スタンリーゲス

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカスタンリーゲス買取について

スタンリーゲス(StanleyGuess)はアメリカのLOS ANGELES(ロサンゼルス)を拠点とするシルバーアクセサリーブランドです。 スタンリーはカリフォルニアの小さな牧場に生まれ幼いころから馬に乗ったりしていた。7歳のころから既にトラクターの運転などができ、神童と呼ばれるほどの少年だった。 幼少時代から木工やレザーのクラフトをしていた。初めてのクラフトは小学生時代8歳の夏にクラフトスクールで「木のメモボード」を工作したこと。シルバーとレザーも9歳ごろからクラフトを開始。17歳ごろまでクラフトスクールで学んでいた。 元ヘルズエンジェルズのメンバーでありそのころからスカルやリーパーのデザインに深く興味を持っていた。70年代にはリーパーのデザインをタトゥーとして彫ることが特にバイク乗りの間で人気だったらしい。 1978年には仕事としてカリフォルニアにて本格的にレザークラフト・アクセサリーのオーダーメイド会社を設立、作成などを開始。 1984年ごろ「クロムハーツ」の「ジョン・バウマン」からの依頼によりアクセサリーの原型製作・商品提供を開始。最初に作ったのはレザーウェアをカスタマイズするためのジップ(ダガー)やCHのロゴプレート、ベルトのバックルなどの制作依頼を受けた。同時期にスタンリーの作ったIDブレスレットをリチャード・スタークが見て、『これをクロムハーツにも作ってほしい』という依頼からジュエリーラインが本格的にスタートした。 スタンリーに関してはあくまでクロムハーツに在籍をしてスタッフとしてではなく「スタンリーゲス・ワークス」からクロムハーツの商品製作をしていた。(クロムハーツに勤めていたと勘違いしている人が多いですが違うそうです。) クロムハーツのアイテムに関しても「ダガー」「フィリグリー」「クロー」などスタンリーのオリジナルアイテムをクロムハーツが気に入りデザインを変えて作成したものは多くあります。 また現在のシルバーブランドでも多く用いられている「クラシックチェーン」や「スライドクリップ」「クリップ類」「ジッポー」「ウォッチケース、ウォッチバンド」などは全てスタンリーの考案による構造とデザイン。 過去に商品提供していたブランドとしてはクロムハーツ(CHROME HEARTS)、アローヘッド(ARROEHEAD)、ゴースト(GHOST)など20社ぐらいある。 現在はLAの自宅兼工房にてほとんどのアイテムをスタンリー1人で作っている。 (鋳造は誰にもさわらせていない。アシスタントは居ますが主に磨きの行程などを行っている。) スタンリー自身が作成した証としてアイテムにはスタンリーの手彫りサインが入る。 サインの理由としては、①複製ができないように。②スタンリー自身が作成した上で品質を確認した証拠として。 (一部「ソーンIDペンダント」など彫り込みのできないデザインの場合は刻印はなし) またかなりレアではあるが、アイテムのデザインが発表された初期のものには「925」の刻印が入るものがまれにある。 日本にスタンリーが上陸する前の物であれば、現在のフラッグロゴではなく、 「stanley guess classic」と刻印されたロゴのアイテムも一部存在する。 スタンリーの作品について メインのデザインとしては「クロムハ-ツの原型でもある雰囲気を持ったクラシックライン」「ハードでリアルな造型が魅力のスカルライン」「全てが1点物の風合いと味を持つウッドライン」がある。 クラシックラインはデザインの扱いやすさ・クロムハーツに近い雰囲気などが魅力。 クロムハーツの原型になったアイテムも多く、他のインポートブランドとも相性のいいデザインが多いのが特徴でアーマーやロゴ、フィリグリー、ファンクロスなどを使用したデザインです。 他のラインに比べて小ぶり・シンプルなものが多く、男性女性を問わずに使いやすい。また石入れなどのカスタムでオリジナリティーがだしやすい。    スカルラインはデザインのリアルさや強烈なインパクトが特徴。 