ファイアオパール(fire opal)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー買取 > ファイアオパール(fire opal)買取
ファイアオパール(fire opal)

MARUKAはファイアオパール(fire opal)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

おまとめ査定

買取アイテム一覧

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!
宝石には様々な種類があり、そのすべてに名前がついています。ですが本来の姿に対して付けられた名前が他の宝石に使われているケースもございます。その最たる例がファイアオパールではないでしょうか。ファイアオパールと聞いてオレンジの宝石を想像される方がほとんどだと思います。それ自体は決して間違った認識ではないのですが、本来ファイアオパールのファイアとはオパール特有の炎が揺らめくような遊色効果のことを指していますので、厳密には地色が赤やオレンジでも遊色効果の見られないオパールはファイアオパールではないということになります。ですが現在の市場では遊色効果の見られないコモンオパールであっても地色が赤やオレンジのオパールがファイアオパールとして流通しているのもまた事実です。これは1980年代にドイツの市場に遊色効果の見られない赤系のオパールがファイアオパールとして出品されたことが発端で、本来のファイアオパールよりも安価で取引することが可能なこの遊色効果のない赤・オレンジ系のオパールは瞬く間にヨーロッパ全土、そして世界中へと広まったのです。こうして世界中で遊色効果のない、産地のメキシコでは「赤いガラス」と呼ばれているコモンオパールが、まるで非常に価値の高い宝石かのように扱われるようになったのです。完全に宝石業界の恣意性を感じられるエピソードでもありますね。 ここまで本来の姿とは違うがファイアオパールとして扱われているオパールについて説明しましたが、本来のファイアオパールは非常に高額で取引されるものとなります。そもそもオパールは遊色効果がはっきり出ているものの方が高価になりますので、それも当然といえますね。一般的に一番高くなるオパールはブラックオパールと言われていますが、高品質のファイアオパールやウォーターオパールは時にブラックオパールを凌ぐ価値を持つこともあります。というのもファイアオパールもウォーターオパールも基本的にはメキシコでしか採掘されないのですが、オパールの一番の産出地であるオーストラリア産と比べてメキシコ産のオパールは透明度が高く層も厚い為にカボションカットした際に色の深みが生まれるので、色彩の鮮やかさはオーストラリア産よりもメキシコ産の方が勝るとされているからです。ちなみにメキシコ産のオパールの八割は日本向けに輸出されていますので、日本に住んでいる私たちは彩度の高いオパールを目にする機会に恵まれているといえるでしょう。 つづいてそんなファイアオパールのジェムメッセージ(宝石言葉)をみてみましょう。ファイアオパールはその見た目・名前同様に炎を宿していると言われる宝石です。同じ赤系統の宝石ルビーも燃えるような情熱の炎を宿していると言われていますが、ファイアオパールのそれはもっと挑戦的で肯定的な炎です。パワーポイントも挑戦、限界突破、栄光、開拓、前進、活力、可能性、といったものが挙げられますので、常に前向きに物事に立ち向かっていきたいという人の大きな力になってくれる宝石なのです。こういったパワーストーンとしての効果を求めるのであればファイアオパールと呼ばれてしまっている赤・橙系のコモンオパールでも十分な気もしますが、そこはやはりジュエルとしての資産価値もある本物のファイアオパールを持ってほしいところです。 本来のファイアオパールは宝石として価値の高いものだと説明させていただきましたが、もちろん宝石一つ一つが違った表情を持つために正確な目利きが出来ない限り正しい評価をくだすことは出来ません。私たちのように買取をする者の中にも目利きの能力に関しては十分でない人間もいます。そういった人の査定結果を聞くと宝石が可哀想という感情しか湧いてきませんね。価値があるものに適正な価値があるとお伝えすることも私たちの仕事の1つだと考えておりますので、マルカは全査定士がしっかりと目利きが出来るようになってからお客様と向き合わせていただいています。 目利きが出来るということはファイアオパールだけでなく、ルビー、アレキサンドライト、翡翠、サファイア、ダイヤモンド、デマントイドガーネット、コンクパール、エメラルド、スピネル、クリソベリルキャッツアイ、アクアマリン、ツァボライト、モルガナイト、オニキス、ペリドット、タンザナイト、シトリンなど、これらの宝石すべての正しい価値がわかるということです。なので指輪やペンダントの貴金属部分の金額だけでの買取ということはまずあり得ません。しっかりと宝石のお値段も付けてどこよりも高い査定額を出させていただきます。 ROLEXロレックスやFRANK MULLERフランク・ミュラー、PATEK PHILIPPEパテック・フィリップといった高級時計やHERMESエルメス、LOUIS VUITTONルイ・ヴィトン、PRADAプラダなどのブランド品の買取は色んなお店が力を入れていますし、正直査定額に大きな差が出ることはあまりありませんが、こと宝石となると話が変わってきます。その理由が前述の「目利きが出来る」かどうかに関わってくるからです。マルカの全査定士がちゃんと目利きが出来るのは、創業60年年以上の質屋を母体とするというバックグラウンドも手伝ったその教育制度のおかげに他なりません。入社間もない段階から数多くの宝石を見る機会が多数あり、過去の実績に基づく買取データもあるのでどんな宝石を前にしても自信を持って金額提示をさせていただきます。 そんな目利きの出来るマルカの査定士は四条、七条、大宮、北山、MARUKA WATCHの京都5店舗、渋谷、銀座の東京2店舗、福岡天神店の計8店舗で皆さまのお越しをお待ちしております。 七条店とMARUKA WATCHは西大路通りと七条通りの交差点のすぐ近くに位置している一見すると下町の小さなお店ですが、マルカグループ内でも最も古い歴史を持つこの2店舗はこの買取業界の中でも有数の買取量を誇り、集まるアイテムの質もこの業界の中でも有数となっています。大宮店は四条通りに面しており、京都線の大宮駅、嵐山線の四条大宮駅のどちらからもご来店がいただきやすい立地となっています。またマルカグループ内で一番の店舗面積を誇るのもこの大宮店で、広々とした空間で査定を受けていただくことが出来ます。四条りに面しているもう一店舗の四条店は、まるでホテルのフロントかのような店内に驚かれるお客様も少なくありません。また四条店の2階にはマルカグループで唯一の楽器専門の買取・販売を行っているマルカ楽器も併設されております。マルカグループ内で一番新しいお店である北山店はデザイナーズマンションの1階の商業スペースに店舗をかまえており、一番新しいお店らしく非常にお洒落でスタイリッシュな店構えとなっています。 渋谷、銀座、天神の京都以外の3店舗の内装はさらに凝ったつくりとなっています。それぞれ嵐山の竹林、夕暮れ時の祇園、茶屋町として有名な宮川町をイメージした店内となっており、この3店舗は個室の査定ブースを設けていますので、どこよりもリラックスして査定を受けていただけること間違いナシです。 質屋時代からつづく歴史を持っており、査定士の質も高く、各店舗のつくりにもこだわっているマルカにあなたの大切なお品物を預けてみてください。後悔しない売却はマルカにあります。