Hope Diamond(ホープダイヤモンド)45.52ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Hope Diamond(ホープダイヤモンド)45.52ct買取
Hope Diamond(ホープダイヤモンド)45.52ct

Hope Diamond(ホープダイヤモンド)45.52ct

Hope Diamond(ホープダイヤモンド)は、正式名称Fancy Deep Greyish-Blueという濃い青色45.52カラットあり肉眼ではブルーに見えますがホウ素を含んでいるため紫外線にさらされたあと暗所に移すと赤色になります。
 このダイヤモンドは17世紀中頃にフランス人のダヴェルニエがインドの当時の王国ゴルコンダ王国を訪問しているときに手に入れと言われています。それがルイ14世に献上されフレンチ・ブルー(French Blue)と呼ばれる67カラットのサイズにリカットされその後1792年のフランス革命のさ中、王室の宝物庫に盗みに入った窃盗団により持ち去られたとか、その時点ですでにこのフレンチ・ブルーは見当たらなかった等と言われ歴史の舞台から姿を消します。
 時も場所も変わり1812年にイギリスのダニエル・エリアーソン(Daniel Eliason)というダイヤモンド商人が持っていたブルーダイヤモンドが現在のHope Diamond(ホープダイヤモンド)の源流とされていますがいまいちはっきりとしません。
 Hope Diamond(ホープダイヤモンド)といえば呪いのダイヤモンドとして有名ですが上記の説と少し違い1645年にタベルニエという宝石商がインドの鉱山でブルーダイヤモンドを購入し、それをフランスに持ち帰ったという説もあります。インドの川で農夫が見つけたという説もありますし、少なくともインド産であったことだけは確かなようです。
 いずれにせよこれを手にしたルイ14世は財政悪化に悩まされ、そのダイヤを受け継いだお妃のマリー・アントワネットは断頭台(ギロチン)にかけられたりと不幸が続いたとされます。さらに1830年には銀行家、ヘンリー・ホープが入手。彼がなくなった後妻から息子、孫へと相続されるが孫の代で破産。その後ロシア貴族の手にわたるが謎の死、さらにさらに1900年代に入りこれを手に入れた宝石商は自動車事故で亡くなり、これを売り先だったトルコ王は革命で廃位、そしてアメリカに渡ったHope Diamond(ホープダイヤモンド)の持ち主であったマクリーン夫人は息子が車にはねられ、娘は自殺、夫はアルコール依存症と不幸のオンパレード。
 もともとはやはりとある寺院の女神シータ像の片目にはめられていたHope Diamond(ホープダイヤモンド)を盗んで持ち帰ったので、その寺院の僧侶たちが呪いをかけた、という話がひろまったようですが今まで紹介した通り、まず出自自体に所説あるので呪いといってもただの偶然といっていいと思います。
 しかしその「呪い」という話が真実味を帯びるほど怪しく美しい宝石だったことは間違いないと思います。確かにホープ家が手放してから50年の間に8回も所有者が変わったり、マリリンモンローが着けたから彼女も変死したなどと言われてますが最終的にはニューヨークの宝石商ハリー・ウィンストンによって買取られて、その後スミソニアン博物館(の中の国立自然史博物館)に寄贈、展示されています。
 いずれにせよダイヤモンド買取を職業にしている私達ですので一度はこのHope Diamond(ホープダイヤモンド)を見てみたいものです。そして通常ダイヤモンド生成時に含まれることはないといわれるホウ素、それを含みアレキサンドライトのように変色するダイヤモンドを是非見てみたいものです。
 マルカは京都で昭和28年に創業した質屋が母体です。現在では東京の有楽町と新橋の間、銀座5丁目に銀座本店、池袋や新宿方面も担当する渋谷店、福岡の天神店は天神西通りと国体道路が交差するアップルストア福岡がある交差点のそばにあります。2017年3月にオープンした大阪の心斎橋店は長堀と御堂筋の交差点から西へ30m、地下鉄御堂筋線の心斎橋駅を出てクリスタ長堀の南14番出口を上がっていただいたらすぐです。
 さらには神戸、三宮に元町方面にも進出予定、もちろんそれぞれを拠点とした出張買取サービスがありますので関東一円、関西一円、九州だけでなく中国四国地方、東北など日本全国でご利用いただけます。
 あなたの大切なダイヤモンド、高く売るならMARUKAです。

