ジルサンダー

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカジルサンダー買取について

ジル サンダー(Jil Sander)はドイツ出身のヘイドメリー ジリーン サンダー、通称ジルによってフランスで立ち上げられた世界的にブティックのあるファッションブランドです。 高品質な素材を使用し、カッティングやシルエットにこだわり、シンプルかつ無駄のない機能的なデザインが特徴です。商品展開は衣類を中心に靴や鞄などトータルコーディネートを提案しています。設立当初ジル サンダー(Jil Sander)はフランスの「ニットの女王」と呼ばれているファッションブランドのソニアリキエル(Sonia Rykiel)を軸に自身のデザインした服を販売しているセレクトショップの形態での店舗展開でした。1999年にジル サンダー(Jil Sander)はプラダ(PRADA)グループと統合しましたが、プラダ(PRADA)サイドと価値観が衝突する事が度々あったことで、2000年にPRADAはジル サンダー(Jil Sander)の経営から撤退しました。離反の理由としては品質を落としたくないジルとコストを考えるプラダ(PRADA)サイドの対立と言われています。 ジル サンダー(Jil Sander)の引退後、ジル不在となった後のデザインはプラダ(PRADA)のデザインチームが行っていした。2000年12月に新クリエイティブ ディレクターとしてトム フォード(Tom Ford)が活躍していたグッチ(GUCCI)にてデザイン ディレクターとして活躍していた、ミラン ヴィクミロビッチ(Milan Vukmirovic)が就任しました。 その後、2003年にジルは再度復帰をしたが、その後もプラダ(PRADA)サイドとの方向性の不一致から2004年に再度クリエイティブ ディレクターの座を降りた。2005年ジル サンダー(Jil Sander)のメンズウエア、レディースウエアのクリエイティブ ディレクターをベルギー出身のファッションデザイナーで、クリスチャン ディオール(ChristianDior)のアーティスティック ディレクターや、イーストパック(EASTPAK)やフレッドペリー(FRED PERRY)や近年アディダス(adidas)ともコラボレーションを発表したラフ シモンズ(RAF SIMONS)が務めています。 それ以降、ジル自身は長い間ファッション業界の表舞台から姿を消しましたが、2009年3月、ユニクロ(UNIQLO)を運営している、ファーストリテイリング社とデザインコンサルティング契約をし、ユニクロ(UNIQLO)の高価格ラインの「J+」のデザインやユニクロ(UNIQLO)の商品全体の監修を行い、2011年までユニクロ(UNIQLO)に携わっていた。 またジルが手掛けた「J+」は2009年10月~2011年秋冬コレクションで終了したが、ファンの復活の要望によって2014年「ベストオブ+J」として復活を果たしている。 2012年ジル サンダー(Jil Sander)はラフ シモンズ(RAF SIMONS)の後任として自身のブランドのクリエイティブ ディレクターに復帰し2013S/Sから再びデザインを手掛け2014年春夏コレクションで3度目の辞任を発表、2015年春以降はプラダ(PRADA)で10年以上在籍し、ヴィオネ(Vionnet)のクリエイティブ ディレクターとして活躍していたロドルフォ パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)がジル サンダー(Jil Sander)の新たなクリエイティブ ディレクターに就任しています。