Black Orlov(ブラックオルロフ) 67.5ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Black Orlov(ブラックオルロフ) 67.5ct買取
Black Orlov(ブラックオルロフ) 67.5ct

Black Orlov(ブラックオルロフ) 67.5ct

Black Orlov(ブラックオルロフ)は、1951年のアメリカ自然史博物館、1964年のテキサス州立博覧会、1967年のヨハネスブルグのダイヤモンドパビリオンでのファインジュエリー&ギフトのワンダフルワールド等で広く展示されていました。Black Orlov(ブラックオルロフ)は、19世紀のブラフマ像の目として使用された195カラットの石の一部であったことから、『ブラフマダイヤモンドの目』としても知られているダイヤモンドです。当初、195カラットのダイヤモンドは、19世紀初めにインドで発見されました。
伝説によると、Black Orlov(ブラックオルロフ)は、ナジア・ヴィージン・オルロフという王妃が所有しておりロシア革命時の亡命資金として売り払われたとか言われますが何一つはっきりとしない来歴が謎の67.5カラットのクッションカット、ブラックダイヤモンドになります。
このダイヤモンドはCharles F.Wilson(ウィルソン)により、195カラットから約半分の大きさにカットされました。1932年、Black Orlov(ブラックオルロフ)はJWパリによりアメリカに持ち込まれました。現在、Black Orlov(ブラックオルロフ)はトータル124カラットのダイヤモンドネックレスに取り付けられています。Black Orlov(ブラックオルロフ)には、『呪われたダイヤモンド』とも言われています。僧侶が『ブラフマの目』からBlack Orlov(ブラックオルロフ)を盗んだ後、宝石が呪われているという噂が流れました。人々は神がダイヤモンドに触れた全ての人を呪うという噂を信じていました。僧侶がダイヤモンドを盗んだために修道士が殺されたと言われています。ですがこのての「神像から盗まれ、呪いがかかった」ダイヤモンドの話はそれこそ「ほぼすべての大型のインド産ダイヤモンド」に存在する伝説です。
JW ParisがBlack Orlov(ブラックオルロフ)を所有した時に、彼のビジネスは失敗の連続でした。Black Orlov(ブラックオルロフ)を売却してから約1年後、彼はマンハッタンの高層ビルから飛び降り、命を落としました。
Black Orlov(ブラックオルロフ)は謎が多いダイヤモンドであり、未だに解決されていない事件にも深く関わっているとされています。なによりこのダイヤモンドにはクッションカットが施されているのですが、このダイヤモンドが登場したといわれる1世紀以上前にはまだこの技法は存在していませんでした。また先に登場したナジア・ヴィージン・オルロフという王妃も実在はしていません。根本的に「インドでブラックダイヤモンドを産出したという記録がない」というがとてもミステリーですね。
 通常の私たちのダイヤモンド買取ではブラックダイヤモンドにはあまり価値は見出しません。一時の流行としてはやりましたがやはりダイヤモンドは無色透明が基本、さらにはブルーやピンクなどの珍しい発色のダイヤモンドは重宝されますがブラックダイヤモンドは価値が高いとは言えません。それでもこのBlack Orlov(ブラックオルロフ)ぐらいの大きさで美しさとなると逆に通常の相場価格というのは通用せず、まさに一つの美術品・工芸品としてオークションでその時その時に価値が決定します。
 MARUKAは京都で昭和28年から続く老舗の質屋です。現在では京都の発祥の地にMARUKA WATCHと道路を挟んで向かいに七条店があり、西院から西大路を伝い七条通、西京極や南区の人もご利用いただき、西院から四条通に沿って丹波口四条大宮と続く四条通沿いの大宮交差点手間に大宮店、堀川通を超え四条烏丸、大丸と来て堺町通と柳馬場の間に四条店。北区の北山通り、地下鉄の松ヶ崎駅そばに北山店があります。東京にまいりますと銀座本店はちょうど有楽町と新橋の間ぐらい、銀座5丁目の服部時計のそばのマツモトキヨシビルの6階です。渋谷店は渋谷の北東角の宮益坂下交差点内、駅から1分です。福岡天神店は多数の百貨店やモールがあつまる天神地区、中州からも博多からもすぐですがその中のアップルストア福岡のそばにあります。
 大阪の心斎橋店は地下鉄御堂筋線の心斎橋駅を出てすぐ。長堀通りと御堂筋の交差点から西へ1分の南側です。また今後は神戸の三宮や元町方面にも出店を予定しています。あなたの大切なダイヤモンド、是非マルカにおかませください。

