

かつてはマトラッセのチェーンショルダーは年齢層が高めの婦人が持つイメージでしたが現在では若い方から長く愛用されている妙齢のご婦人まで幅広い層に指示されています。またクロスステッチのものだけでなく若い層に人気のボーイシャネルなど展開が多いのもシャネルの特徴でどんなアイテムでも人気となっているためにシャネル買取においても高価買取の対象となっています。
また最近では定価の上昇や若い層からの指示もあってシャネル中古市場は非常に活況を帯びており最新アイテムだけでなく20年や30年前のマトラッセでも高価買取となっております。

シャネル(CHANEL)という名称は創業者のガブリエル・ボヌール・シャネルより来ています。またココシャネルとも呼ばれていますが「ココ」はガブリエルがシャネルを創業する前に歌手として活動していたことがありその時の愛称が「ココ」であったことからそう呼ばれています。
また最初のココマークは1921年に登場した今でもシャネルを代表する香水「No.5」のパッケージに初採用されその後少しの変更はされましたが100年以上もシャネルのロゴとして使用されています。この2つのCが重なったマークはココシャネルのイニシャルから来たものとされています。

世界的にも服に黒を使うのは喪服をイメージさせますがシャネルはこれを「モード色」として積極的に自分のブランドに取り入れました。またシャネル自身が真珠を愛し、アクセサリーにもゴールドメッキと同じく積極的に取り入れこれが映える色であったということもあるかもしれません。実際喪服に真珠のアクセサリーは普遍的な装飾として取り入れられています。
その後赤や青などの現職のアイテムもありますがやはり世界中で黒と言えばシャネルというイメージとなり、またファッションに黒を取り入れる事もシャネルから始まったといえるかと思います。

これはどのブランドでも同じことが言えるのですが「定番商品」が一番良いと思います。長く使えるもの、そして長く人気があり売れている物。シャネルのバッグの場合ですとやはりマトラッセのチェーンショルダーが一番人気で大きなロゴが無くても誰が見てもシャネルとわかるブランドアイコンになっています。その他ボーイシャネルやキャンバス素材のバッグも今は人気ですが現在はシャネル全般が入手困難となっている状況ですので様々なアイテムの買取相場が高騰しています。

単純に言えば「綺麗な方が高く買取できます」日頃から大事に使われていると売る時に査定が高くなります。表面の傷や汚れだけでなく女性がお使いになる事が多いので香水や化粧品を内側にこぼして汚れや臭いがつくと査定はマイナスになります。臭いで言えばおタバコを吸われる方も気を付けた方が良いですしボールペンなどの跡はメンテナンスでも取りにくいので評価は下がります。
あとはシャネルのバッグやお財布の場合はギャランティーカードが付属しているのでそのカードやその他の付属品も揃っている方が評価は高くなります。

現在中古シャネル買取相場はかつてないほど高騰しています。元々ここ数年アンティークブーム等で古いシャネルのアイテムの買取相場が上がってきているうえに世界中で人気が高まりブティック店頭でなかなか新品が手に入らない事、さらには円安などの影響で定価がドンドン上昇していることなどから中古市場でのシャネルのバッグの人気も過熱し、買取価格も上昇しています。またアクセサリー類やアパレルなども日本では流行が過ぎたデザインの物が中国や東南アジアで人気となり相場高騰の要因となっています。

シャネルは本当にアイテムの種類も数も多いブランドです。バッグや財布以外にも時計はセラミック製のJ12を始め大人気のプルミーエル。アクセサリーやジュエリーも人気ですしアパレルに関してはツイードのスーツは世界中で大人気。またパンプスやスニーカーも現在需要が高く他にも生活雑貨までラインナップにあるシャネルはどのアイテムも大変人気となっていますので使っていない物があれば是非MARUKA(マルカ)までお持ち下さい。