ピンクサファイア(pink sapphire)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー > ピンクサファイア(pink sapphire)買取
ピンクサファイア(pink sapphire)
読み込み中 読み込み中
ピンクサファイア(pink sapphire)買取額15%UPキャンペーン

MARUKAはピンクサファイア(pink sapphire)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

おまとめ査定

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!
様々な色の輝きを放つ宝石、無色透明のものから赤、青、黄色、緑、紫、オレンジ、とその色の種類は多岐にわたります。無色透明といったらやはり代表例はダイヤモンドでしょう。赤といえばルビー、青といったらサファイア、緑はエメラルド、黄色はクリソベリル、紫はアメジスト、オレンジはファイアオパール、といった具合にそれぞれ代表的な宝石がイメージされるかと思います。ではここまでに挙がっていないピンクについて問いたいと思います。ピンク色をした宝石といってももちろんいくつもありますよね。ローズクォーツ、コンクパール、モルガナイト、クンツァイト等がそれにあたると思いますが、一番皆さまの目に触れる機会の多いピンクの宝石はピンクダイヤモンドかピンクサファイアではないでしょうか?どちらも透明と青色の代表例で出てきた宝石ではありますが、知名度の面や流通量から考えてもこのどちらかがピンク石の代表だと思います。ここではそのうちの1つ、ピンクサファイアについて触れていきます。 ピンクサファイアはその名の通りピンクの色をしたサファイアです。先ほど青い宝石の代表としてサファイアの名前を挙げましたが、サファイアはそもそも私たちの想像し得るカラーパレット上の全ての色が存在している宝石です。青・ピンク以外にもよく見られる色としてはイエロー、バイオレット、グリーン、オレンジ、ブラック等が挙げられます。ちなみに赤の宝石の代表格でもあるルビーも鉱物学的にはサファイアと同じコランダムなので、ピンクサファイアとルビーはしばしば混同されている場合があります。厳密にいえばクロムが不純物として混入して赤い発色を見せるものをルビー、そこにチタンも含まれるとピンクの発色を示すピンクサファイアとなります。ですが見た目からはその差はほとんどわからない為、赤みの強いピンクサファイアと色の薄いルビーは鑑定機関に出さない限り正確に区別するのは困難を極めることでしょう。 ルビーは「宝石の女王」という異名も持つほどですのでもちろん買取価格も高く、高価で取引される宝石です。そんなルビーと混同されることも多いピンクサファイア、こちらも高く取引されていてもなんら不思議ではありませんよね。高値がつくピンクサファイアは、「いかにピンク色をしているか?」という点を一番評価されます。これはどの宝石にも共通して言えることですが、色石の評価基準の中で最も重要なポイントはその宝石をその宝石たらしめているその見た目の美しさに他なりません。 ピンクサファイアの場合は赤みが強ければ先ほども述べたようにルビーと混同されてしまいますし、チタンの含有量が増えて青みが強くなればバイオレットサファイアに寄ってしまいます。繰り返しになりますが、ピンク色がはっきりと出ていればはっきりと出ているほどピンクサファイアの価値は高まるのです。もちろんご購入時に売る時のことを考えながら買うという方は多くないでしょうが、宝石として価値の高い物を選びたいのであれば、良い色をしているピンクサファイアを選ぶことをオススメします。 さて、数々の宝石にはそれぞれ石言葉や、その宝石がつかさどる運気・効力があることも知られています。ピンクサファイアの場合、その色からもわかるように恋愛運上昇に適している宝石と言えます。ピンクサファイアの持つパワーポイントには、豊かな愛情、愛嬌、親近感、感情表現、誠実、守護といったものが挙げられます。先頭に挙げた豊かな愛情は言わずもがなですが、後につづく愛嬌、親近感、感情表現、誠実、守護といったパワーポイントはこれから育まれていく恋愛にとって非常に大きな意味を持つといえるでしょう。このピンクサファイアが持つと言われる力から、「恋愛力を高めたい」という人や、「愛する人を守りたい」、「心を開いて相手と関わりたい」、という人にも人気があるので欧米諸国では結婚指輪にダイヤモンドでなくピンクサファイアを選ぶ人もいるとのことです。 ここまでピンクサファイアについて色々と紹介をしてきましたが、先に述べた通りピンクサファイアは我々マルカでも高価での買取が可能な宝石となっています。パワーストーンとしての効果を求めてごく小さなアクセサリーでお持ちの方も多いかと思いますが、売却をお考えでお持ち込みいただいた際によく聞くのは、「若い時は良かったんだけど、さすがにデザインが可愛らしすぎるから着用する機会が無くなった。」というお言葉です。エメラルドやオパールなどの特に大きめの色石の場合、親族の方の整理品等での古めのお品物が多いのですが、ピンクサファイアのお持ち込みの場合は前述の理由でのお持ち込みも多いので、デザインも比較的新しめのものが多いです。デザインが新しいということは私たちも二次流通で販売する際に売りやすくなるので買取額も高くなるというわけです。それも当然ですよね、デザインが時代と逆行しているものは「売れない」もしくは「売るためにリメイクしないといけない」ということになりますので、純粋な宝石の価値と指輪・ペンダント等の土台の金・プラチナの評価しかすることが困難な場合もあります。 パワーストーンとして扱われているものの中にはジュエリーとしての資産価値が低いものも多く含まれていますが、ピンクサファイアはジュエリーとしての資産価値も十分にある宝石です。宝石としての価値もあり、デザイン料という評価も受けやすいピンクサファイアを使った製品、ご不要になられた場合はマルカでの売却をご検討されてはいかがでしょうか?ここまでの説明にもある通り、しっかりと宝石の価値やデザイン料等を総合的に評価して高い査定額を提示するのがマルカの買取のやり方です。近所の質屋さんではたいして評価をされなかったというお品物もマルカでは高額査定になる可能性大ですよ。 京都で創業し60年以上の歴史を持つ弊社は、その高価買取を日本全国の皆さまにご利用していただくため、2014年から2016年まで毎年京都以外の地区に新店をオープンしてきました。20014年に待望の関東進出である銀座店をオープンしたのを皮切りに(ほぼ同時期に京都で四条店もオープンしております)、翌2015年には九州でも一、二を争う繁華街である福岡の天神に新店をオープン、そして2016年には東京での2店舗目となる渋谷店を大都市渋谷の駅から徒歩1分という好立地にオープン、その後も同年中に京都北山店をオープンするなど、店舗拡大をつづけています。これらの京都・東京・福岡以外の地区からのご利用にも応えるべく、全国どこでも無料の宅配買取サービス、出張買取サービスというものも並行して強化してきました。加えて、マルカでのご売却をご決断いただくきっかけをつくりやすいよう、ライン査定・メール査定・チャット査定といった事前査定サービスも充実させて参りました。どの店舗、どの買取方法であっても高価買取を実現させてきたマルカをご信頼いただき、あなたの大切なお品物をお任せいただけると幸いです。