ジルサンダー買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ジルサンダー買取

ジルサンダー買取はMARUKA(マルカ)へ

ジル サンダー(Jil Sander)はドイツ出身のヘイドメリー ジリーン サンダー、通称ジルによってフランスで立ち上げられた世界的にブティックのあるファッションブランドです。
高品質な素材を使用し、カッティングやシルエットにこだわり、シンプルかつ無駄のない機能的なデザインが特徴です。

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

ジルサンダー買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

お客様の声

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
MARUKA(マルカ)のジルサンダー買取について

商品展開は衣類を中心に靴や鞄などトータルコーディネートを提案しています。設立当初ジル サンダー(Jil Sander)はフランスの「ニットの女王」と呼ばれているファッションブランドのソニアリキエル(Sonia Rykiel)を軸に自身のデザインした服を販売しているセレクトショップの形態での店舗展開でした。1999年にジル サンダー(Jil Sander)はプラダ(PRADA)グループと統合しましたが、プラダ(PRADA)サイドと価値観が衝突する事が度々あったことで、2000年にPRADAはジル サンダー(Jil Sander)の経営から撤退しました。離反の理由としては品質を落としたくないジルとコストを考えるプラダ(PRADA)サイドの対立と言われています。
ジル サンダー(Jil Sander)の引退後、ジル不在となった後のデザインはプラダ(PRADA)のデザインチームが行っていした。2000年12月に新クリエイティブ ディレクターとしてトム フォード(Tom Ford)が活躍していたグッチ(GUCCI)にてデザイン ディレクターとして活躍していた、ミラン ヴィクミロビッチ(Milan Vukmirovic)が就任しました。
その後、2003年にジルは再度復帰をしたが、その後もプラダ(PRADA)サイドとの方向性の不一致から2004年に再度クリエイティブ ディレクターの座を降りた。2005年ジル サンダー(Jil Sander)のメンズウエア、レディースウエアのクリエイティブ ディレクターをベルギー出身のファッションデザイナーで、クリスチャン ディオール(ChristianDior)のアーティスティック ディレクターや、イーストパック(EASTPAK)やフレッドペリー(FRED PERRY)や近年アディダス(adidas)ともコラボレーションを発表したラフ シモンズ(RAF SIMONS)が務めています。
それ以降、ジル自身は長い間ファッション業界の表舞台から姿を消しましたが、2009年3月、ユニクロ(UNIQLO)を運営している、ファーストリテイリング社とデザインコンサルティング契約をし、ユニクロ(UNIQLO)の高価格ラインの「J+」のデザインやユニクロ(UNIQLO)の商品全体の監修を行い、2011年までユニクロ(UNIQLO)に携わっていた。
またジルが手掛けた「J+」は2009年10月~2011年秋冬コレクションで終了したが、ファンの復活の要望によって2014年「ベストオブ+J」として復活を果たしている。
2012年ジル サンダー(Jil Sander)はラフ シモンズ(RAF SIMONS)の後任として自身のブランドのクリエイティブ ディレクターに復帰し2013S/Sから再びデザインを手掛け2014年春夏コレクションで3度目の辞任を発表、2015年春以降はプラダ(PRADA)で10年以上在籍し、ヴィオネ(Vionnet)のクリエイティブ ディレクターとして活躍していたロドルフォ パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)がジル サンダー(Jil Sander)の新たなクリエイティブ ディレクターに就任しています。

総合トップへ
LINE@で査定