ピエール・クンツ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ピエール・クンツ買取

MARUKAはピエール・クンツ買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

高級時計ブランドとして、そして高級ジュエリーブランドとしても有名なピエール・クンツ。
はたしてこのブランドを正確に理解し、査定できる買取店はいくつあるでしょうか?本当に時計の取り扱いにたけ、宝石の鑑定ができジュエリーとしての販路も持つ本当の買取店だけがこういった高級ブランドを正確に査定できます。
ご近所のお店で適当な査定と低い金額に不満を持たれたなら一度MARUKAにご来店ください。本物の査定士があなたの大切な商品を高く評価いたします。

ピエール・クンツ
LINE@で査定

買取アイテムについてのコラム一覧

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

LINE@で査定

お客様の声

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカピエール・クンツ買取について

ピエールクンツについて

独特の文字盤、スポーティからエレガントまでバラエティ豊かなデザインと高品質を兼ね揃えた腕時計ブランドこそが、ピエールクンツです。ピエールクンツ高級感と斬新で特徴的なデザインに魅了されたファンは世界中に存在しております。それ程、大人気の高級腕時計ブランドであり世界中で購入を希望される方が多い為、当社でも買取には強化して対応しているブランドです。ピエールクンツを代表する人気モデルの中には、レトログラード機構を中心としたレトログラード・セコンドやコンプリケーションレトログラードなどがあげられます。また、ジュエリーをふんだんに施したジュエリーコレクション、文字盤の中心にハート型の枠が取られたキュピドンなどもピエールクンツを代表する人気モデルであります。世界中から支持される高級腕時計ブランドなので、当社MARUKAの買取の歴史の中でも人気の高いブランドの1つで高価買取も多々ございます。MARUKA各店舗ではピエールクンツの持ち込みは大歓迎しており、もちろん高価買取り査定をさせていただく自信がございます。一度、価値を知りたいやお使いになられないなどがございましたらお気軽に当社MARUKAまでお問合せください。スタッフ一同お待ちしております。

ピエールクンツの歴史

創始者のピエール クンツ(PIERRE KUNZ)は1959年、高級時計メーカーがほぼあると言われているスイスのベルンに生まれの計製作者で自身の名前がブランド名となっています。スイス機械式時計の聖地ヴァレ ド ジューの学校で正確なウォッチメイキングを学び、卒業後は老舗メーカーでトゥールビヨンやミニッツ リピーターといったグランドコンプリケーションの開発と製作の全てを担当しました。また、パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)への永久カレンダーの提供など、20年以上にわたり、ピエール クンツ(PIERRE KUNZ)は時計製作に従事してきました。その後、独自のメカニズムを追求するフランク ミュラー(FRANCK MULLER)にその才能を見出されウォッチランド(WATCHLAND)で専属の技術者になりました。 その才能は益々開花し中でも特に彼が得意とするレトログラードの開発において、その独創的なアイデアから、画期的なシステムを機械式時計で具現化させることに成功しました。クンツの類まれな時計師としての才覚を認めた同社は彼に自らのブランドを立ち上げることを強く勧めたことで、ピエール クンツ(PIERRE KUNZ GENEVE)が誕生しました。 レトログラードとは、反復運動を行う針によって時刻やカレンダーなどを表示する複雑機構を指します。 月曜日を始点とするカレンダーなら、レトログラードの曜日針は、まず月曜からスタートして、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜と、1日ずつ針が移動し、日曜で終点に達します。ただし、このままでは1回限りで表示が終わってしまうので、日曜に切り替わるときに針を元の位置までジャンプさせ、次の月曜へと移るのがレトログラードの構造です。 ピエール クンツ(PIERRE KUNZ)は、この複雑で高度な技術を要するこのレトログラードにこだわり続け、すべての作品にこの機構を採り入れています。 また、彼の作品は、そのデザインにおいても異彩を放っています。その技術力の高さ故に、機械内部の設計に制約されずにデザインを先に起こすことができるため、ダイナミックで独特な発想と絶妙なバランスの作品が生まれ様々なコレクションが発表されています。

ピエールクンツのコレクション

ピエール クンツ(PIERRE KUNZ)の代表的なコレクション、レトログラード セコンド(Retrograde Seconde)はシンメトリーのデザインで、レトログラードの表示盤にギョウシェ彫を施し見やすい様にデザインされ、更にサテン仕上げが施されている。 ダブル レトログラードやトリプル レトログラードなどそれぞれ異なった役割の機構を一つの時計に集約したコンプリケーション レトログラード(Complication Retrograde) トゥールビヨン機構のトリレトロ、パーペチュアルカレンダー機構のアンスタンネなどハイグレードなグランド コンプリケーション レトログラード(Grande Complication Retrograde) 愛を永遠のテーマとして掲げ、ハートのミチーフをベースに1分間に3度も針のジャンプを見ることができるトリプル レトログラード セコンドを組み合わせたキュピドン(Cupidon) 6時位置に30秒のレトログラード セコンド、スパールミノヴァの夜光塗料をインデックスに採用したグランデイト スポーツやブランド初のダイバーモデルのスピリット ダイバーなどのスポーツコレクション(Sports Collection) ブルー、ピンク、オレンジなど女性向けのダイヤル色でレディースモデルはクオーツでありながらもレトログラード機能を搭載しているレディースコレクション(Ladies Collection)

MARUKA

マルカ(MARUKA)ではフランク ミュラー(FRANCK MULLER)を主とするウォッチランド(WATCHLAND)の時計ブランド、ピエール クンツ(PIERRE KUNZ)、ヨーロピアン カンパニー ウォッチ(EUROPEAN COMPANY WATCH)、バックス&ストラウス(BACKES&STRAUSS)、マーティンブラウン(MARTIN BRAUN)、ロドルフ(RODOLPHE)、バルトレー(Barthelay)、クストス(CVSTOS)なども高価買取しております。 マルカ(MARUKA)は京都に4店舗、東京は渋谷と銀座にありそして福岡は天神に福岡天神店がありこの7店舗で運営されています。それとあわせて京都市内に巨大な宅配買取センターがあり、チャット査定や電話問い合わせもここで集中管理され全国から毎日続々と届く宅配買取の対応をしています。 またそれぞれの店舗には「MARUKAにより徹底した教育がなされ、鑑定・査定スキルを身につけたうえで接客訓練された査定士が配置されています。ですのでどこと比べて下さってもMARUKAの査定は「速く」そして「より高価」なのです。是非皆様MARUKAの買取りをご経験ください。
総合トップへ
LINE@で査定