MARUKAはダイヤモンド買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

Black Orlov(ブラックオルロフ)は、1951年のアメリカ自然史博物館、1964年のテキサス州立博覧会、1967年のヨハネスブルグのダイヤモンドパビリオンでのファインジュエリー&ギフトのワンダフルワールド等で広く展示されていました。Black Orlov(ブラックオルロフ)は、19世紀のブラフマ像の目として使用された195カラットの石の一部であったことから、『ブラフマダイヤモンドの目』としても知られているダイヤモンドです。当初、195カラットのダイヤモンドは、19世紀初めにインドで発見されました。
伝説によると、Black Orlov(ブラックオルロフ)は、ナジア・ヴィージン・オルロフという王妃が所有しておりロシア革命時の亡命資金として売り払われたとか言われますが何一つはっきりとしない来歴が謎の67.5カラットのクッションカット、ブラックダイヤモンドになります。
このダイヤモンドはCharles F.Wilson(ウィルソン)により、195カラットから約半分の大きさにカットされました。1932年、Black Orlov(ブラックオルロフ)はJWパリによりアメリカに持ち込まれました。現在、Black Orlov(ブラックオルロフ)はトータル124カラットのダイヤモンドネックレスに取り付けられています。Black Orlov(ブラックオルロフ)には、『呪われたダイヤモンド』とも言われています。僧侶が『ブラフマの目』からBlack Orlov(ブラックオルロフ)を盗んだ後、宝石が呪われているという噂が流れました。人々は神がダイヤモンドに触れた全ての人を呪うという噂を信じていました。僧侶がダイヤモンドを盗んだために修道士が殺されたと言われています。ですがこのての「神像から盗まれ、呪いがかかった」ダイヤモンドの話はそれこそ「ほぼすべての大型のインド産ダイヤモンド」に存在する伝説です。
JW ParisがBlack Orlov(ブラックオルロフ)を所有した時に、彼のビジネスは失敗の連続でした。Black Orlov(ブラックオルロフ)を売却してから約1年後、彼はマンハッタンの高層ビルから飛び降り、命を落としました。
Black Orlov(ブラックオルロフ)は謎が多いダイヤモンドであり、未だに解決されていない事件にも深く関わっているとされています。なによりこのダイヤモンドにはクッションカットが施されているのですが、このダイヤモンドが登場したといわれる1世紀以上前にはまだこの技法は存在していませんでした。また先に登場したナジア・ヴィージン・オルロフという王妃も実在はしていません。根本的に「インドでブラックダイヤモンドを産出したという記録がない」というがとてもミステリーですね。
 通常の私たちのダイヤモンド買取ではブラックダイヤモンドにはあまり価値は見出しません。一時の流行としてはやりましたがやはりダイヤモンドは無色透明が基本、さらにはブルーやピンクなどの珍しい発色のダイヤモンドは重宝されますがブラックダイヤモンドは価値が高いとは言えません。それでもこのBlack Orlov(ブラックオルロフ)ぐらいの大きさで美しさとなると逆に通常の相場価格というのは通用せず、まさに一つの美術品・工芸品としてオークションでその時その時に価値が決定します。
 MARUKAは京都で昭和28年から続く老舗の質屋です。現在では京都の発祥の地にMARUKA WATCHと道路を挟んで向かいに七条店があり、西院から西大路を伝い七条通、西京極や南区の人もご利用いただき、西院から四条通に沿って丹波口四条大宮と続く四条通沿いの大宮交差点手間に大宮店、堀川通を超え四条烏丸、大丸と来て堺町通と柳馬場の間に四条店。北区の北山通り、地下鉄の松ヶ崎駅そばに北山店があります。東京にまいりますと銀座本店はちょうど有楽町と新橋の間ぐらい、銀座5丁目の服部時計のそばのマツモトキヨシビルの6階です。渋谷店は渋谷の北東角の宮益坂下交差点内、駅から1分です。福岡天神店は多数の百貨店やモールがあつまる天神地区、中州からも博多からもすぐですがその中のアップルストア福岡のそばにあります。
 大阪の心斎橋店は地下鉄御堂筋線の心斎橋駅を出てすぐ。長堀通りと御堂筋の交差点から西へ1分の南側です。また今後は神戸の三宮や元町方面にも出店を予定しています。あなたの大切なダイヤモンド、是非マルカにおかませください。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること