クロノメーター・ロワイヤル

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取
クロノメーター・ロワイヤル
読み込み中 読み込み中
クロノメーター・ロワイヤル買取額15%UPキャンペーン

クロノメーター・ロワイヤル

現存する時計ブランドの中でも長い歴史を持つ「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」。

数多くの作品をこの世に残し、その一つ一つどれもがクオリティの高い物で時代を超えても尚、多くの人に愛されています。このモデルはそんな時代を彩った、ヴァシュロン・コンスタンタンを語る上で外せないモデルで、2007年に生まれ変わりました。

それが「ヒストリーク クロノメーター・ロワイヤル 1907」。

モデル名に続く「1907」は作られた当時の年号で、オリジナルモデルは「懐中時計」となります。腕時計自体は1790年頃から存在するとされ、1812年に「アブラアム・ルイ・ブレゲ」がナポリ王妃のために作成、1879年にスイスのマニュファクチュール時計メーカー「ジラール・ペルゴ(GIRARD PERREGAUX)」が2000個の軍用腕時計、1900年には日本でも馴染のある「オメガ(OMEGA)」が腕時計発表と腕時計の存在はあったものの、一般的な普及はまだ先で、主力は懐中時計でした。

クロノメーター・ロワイヤルは、富豪のコレクターからの依頼で作られたもので、当時最高品質の懐中時計として発表されたものです。その後1950年代に手巻き式の腕時計として名前を引き継ぎ、1960年代に自動巻きとしてリニューアルされましたが、意匠そのものはまた違ったものになっています。

時を超えて2007年、最初のクロノメーター・ロワイヤル誕生から100年を記念して作られたのが「ヒストリーク クロノメーター・ロワイヤル 1907」です。

懐中時計から腕時計に変わりはしましたが、100年経った今でも綺麗な状態を保っていると言われている「エナメル文字盤」、「ロゴデザイン」は継承されています。

ケースは39mmのK18ピンクゴールド、40時間パワーリザーブ、シースルーバック、ジュネーブシール認定、そして「世界限定100本」と希少なモデルで、発売当初、日本には4本しか入荷してなかったそうです。

シンプルではありますがその歴史の重みを感じられる一本ではないでしょうか。

そんなとても希少な腕時計ですが、もし売却をご検討中でしたら、その時はヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の高価買取で有名なマルカ(MARUKA)へお任せ下さい。

おまとめ査定

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。