スカル系のアイテムは物によって毎回スモールスカルをロー付けして作っているものもありその場合はスカルの数や向き、仕上がりがまったく違う。  (ベルト・ジッポー・DT L ラージスカルのスモールスカルなど)   XXXラージスカルR・ノースピークイーヴィルR・エクストララージスカルRに関しては創りのリアルさを追求するため、ワックスではなく「牛の骨」を削りだして原型を製作している。普通のキャストに比べて表面の仕上がりが自然にマットな質感になり、シルバーよりも柔らかなイメージになるようです。  他のブランドと比べるとスカルのデザインを医学的な視点から捉え、造型してあるのでリアリティーがかなりある。  ただのスカルだけでなく、ハードなイメージのマルチスカル系と定番デザインに単発でスカルを合わせたものなどバリエーションも豊富。  スカルの目に石を入れることで雰囲気がまったく変わり、オリジナリティーを出すことが可能。特に片目がダイヤで片目に赤いジルコニアを入れた「ハッピーアイズ」と呼ばれる石の入れ方はスタンリー本人のお気に入り。  シルバーベースにゴールドスカルを合わせることなども可能です。 ウッドラインは天然素材を使っているので、同じウッドでも物によってまったく違う表情になるのが特徴です。 ウッドにも種類があり、分かりやすくだと「天然の状態の木」「化石化した木」「半化石化した木」などがある。また木の幹の部分か、根やコブなどの部位によっても木目の出かたがが異なる。(幹の部分だと木目が均等な線になり、根やコブなどは木目が混ざったマーブルのような感じになる) 天然木だと「必ず水は避け」こまめにウッドオイルを塗り、ある程度の湿度をキープする必要があるのである程度のメンテナンスが必要です。 極度に乾燥させた場合や水につける行為を繰り返した場合、ウッドの表面に亀裂が入ったりする。とくに「エボニーウッド・マホガニーウッド」などは木がかなり硬いため乾燥に弱く亀裂が入りやすい。一度亀裂が入ったものは修理不可能で本国送りのウッドのはめ直しとなります。 シェルラインについては、スタンリーで使用されるシェルの素材は一般の白蝶貝・黒蝶貝の2種(おもにあこや貝を使用)と「アバロン」と呼ばれる蝶貝のなかでも大振りで厚みがある最高級の鮑貝の3種類を使用している。 白蝶貝・黒蝶貝はシェルの中でもスタンダードな柔らかな輝きと艶をあわせ持った優しい雰囲気あふれる素材といえる。3種類の中でも個性的なアバロンの場合は一般的なシェルとは素材自体の厚みが全く違う為、何層にも重なった深い色身が出る。ただ厚みがあるため加工するのにかなりの手間がかかってしまいその為か最近ではほとんどのブランドでは一般的な白蝶貝・黒蝶貝などの薄い素材を使っているようです。 またスタンリーの好みではあるがアバロンに関して平面取りではなく何層にも重なった貝の断面をあえて見せるカットをしたものもあり、(この点については一般の白蝶貝・黒蝶貝では作ることが出来ない構造)普通では考えにくい素材の使い方をするのも面白いところです。 マルカ(MARUKA)ではスタンリーゲス買取はもちろん、クロムハーツ(CHROME HEARTS)、ビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)、ガボラトリー(Gaboratory)、トラヴィスワーカー(Travis Walker)、スターリンギア(STARLINGEAR)、ロンワンズ(LONEONES)、レザーズアンドトレジャーズ(LEATHERS AND TREASURES)、クレイジーピッグ(CRAZY PIG)などのシルバーアクセサリーブランドも高価買取しております。 また、本体のみ、廃盤品、傷がある、などの状態でも買取しております。 現在MARUKAでは京都の西院からもアクセスしやすい、西七条の七条店、四条大宮の大宮店、祇園や河原町から近い四条烏丸の四条店、そして松ヶ崎北山通り沿いの北山店、東京では銀座本店と渋谷店、そして福岡天神店すべてでスタンリーゲスなどのシルバーアクセサリーブランド高価買取中です。