タンザナイト

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー > タンザナイト買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカタンザナイト買取について

宝石は私たちにその美しい輝きを届けてくれます。赤、青、黄色、緑、オレンジ、ピンク、紫、とその色の種類は様々ですよね。そんな様々な色の宝石の中で「青い宝石」といったら何を想像するでしょう?ほとんどの方が最初に口にするのは「サファイア」かと思います。他に名前が挙がりそうな宝石はアクアマリンやパライバトルマリン、ターコイズ、ブルートパーズといったあたりでしょうか。ですが今回紹介させていただくのはそのどれとも違う、タンザナイトという宝石です。 タンザナイトは最初の発見時にはサファイアと思われていましたが、鑑定の結果サファイアではなくゾイサイトの一種であることが判明しました。このエピソードからも青い宝石の代表格はやはりサファイアなのだということがうかがえますね。 さて、タンザナイトがゾイサイトの一種であると言いましたが、それまで採掘されていたゾイサイトは緑やピンクのものだったので、この青いゾイサイトはとても珍しいものとされました。希少性もさることながら、その青みの美しさもそれまでのゾイサイトとは一線を画しているものでした。そしてこの青いゾイサイトに宝石としての価値を見出して「タンザナイト」と名付けたのは、最も有名な宝石商の1つでもあるティファニー(Tiffany&co)でした。名前の由来はその産出地のタンザニアです。ちなみにこのタンザニアのメレラニ鉱山でタンザナイトを採掘した人は、元々はルビーを採掘しようとしていたそうです。新しい宝石の発見にはこうした偶然がつきものですが、やはり以前から知られている宝石を探していて見つかる、というケースがほとんどですね。 宝石としてのタンザナイトの一番の特徴はその多色性です。タンザナイトは元々青紫色をしている宝石ですが、見る角度によって青が強くなったり紫が強くなったりするという特性を持っています。アレキサンドライトも変色性を有する宝石ですが、タンザナイトの場合はアレキサンドライトほど劇的に色が変化するわけではないので、あくまで多色性という言い方をします。この多色性がタンザナイトとサファイアの一番の違いとも言えるでしょう。この違いがタンザナイトとサファイアの評価のポイントの差にもなっています。発見当初はサファイアに似ていることから、タンザナイトも多色性が少なくて青みが深いものがより高く評価されていましたが、現在ではタンザナイトという宝石をサファイアとは別の宝石として評価するようになっているため、多色性が強く出ているものをより高く評価しています。それでも青や紫の色味が濃いものの方が高い評価を受けるという点はサファイアと共通していると言えますね。 タンザナイトの評価・価値を高めている要因の1つとして、その希少性も挙げられます。前述の通り、タンザナイトはタンザニアのメレラニ鉱山から採れるもので、その名が示す通りタンザニア以外で採れる青いゾイサイトにはタンザナイトという名は与えられないのです。ティファニー(Tiffany&co)による命名以降、1980年代からその人気を伸ばしている宝石にも関わらず、世界中でも採れる鉱山がたったひとつという状況は価格が高騰するのを避けられないとしか言えません。 ここまでの話からもわかるように、タンザナイトは一般の知名度に比べてとても高価で取引されている宝石ですので、マルカでも買取価格は非常に高くなっています。 タンザナイトに限らず、何度も名前の挙がっているサファイアやアレキサンドライト、ルビー、ウォーターオパール、エメラルド、クリソベリルキャッツアイ、パライバトルマリン、ツァボライト、アクアマリン、デマントイドガーネット、翡翠、クンツァイト、シトリン、ブラックオパールなどといった宝石類をマルカでは買取強化しております。 そもそも買取店において宝石の正確な査定ほど難しいものはありませんが、マルカは京都で昭和28年に創業した質屋を母体としており、その60年以上の歴史の中で培ってきた経験・実績・過去のデータといったもの、またそれを理由とする現在の買取量が他の買取店とは圧倒的に違います。 エルメス(HERMES)、プラダ(PRADA)、シャネル(CHANEL)、グッチ(GUCCI)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)といったブランド品や、ロレックス(ROLEX)、パテック・フィリップ(PATEK PHILIPPE)、ゼニス(ZENITH)、フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)、パネライ(PANERAI)といったブランド時計はこのご時世、誰でも現在の売価や相場を調べることが出来ます。ですが宝石となると「実物をどれだけ見たか」という経験以外に価値を見極める力はつかないといえます。それも当然ですよね、写真やパソコンの画面越しだと宝石本来の輝きは伝わりきるわけがないのですから。 ご自身で以前ご購入された宝石、あるいはご親族の方から譲り受けたお品物を売ることを考えた時、価値のわからない人に見せて適当な金額やあまりにも安すぎる金額を伝えられたらショックを受けることは間違いないでしょう。本当の価値がわかりづらい宝石だからこそ、ちゃんと鑑定が出来て正しい評価を下せる人間に見せないといけないと思います。そして、そんな時に安心してお客様の大切な宝石を見せることが出来るのはマルカの査定士なのではないでしょうか? 経験値・知識ともに十分なマルカの査定士には京都、東京、福岡のお店で会うことが出来ます。どのお店に行かれても、スピーディーで正確な査定を受けていただけますので、「これがプロなのか」という感想を持っていただけることでしょう。また、出張買取という形でご自宅にマルカの査定士を呼ぶことも可能です。また、直接査定士に会えるわけではないですが宅配買取という形でマルカの査定を受けていただくことも出来ます。マルカはこうした店頭買取以外の買取方法も充実しているので、店舗のある関西、関東、九州以外の地域の方々からも多数ご利用をいただけており、一度ご利用いただいた方からは「次になにかを売る時もまたマルカで」というお言葉もたくさん頂戴しております。 あなたも要らなくなった物を売る時にはぜひマルカにご相談くださいませ。