アトラスコレクション買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ティファニー買取 > アトラスコレクション買取

アトラスコレクション

MARUKA(マルカ)はアトラスコレクション買取にこだわります。

LINE@で査定

アトラスコレクション

MARUKA(マルカ)は、京都老舗質屋を母体とする歴史あるブランド買取専門店でございます。マルカではブランドジュエリーをはじめとする宝石や時計、骨董品、お酒、ブランドバッグ、楽器などの買取を強化しており、高価買取しております。現在マルカの店舗は京都のみならず北は東京、南は福岡に店舗を構えており、全国の皆様に利用して頂いております買取店へと成長し、今もなお進化し続けております信頼ある買取店でございます。
 今回は、Tiffany&Co.(ティファニー)のジュエリーについてご紹介させて頂きます。幸せの青い箱(ブルーボックス)はいつの時代も女性たちへ祝福のメッセージが込められてきました。1837年の創業以来、多くの人より愛され続けてきたティファニー(Tiffany&Co.)の「アトラスコレクション」をご紹介させて頂きます。
 アメリカで歴史を刻んできたティファニー(Tiffany)のデザインの中でも、ギリシャ神話の巨神の名を冠した「アトラスコレクション」はローマ数字のデザインが世界中で愛される定番のジュエリーコレクションとなっております。このアトラスを仕立てたのはティファニーの名誉デザインディレクターのジョン・ローリングであり、アトラスのモチーフとなっているのが、ニューヨークのティファニー(Tiffany&Co.)本店にあるアトラスクロックです。アトラスクロックは1853年にティファニー社のシンボルとなっております。時の流れを連想させ、12から始まり再び12へ、巡りめく時間のループこそがアトラスのテーマにもなっている「永遠の時間」という物語を感じさせるデザインとなっております。
 アトラスの製品はネックレスにも何種類もののデザインがあり、リングやブレスレット、ピアスやサングラス、時計などもございます。女性だけでなく、男性も楽しむことができるデザインであり、ユニセックスなデザインはペアで楽しむこともできます。大切な方へ、特別な記念日のしるしにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
 ブランド買取専門店MARUKA(マルカ)ではブランドジュエリーを高価買取させて頂いております。ティファニー(Tiffany&Co.)をはじめとするカルティエ(Cartier),
ブルガリ(BVLGARI)、ハリーウィンストン(HARRY WINSTON)などの有名ブランドジュエリーの買取もマルカでは高価買取させて頂いております。
 また、店頭での買取はもちろんのことマルカの買取方法は店頭買取以外にも出張買取や宅配買取などの買取方法もございます。出張買取では関西圏以外の全国の都道府県にお住いのお客様もご利用が可能です。好評いただいております宅配買取に関しても全国のお客様にご利用して頂けるサービスとなっておりますのでマルカの高価買取をぜひお客様ご自身で感じてみてください。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

東京エリア

  • 元町ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

  • 福岡 天神店

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 【移転】京都 北山店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