MARUKAはダイヤモンド買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

Hope Diamond(ホープダイヤモンド)は、正式名称Fancy Deep Greyish-Blueという濃い青色45.52カラットあり肉眼ではブルーに見えますがホウ素を含んでいるため紫外線にさらされたあと暗所に移すと赤色になります。
 このダイヤモンドは17世紀中頃にフランス人のダヴェルニエがインドの当時の王国ゴルコンダ王国を訪問しているときに手に入れと言われています。それがルイ14世に献上されフレンチ・ブルー(French Blue)と呼ばれる67カラットのサイズにリカットされその後1792年のフランス革命のさ中、王室の宝物庫に盗みに入った窃盗団により持ち去られたとか、その時点ですでにこのフレンチ・ブルーは見当たらなかった等と言われ歴史の舞台から姿を消します。
 時も場所も変わり1812年にイギリスのダニエル・エリアーソン(Daniel Eliason)というダイヤモンド商人が持っていたブルーダイヤモンドが現在のHope Diamond(ホープダイヤモンド)の源流とされていますがいまいちはっきりとしません。
 Hope Diamond(ホープダイヤモンド)といえば呪いのダイヤモンドとして有名ですが上記の説と少し違い1645年にタベルニエという宝石商がインドの鉱山でブルーダイヤモンドを購入し、それをフランスに持ち帰ったという説もあります。インドの川で農夫が見つけたという説もありますし、少なくともインド産であったことだけは確かなようです。
 いずれにせよこれを手にしたルイ14世は財政悪化に悩まされ、そのダイヤを受け継いだお妃のマリー・アントワネットは断頭台(ギロチン)にかけられたりと不幸が続いたとされます。さらに1830年には銀行家、ヘンリー・ホープが入手。彼がなくなった後妻から息子、孫へと相続されるが孫の代で破産。その後ロシア貴族の手にわたるが謎の死、さらにさらに1900年代に入りこれを手に入れた宝石商は自動車事故で亡くなり、これを売り先だったトルコ王は革命で廃位、そしてアメリカに渡ったHope Diamond(ホープダイヤモンド)の持ち主であったマクリーン夫人は息子が車にはねられ、娘は自殺、夫はアルコール依存症と不幸のオンパレード。
 もともとはやはりとある寺院の女神シータ像の片目にはめられていたHope Diamond(ホープダイヤモンド)を盗んで持ち帰ったので、その寺院の僧侶たちが呪いをかけた、という話がひろまったようですが今まで紹介した通り、まず出自自体に所説あるので呪いといってもただの偶然といっていいと思います。
 しかしその「呪い」という話が真実味を帯びるほど怪しく美しい宝石だったことは間違いないと思います。確かにホープ家が手放してから50年の間に8回も所有者が変わったり、マリリンモンローが着けたから彼女も変死したなどと言われてますが最終的にはニューヨークの宝石商ハリー・ウィンストンによって買取られて、その後スミソニアン博物館(の中の国立自然史博物館)に寄贈、展示されています。
 いずれにせよダイヤモンド買取を職業にしている私達ですので一度はこのHope Diamond(ホープダイヤモンド)を見てみたいものです。そして通常ダイヤモンド生成時に含まれることはないといわれるホウ素、それを含みアレキサンドライトのように変色するダイヤモンドを是非見てみたいものです。
 マルカは京都で昭和28年に創業した質屋が母体です。現在では東京の有楽町と新橋の間、銀座5丁目に銀座本店、池袋や新宿方面も担当する渋谷店、福岡の天神店は天神西通りと国体道路が交差するアップルストア福岡がある交差点のそばにあります。2017年3月にオープンした大阪の心斎橋店は長堀と御堂筋の交差点から西へ30m、地下鉄御堂筋線の心斎橋駅を出てクリスタ長堀の南14番出口を上がっていただいたらすぐです。
 さらには神戸、三宮に元町方面にも進出予定、もちろんそれぞれを拠点とした出張買取サービスがありますので関東一円、関西一円、九州だけでなく中国四国地方、東北など日本全国でご利用いただけます。
 あなたの大切なダイヤモンド、高く売るならMARUKAです。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること