アンティークモデル買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > パテックフィリップ買取 > アンティークモデル買取

アンティークモデル

MARUKA(マルカ)はアンティークモデル買取にこだわります。

LINE@で査定

アンティークモデル

近年では技術の発展により腕時計の機能もかなり進化してきました。デジタル時計ではGPS機能、ソーラー機能、電波時計、気温、湿度、高度、方位、気圧などを瞬時に判断できるセンサーも搭載できるほど便利になりました。ですがどんなに技術が進歩しても機械式時計におけるアンティーク、芸術品、美術品としての価値は時代が変化してもあまり影響しないとされております。むしろ一部のモデルでは何らかの理由により希少性が増しているモデルもたくさん存在しております。数十年前の機械式時計ではどうしても日差が大きく出てしまい修理では直らないものがほとんどですが敢えてそれを好んで収集する愛好家が世界中には大勢おられます。
パテックフィリップ(PATEK PHILIPPE)のアンティークと呼ばれる時計には現行モデルにはないスクエア型のケース、懐中時計、オクタゴン型のケース、バングルタイプ、裏蓋にリューズがあるモデルなどがあります。マニアの中では裏蓋が十角形になっているモデルが良いとか、カラトラバならスモールセコンドが搭載しているモデルが欲しいなど意見はさまざまのようです。過去には本体ケースとブレスが一体化した金無垢モデルがあり紳士用、婦人用のドレスウォッチも盛んに製造されていたようです。
ゴールデンエリプスは現行モデルとほとんど見た目が一緒なので時代に左右されることがなく黄金分割が受け継がれてきたのがよくわかります。アンティークモデルになると比較的安価でパテックフィリップ(PATEK PHILIPPE)を購入できる事も珍しくないので世界三大時計の頂点をどうしても手にしてみたい方にはお勧めかもしれませんね。昔と現在ではブランドの特徴として古典的でシンプルなデザインがほとんどで『身につけた時の造形美』をアンティークでも堪能することができます。所有される年齢層は年配の方が多くアンティークには価値が下がりしにくい事、デジタル時計にはない人の手作業で作られた温かみがあるなど価値観はさまざまのようです。若い世代ではアンティークにはあまり興味がないようですがもしかしたらご家族が所有されている時計にとんでもない価値が付いている可能性があるかもしれません。普段の生活ではアンティークについて興味が沸く人とそうでない人がハッキリしていますが一度アンティーク時計の世界に入れば物に対する考え方もシンプルになると思います。アンティーク時計の価値は専門の知識のあるブランド店、質屋でないと評価しにくいことがあります。創業60年以上買取り業務を営んできましたマルカでは京都を拠点に東京、福岡にも店舗がある買取専門店になります。宅配買取りや出張買取りもお客様のご希望に添えるよう査定金額は国内トップクラスの高額査定致します。些細なご質問なども専属の査定士がご相談させて頂きます。インターネットからでも事前査定ができますので詳しくはホームページを是非ご覧くださいませ。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

関東エリア

  • 元町ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

  • 福岡 天神店

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 【移転】京都 北山店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