ナイキ

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカナイキ買取について

ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー(NIKE)」から命名され、その特徴的なロゴ「スウッシュ(スウォッシュではない)マーク」が当時ポートランド州立大学の学生であったキャロラインに依頼されて制作されていたのは有名な話で、その対価としてキャロラインが受け取ったのが35ドルというのも有名な話である。 キャロラインはそのまま創立期のナイキでデザインを担当しデザイン制作が代理店に移行されるまで活躍した。そして1983年にはダイヤモンドがちりばめられたNIKEのロゴリングが送られ数量は非公開だが株も与えられたと言われています。 ナイキはオレゴンに本社を置き1968年にニューヨーク証券取引所に上場されました、世界中に広がる総合スポーツメーカーで名前の由来はこれまた有名な話であるが当時の社員、ジェフ・ジョンソンがギリシャ神話の勝利の女神を見たことからと言われている。 当初はスタンフォードの学生であったフィル・ナイトとオレゴン大学の陸上コーチであったビル・バウワーマンがブルーリボンスポーツ(BRS)という会社を作り、日本から現アシックスの「オニツカタイガー」のランニングシューズを輸入して売っていたのが始まりである。そしてより収益性を高める為、靴の自社生産を計画。オニツカから技術者などを引き抜いてオニツカタイガーのライバルである福岡のアサヒコーポレーションで靴を作らせ、ナイキの名前で発売した、と実はナイキの設立に関しては日本は深くかかわっているのである。 スウッシュ (Swoosh) は1971年にナイキのロゴとして商標登録されている。 これは社名でもあるニーケーの翼をモチーフとしており躍動感やスピード感を象徴としておりスポーツブランドとしてのナイキをよく表し、非常に単純なロゴながら今や地球上のどこへいっても一目で「NIKE」と分かるデザインとなっている。 1971年にレザーコルテッツを発表、コルテッツは現在でも生産されているナイキを代表するモデルとなり素材はレザー・ナイロン・スウェード等があり、バリエーションは多岐にわたる。 1981年にはNIKEの代名詞となった「エアー」シリーズが登場、1982年にはそのエアーを搭載し、現在も続く大人気シリーズとなった「AF1(エアーフォース1)」シリーズが発売開始となる。 また1985年には超大ヒットシリーズとなる「エアージョーダン」シリーズの第一号、「エアージョーダンⅠ」が発売。以後ほぼ1年に1度のモデルチェンジ、そして最近ではリバイバルなども加え素材、色違いまたは限定のショップとのコラボなど合わせると把握しきれないほどの大ヒットとなった。 もう一つの大ヒットシリーズと言えば「エアマックス」シリーズがありこちらは1987年からの発売開始であったがAir Maxの名を響かせたのは1995年発売の「エアーマックス95」である。当時は入手が難しく、少年たちがまるで強盗のように通りすがりの物から強奪する「エアマックス狩り」という言葉が産まれるほどの社会現象となった。 またナイキは創業当時の日本で揉めた形態のまま、すなわち「自社工場を持たない」というスタイルのまま経営を継続している。また販売店の買取制として自社においては不要な在庫をなるべく持たないように、そして生産においては少しでも安いコストで生産できるように、という思いで操業しているが時にそれは東南アジアなどの工場での異常なまでのコスト競争を招き、それにより労働環境の悪化や児童就労などの問題を起こしてしまっている。また少しでもコストが安ければ今までの何年ナイキの製品を作っていようが関係なく次のロットからの生産を他所へ発注してしまう等の行為があるので下請け工場の経営を左右する事も多く問題が多発した時期もあった。 限定スニーカー ナイキは小ロット生産をすることでも有名でそれは有名ショップへの限定販売商品や、他ブランドとのコラボレーション商品として販売され入手困難な商品として人気となる。有名なのはフットロッカー限定やシュプリーム(Supreme)とのコラボなどがある。またエアージョーダンやエアーマックスなどシリーズ化されることにより発売当時のオリジナル初期モデルなどにも希少性による人気が集中し、発売された当時の定価の何倍、何十倍の値段で取引される事も珍しくない。 現在では「NIKEid」という自分の好みの配色(選べる色・素材は時期により変更される)で靴を制作できるサイトがあり既製品では満足のいかないユーザーに世界にただ一つだけの商品を提供している。これもサイトで自由に組み合わせをさせた物を半自動的に行程化し、機械に落とし込んで生産する「少量多品種」生産に強いNIKEならではである。 京都市内、発祥の地西大路七条に七条店とMARUKA WATCH、阪急四条大宮駅から西へ300m四条通沿い北側の大宮店、四条烏丸交差点からも四条河原町や寺町商店街などからも近い阪急京都線烏丸駅13番出口すぐの四条店、東京は若者の街渋谷の渋谷駅から1分という好立地、宮益坂下交差点に渋谷店が2016年3月にオープン、大人の街銀座、晴海通り沿いのマツモトキヨシビル6階にある銀座本店でも九州は福岡、博多と並ぶ街天神の福岡天神店でもこういったナイキのシューズの買取りをしています。 特に自分では価値がよくわからない限定品やヴィンテージアイテムなど高価買取します。 意外なところでは靴だけじゃなく、トレーナーなスウェットシャツなどの古いモデルはお値段がつく事もありますのでまずはお気軽にメール査定、LINE査定などもご利用ください。遠方のお客様は宅配買取が非常に便利です。送料査定、入金処理まで全て無料の宅配買取はWebからお申し込みいただけますと段ボールのみならず梱包用のガムテープまでがセットになった宅配キットを無料で申し込んでいただけます。 全国にその名をとどろかすマルカ(MARUKA)は皆様の大事な商品を少しでも高く買い取る努力をしています。是非一度お試し下さい。