楽器高価買取|京都のMARUKA(マルカ)

お電話0120-02-8692
マルカログイン

Music Man(ミュージックマン)

Music Man(ミュージックマン)の買取ならMARUKA楽器にお任せください。
MARUKA楽器公式twitter MARUKA楽器公式Instagram MARUKA楽器YouTubeチャンネル ドラゴンゲート デジマート ヤフオク! LINE@で無料査定 Tポイント 求人

Music Man(ミュージックマン)

USAのエレキギター・ベースメーカーの老舗ブランド、Music Man(ミュージックマン)は、古くは1970年代に立ち上げられたメーカーです。Music Man(ミュージックマン)は、Fender(フェンダー)創設者であるレオ・フェンダーを中心として立ち上げられたブランドそして非常に有名であり、既にエレキギター業界において圧倒的な認知度とシェアを誇っていたFender(フェンダー)の知名度が後押しする形となって、非常に高い注目度を誇るブランドでした。
また、レオ・フェンダー自身が強い願望の元立ち上げたメーカーで、技術者、開発者としてギター製作に携わっています。エレキギターを生み出した彼が製作している当時のヴィンテージのそれは、非常に価値が高い物として取り扱われています。

エレキベースであるSting Ray(スティングレイ)を発表したのち、その個性的なサウンドと構造によって更に知名度を確固たるものとしたMusic Man(ミュージックマン)は、その後も多数のベース、ギターを生み出していくに至ります。Sting Ray(スティングレイ)、Sterling(スターリン)の両モデルは現在でも非常に高い人気のあるモデルで、エレキベースの中での代表モデルをあげれば、必ず名が上がるモデルといえるでしょう。

Music Man(ミュージックマン)を代表するエレキベース、Sting Ray(スティングレイ)は、ハムバッカータイプのピックアップを使用しており、Fender Jazz Bassをはじめとするシングルコイルのベースとは、一線を画する全く別物のサウンドを持っていました。中低音が前に飛び出してくるようなパワーがあって、非常に主張の強いそのサウンドはロックを初めとした当時の音楽シーンにもマッチングしており、数々のアーティストに愛されていました。そしてその人気は現代まで続くものとなっており、アクティブベースの頂点といえるほどの人気を博しています。特にスラップを多用するプレイヤーには特に愛される、モダンベースとして名を馳せているのです

MARUKA楽器(マルカ楽器)ではMusic Man(ミュージックマン)のベースを高価買取をさせて頂いております。買取についてのご相談は、是非ともMARUKA楽器までお問い合わせくださいませ。

ジャンク品でも査定できます

売りたい楽器から探す

買取価格を知りたい

どちらの査定方法も手数料無料。まずはお気軽に査定をお試しください。

LINE@査定をご利用ください

楽器を売りたい

どの買取方法も手数料無料。3つの買取方法からお客様のご要望にあわせてお選びください。

MARUKA楽器 店舗

MARUKA楽器 四条店

年中無休(年末年始を除く)
営業時間 AM10:00~PM7:00
電話   0120-02-8692

京都市下京区立売中之町100-2
阪急京都線「烏丸駅」13番出口すぐ、京都大丸東へ約100m

詳しくはこちら >

MARUKA楽器 七条店〈買取専門店〉

年中無休(年末年始を除く)
営業時間 AM10:00~PM7:00
電話   0120-89-7875

京都府京都市下京区西七条南衣田町78-3
JR京都線 西大路駅 徒歩15分、店舗南側にお客様専用駐車場完備

詳しくはこちら >

電話番号

line@査定

楽器を売ってTポイントが貯まります