モルガナイト(MORGANITE)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー買取 > モルガナイト(MORGANITE)買取
モルガナイト(MORGANITE)

MARUKAはモルガナイト(MORGANITE)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

おまとめ査定

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!
モルガナイト(MORGANITE)はエメラルド(EMERALD)やアクアマリン(AQUAMARINE)と同じベリルグループになります。色は違いますが鉱物としては同じなのです。ベリルは他にも赤色のレッドベリルや黄色のヘリオドール、無色のゴッシェナイトなどがあります。 モルガナイト(MORGANITE)は1911年にマダガスカルにて発見されました。比較的まだ新しい方の宝石になりますので他の宝石のように神話や逸話といったお話はありません。元々はピンクベリルと呼ばれていた宝石ですがここでも登場するのがティファニー(Tiffany)石学者ジョージ・フレデリック・クンツ氏です。クンツァイトやタンザナイトの名付け親とも言われる彼はピンクベリルも名前を付けました。自分の後継者アメリカの5大財閥の1つである銀行家モルガン財閥の創始者であるジョン・ピアポント・モルガンに敬意を示してモルガンからモルガナイト(MORGANITE)と付けたのです。 ピンク色の宝石は他にもありますね。ローズクォーツ、クンツァイト、しかしそれらに比べてもベリルからできたこのピンクの宝石はマンガンが含まれており輝きも光沢も全然違います。実はベリルの中にももうひとつピンクの色をした宝石があります。それがペツォッタイト(ラズベリル)でございます。こちらもモルガナイト(MORGANITE)同様ベリルからなる宝石なのですがセシウムを多く含むベリルの変種になります。 同じベリルからできていて見分け付くのかと思われがちですがインクルージョン(内包物)で判断が可能でございます。モルガナイト(MORGANITE)はインクルージョンの少ない宝石で大変綺麗でクリアに見える物が多いですがこのペツォッタイトは内包物も多く曇っているように見える石が多いです。モルガナイト(MORGANITE)は基本的には加熱処理(エンハンスメント)で色を濃くさせている物であり処理の前はオレンジがかったピンクをしているそうです。 ※加熱処理とは宝石では一般的にされている処理の事でルビー(RUBY)やサファイア(SAPPHIRE)もこの処理をし、色を強調しております。 その為、ノーヒート(非加熱)加熱処理をしていないオレンジがかったモルガナイトを好む方もおられるそうです。そんなモルガナイト(MORGANITE)も品質大きさでお値段が変わってきます。 マルカMARUKAは宝石買取り業界トップクラス、どんな宝石もしっかり評価致します。他店様では値段の付けられないと言われたその宝石是非マルカへ宝石鑑定士がきっちり査定致します。本当に値段の付かない石なのかはっきりさせましょう。そうだと思い込んで売ってしまっては勿体ないです。宝石の売却、相談ならマルカまで。 東京、福岡、京都で宝石売るなら京都で60年の歴史を持つマルカMARUKAまで。