Orloff(オルロフ・ダイヤモンド)189.62ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Orloff(オルロフ・ダイヤモンド)189.62ct買取

Orloff(オルロフ・ダイヤモンド)189.62ct

>

MARUKAは Orloff(オルロフ・ダイヤモンド)189.62ct買取にこだわります。

Orloff(オルロフ・ダイヤモンド)189.62ct

この卵を半分に切ったような形状の「海の太陽」と呼ばれたブルーダイヤモンド「Orloff(オルロフ)」が発掘された場所、年代は正確には伝わっていませんが現在はロシアの貴人が持つ「笏(しゃく)」と呼ばれる杖のような物にはめ込まれクレムリン博物館に収められています。

このOrloff(オルロフ)ダイヤモンドには様々な呪いの伝説があり、まずはなによりその出自から謎に包まれています。1774年アムステルダムの市場にてロシア貴族グレゴリ・オルロフ伯爵が45万ドルという当時では小さな国なら買えたといわれるような高値で買取されたオルロフダイヤモンド。それまでの経歴はわからない謎のダイヤモンドなのですが、ムガール帝国がかつて持っていた787カラットもの大きさの「グレートムガール」ではないかと言われています。このグレートムガールの生い立ちも諸説ありますが、インドのスリランガムの寺院の女神の像の片目にはめ込まれていたものをフランスの脱走兵が盗み出してマドラス経由でイギリス軍の保護下に入ってそのイギリス人船長に買取られ、さらに宝石商ガーデンに買取されてダイヤモンドは売り手から売り手へ渡りアムステルダムのオークションにたどり着きました。元々はペルシャの王がデリーを攻め落としたときに宝物庫にあったものを持ち帰ったなどの説があります。

出自は諸説様々ですがなんにせよ1774年にOrloff(オルロフ)ダイヤモンドを手に入れたオルロフ伯爵は当時のロシア女帝エカテリーナ2世にそれを進呈し、エカテリーナ2世がそれを笏にはめ愛用しました。オルロフ伯爵はエカテリーナ2世と恋仲でありましたが、薄れてきた女帝の愛情を取り戻すため超高額のダイヤモンドを手に入れて献上し、一時はその愛も復活したかのように見えましたがのちに捨てられ、破産して最後は狂い死にしてしまいます。またエカテリーナ2世が死去したのち王位とともにこのオルロフダイヤモンドを受け継いだ工程は6人いましたが、そのうち3人は暗殺され、残る3人も不自然な死を遂げています。
ホープダイヤモンドといいこういった大きなダイヤモンド、特にブルーダイヤモンドには呪いの伝説がつきものですが、もともと女神像にはめられ信仰の対象とされていたという説もこの呪いの伝説を聞くとあながち嘘だとも思えません。
ちなみに女神像からフランス人兵士も殺害され、受け継いだイギリス人船長も病気からアル中、そして発狂死。さらにその船長からオルロフを買い取った宝石商は強盗に殺されるなどかかわるすべての人間を不幸にしてきました。

所有者だけでなく関わる全ての人を不幸にしてきたという伝説のブルーダイヤモンド「Orloff(オルロフ)」、呪いのダイヤモンドで同じく有名なホープダイヤモンドが45.50ctですのでその4倍近い大きさの特異な形状をしたダイヤモンドを見てみたいものです。

マルカ(MARUKA)ではこのOrloff(オルロフ)ダイヤモンドほどの大きなダイヤモンドを扱ったことはございませんが、日々多数のダイヤモンドを買取させていただいております。それはMARUKAの始まりが京都で昭和28年から続く質屋であったこと、質屋として宝石類の鑑定・査定・買取は必須でその経験と知識が脈々と引き継がれてきたことにより現在でも査定士はダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイアの鑑定・査定の修練に日々取り組んでおりその確かな鑑定眼は有名です。ブランド品や時計に関してはインターネットがあれば相場を調べることは可能ですが、宝石、特にダイヤモンド買取に関しては実物を手に取りしっかりとした指導者の元勉強しないと身につくものではありません。
現在MARUKAは京都市内の西院・西七条、四条大宮・四条烏丸・河原町、松ヶ崎・北山通と5点に加え、新たな関西の拠点として2017年3月に大阪・心斎橋にも新店舗をオープンいたします。これにより大阪の南部、堺・中百舌鳥方面から天王寺、あべのなどからも地下鉄御堂筋線で一本、同じく北の江坂や東三国、新大阪や中津そして大阪梅田からも楽にアクセスできます。なお心斎橋店は地下鉄心斎橋駅を出てクリスタ長堀南14番出口を出てすぐ。
さらにMARUKAは東京にも進出、銀座本店は有楽町・東京駅方面からも新橋・新富町方面からもアクセスしやすい銀座5丁目のマツモトキヨシビルにあり、渋谷店はハチ公や道玄坂方面とは反対側の宮益坂下交差点から1分という好立地で新宿や池袋方面のお客様にも多数ご利用いただいております。
さらには九州は福岡、博多・中州と並ぶ繁華街、特にお買い物のお客様が多い天神地区の天神西通りと国体道路の交差点近くの天神田中ビルに福岡天神店があり、こちらも西鉄福岡駅からすぐとなっています。
全国にちらばる店舗、出張買取、宅配買取で全国対応のMARUKA、熟練の査定士があなたの大切なダイヤモンド・宝石を高価買取いたします。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    千葉県
    50/女性

  • ふきだし
  • ヨージヤマモトもお買取りしておりますか?

    海外ブランドではなく日本のヨージヤマモトなどのお買取りは可能でしょうか。

  • ご質問ありがとうございます。 ヨージヤマモトさんも今では世界的に知られたブランドで需要はありますので、お買取り可能でしっかりお値段お付けできます。 マルカではブランドアパレルも高額買取おこなっておりますので、お気軽にお査定にお越しくださいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

  • お客様イメージ

    滋賀県
    30/女性

  • ふきだし
  • ダイヤモンドを売りたいのですが

    かなり古い物で汚れてます。 こんな物でも売れますか?

  • こんにちはマルカ四条店の富築です はい、マルカはダイヤモンド買取に長けております。 汚いと言いますがダイヤは洗えばすぐ綺麗になりますのでご安心を 洗浄もこちらで可能ですのでそのままお持込みいただければOKです 京都は四条烏丸、四条河原町付近でダイヤ売るならマルカへ 大丸、高島屋、マルイ付近で売却お任せ下さい 伏見、亀岡、山科からも来店あり

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • ブランドの使用済みシューズは値段つきますか?

    ブランドの使用済みシューズは値段つきますか?

  • ご質問ありがとうございます。 マルカ渋谷店でございます。 中古のシューズのこの質問はよくありますが、基本は買取できます。 ブランドや状態によっては金額が付かない場合も正直ありますが、まずは一度お持ち下さい。 なるべく金額付けてお買取りいたします。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