ナイキ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
ナイキ 高価買取はマルカ ナイキ 高価買取はマルカ

ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー(NIKE)」から命名され、その特徴的なロゴ「スウッシュ(スウォッシュではない)マーク」が
当時ポートランド州立大学の学生であったキャロラインに依頼されて制作されていたのは有名な話で、その対価としてキャロラインが
受け取ったのが35ドルというのも有名な話である。 キャロラインはそのまま創立期のナイキでデザインを担当しデザイン制作が代理店に移行されるまで活躍した。
そして1983年にはダイヤモンドがちりばめられたNIKEのロゴリングが送られ数量は非公開だが株も与えられたと言われています。MARUKAではナイキ買取も行っています!

店頭買取
店頭買取

買取強化中アイテム

  • 高級紳士靴
    高級紳士靴
  • スニーカー
    スニーカー
  • ブーツ
    ブーツ
  • ブーティ
    ブーティ
  • ショートブーツ
    ショートブーツ
  • ロングブーツ
    ロングブーツ
  • サンダル
    サンダル
  • ミュール
    ミュール
  • パンプス
    パンプス
  • ローファー
    ローファー
  • スリッポン
    スリッポン
  • レインブーツ
    レインブーツ

こんなシューズでもマルカにぜひご相談くださいMARUKA'S POINT

マルカは、ジャンク品でも査定できます。

  • 傷がある
  • 付属品無し
  • 古いデザイン

そんな状態でもしっかり査定致します。
マルカにお任せください!

シューズイメージ

できるだけ高く
買ってもらうコツ

  1. points01

    専用の箱入り

    査定前に手入れをする事が高価買取につながります。

  2. points02

    新作や人気のあるモデル

    ブーツは秋冬など季節に合わせて売るとプラス査定です。

  3. points03

    セット

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。
    一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  4. points04

    クローゼット

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。
    一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  5. points05

    数点まとめて

    使用済みのシューズでもお買取り可能です。

  6. points06

    お手入れ

    お手入れが難しい部分は
    無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。
    商品のコンディションで査定額が左右されます。

取扱シューズ一覧BRAND LIST

こちらのブランドは特に強化買取中です

その他の取扱ブランドOTHERS

店頭買取
店頭買取
MARUKAのナイキ買取について

ナイキはオレゴンに本社を置き1968年にニューヨーク証券取引所に上場されました、世界中に広がる総合スポーツメーカーで名前の由来はこれまた有名な話であるが当時の社員、ジェフ・ジョンソンがギリシャ神話の勝利の女神を見たことからと言われている。

当初はスタンフォードの学生であったフィル・ナイトとオレゴン大学の陸上コーチであったビル・バウワーマンがブルーリボンスポーツ(BRS)という会社を作り、日本から現アシックスの「オニツカタイガー」のランニングシューズを輸入して売っていたのが始まりである。そしてより収益性を高める為、靴の自社生産を計画。オニツカから技術者などを引き抜いてオニツカタイガーのライバルである福岡のアサヒコーポレーションで靴を作らせ、ナイキの名前で発売した、と実はナイキの設立に関しては日本は深くかかわっているのである。

スウッシュマークは1971年にナイキのロゴとして商標登録されている。
これは社名でもあるニーケーの翼をモチーフとしており躍動感やスピード感を象徴としておりスポーツブランドとしてのナイキをよく表し、非常に単純なロゴながら今や地球上のどこへいっても一目で「NIKE」と分かるデザインとなっている。

1971年にレザーコルテッツを発表、コルテッツは現在でも生産されているナイキを代表するモデルとなり素材はレザー・ナイロン・スウェード等があり、バリエーションは多岐にわたる。
1981年にはNIKEの代名詞となった「エアー」シリーズが登場、1982年にはそのエアーを搭載し、現在も続く大人気シリーズとなった「AF1(エアーフォース1)」シリーズが発売開始となる。
また1985年には超大ヒットシリーズとなる「エアージョーダン」シリーズの第一号、「エアージョーダンⅠ」が発売。以後ほぼ1年に1度のモデルチェンジ、そして最近ではリバイバルなども加え素材、色違いまたは限定のショップとのコラボなど合わせると把握しきれないほどの大ヒットとなった。

もう一つの大ヒットシリーズと言えば「エアマックス」シリーズがありこちらは1987年からの発売開始であったがAir Maxの名を響かせたのは1995年発売の「エアーマックス95」である。当時は入手が難しく、少年たちがまるで強盗のように通りすがりの物から強奪する「エアマックス狩り」という言葉が産まれるほどの社会現象となった。

またナイキは創業当時の日本で揉めた形態のまま、すなわち「自社工場を持たない」というスタイルのまま経営を継続している。また販売店の買取制として自社においては不要な在庫をなるべく持たないように、そして生産においては少しでも安いコストで生産できるように、という思いで操業しているが時にそれは東南アジアなどの工場での異常なまでのコスト競争を招き、それにより労働環境の悪化や児童就労などの問題を起こしてしまっている。また少しでもコストが安ければ今までの何年ナイキの製品を作っていようが関係なく次のロットからの生産を他所へ発注してしまう等の行為があるので下請け工場の経営を左右する事も多く問題が多発した時期もあった。

限定スニーカー
店頭買取
店頭買取

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる