エメラルド

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー > エメラルド買取
エメラルド
エメラルド
高価買取専門店マルカ

MARUKA(マルカ)では京都の西大路七条という下町に昭和28年に創業した「質マルカ」を母体とし、地道な商売ながら地元の皆様の信頼を受け60余年の歴史を刻んでまいりました。質業と買取販売部門を切り離して法人化してからも職人として査定士を育て上げ、店頭でその査定士が責任をもって値段をつけるというスタイルを徹底しているため、店舗展開のペースもゆっくりとした展開ですが、その分全て直営で京都MARUKAが自信を持って店頭を任せられる人間しか店頭に立ちません。エメラルドをはじめダイヤモンド、ルビー、サファイア等宝石類買取ならMARUKAにお任せください。

読み込み中 読み込み中
エメラルド買取額15%UPキャンペーン

MARUKAはエメラルド買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

それって本当に捨ててしまっていいんですか?「断捨離」の前に

断捨離(だんしゃり)がブームで、特に高齢者の間では「終活」「生前整理」などと合わせて身の回りの物の整理がブームです。
特に「断捨離」といって物欲を捨て物と決別することで身も心もすっきりと、ということが流行っていますがちょっとまって!!断捨離は結構ですが、なんでもかんでも捨ててしまって大丈夫?
もしかしたらあなたがポンポンとゴミ箱に投げ込んでいる物は売れる物、すなわち「現金(と同じ)」かもしれませんよ。

ちょっと昔の大ぶりの石がついた指輪。エメラルドなどだとそのグリーンという色もあっておもちゃっぽく見えるかもしれません。
以前関西ローカルの「情報ネット.ten」という番組で取材されたときにお伺いしたお宅でも、お母様のエメラルドのリング娘さんたちは「夜店のおもちゃみたい」と笑ってましたが評価額「120万円」と聞いて腰を抜かしてました。

もしよろしければ価格を知っておくだけでも売るにしても残すにしても重要なことかもしれません。
断捨離、ミニマリストブームもいいですが、物を処分する前にMARUKAで売れるかどうかのご確認を忘れずに。
<h3>「捨てる前にMARUKA」</h3>
京都では古くからの合言葉ですよ。

おまとめ査定

宝石鑑定のできる本物の査定士がいるお店「MARUKA」

MARUKAは現在東京銀座、渋谷そして福岡天神と京都5店舗、計8店舗で全国展開しています。安易な店舗展開はせず、きちんと物を見れ、社会人として恥じない人間のみを店頭に立たせるという方針を貫くため店舗展開はゆっくりとしかできておりませんが、お客様から信頼され圧倒的なリピート率を誇っています。
宝石買取においてはダイヤモンドの鑑定資格を持つ査定士が在籍しており、彼を中心に日々勉強会が開かれ互いに研鑽し精進しています。数十ピースのダイヤモンドのルースを並べ一斉にそれらを鑑定し答え合わせしながら自身の弱い部分を見つけ出し有資格者、先輩から教えを乞う。そんな姿はMARUKAでは日常であります。
宝石鑑定は非常に難しく、努力をし学んだものしかできません。また宝石だけは現在のカメラ技術ではその状態を正確に写し取ることが出来ないため肉眼で直接見るのと同じ査定はできません。だからこそ経験のない査定士しかいないお店では買取対象から外していたり、的外れな安い価格=損をしない価格しか提示できず「どこへいっても同じ」などと言ったり「1週間、2週間預からせてほしい」といったことを言います。
MARUKAは宝石買取に絶対の自信があります。すべての査定士は店頭で宝石をしっかりと鑑定、査定し世界中の最新の相場情報を駆使してその時最高の価格をおつけします。宝石の買取だけは「どこも同じじゃありません」もし他店で宝石の買取価格に不満、不信があれば是非MARUKAにお越しください。

マルカの事前査定お試しください。おおよその買取金額がすぐ分かる!

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

お選びくださいお客様に合わせて選べる3つの買取方法

買取の事、何でもご相談下さい、フリーダイヤル

※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! 傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします!

エメラルドについて

最近は、当社MARUKAの中でも宝石の買い取りが増えており、その中でも大変人気のある宝石の一つが、エメラルドの買取になります。ちょっと豆知識として、少しエメラルドの歴史を紹介させていただきますと、澄んだ緑色の宝石で、様々なパワーがあるとされていますが、その中でも最も強くパワーを発揮すると言われるのが愛のパワーだと言われています。その魅力とパワーを持つ伝えから、多くの有名人がエメラルドの虜となりました。そのうちの1人が、クレオパトラです。クレオパトラは、愛と平和があふれる時代を築くために、エメラルドの力を信じ、常に所持していたと言われています。また、彼女以外にも、エメラルドを愛している偉人は数多く存在し、時代を超えて、世界中で愛される宝石となりました。もちろん、この日本でも、エメラルドの人気は大変高いです。ほとんどは、澄んだ緑色をしていますが様々な色味があるため、いろんな年代の人にも愛されています。例えば、春をイメージさせる薄い色合いの緑色であれば、若い女性に大変人気があります。どんなシチュエーションにも合いやすいため、プレゼントにも最適です。一方で、新緑の季節をイメージさせるような濃い葉っぱのような緑色は、一つ身に付けているだけでも気品が増します。上記のことから、幅広い年代の女性に大変人気があるために、MARUKAではエメラルドを高価で買取させていただいております。ネット上には色々な店がある中で、当社MARUKAを検索いただき、このサイトへ訪れたのも何かの縁でございます。ぜひ、エメラルドをMARUKAで買取査定してくださいませ。また、店頭だけではなく、LINEで査定や宅配買取、出張買取も実施しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。TEL 075-205-5070まで。

五大宝石の1つとして知られるエメラルド(EMERALD)。美しい緑色が特徴のこの石は日本人にも好まれている宝石で、和名では「翠玉」や「緑玉」と呼ばれています。科学組成では Be3Al2(SiO3)6+Cr/V で表され、結晶系はヘキサゴナル、つまり六方晶系となります。

モース硬度は7.5-8と硬い石ですが、インクルージョン(内包物)が多いため、同時に割れやすい性質も持っています。鉱物学的にはアクアマリンと同じベリル (緑柱石)になりますが、主にはクロム、そのほかバナジウム、鉄などが不純物として含まれることで、美しい緑の発色を見せることになります。

エメラルドは、その扱いにくさ、割れやすさ、インクルージョンの多さなどでも知られていますが、それは上記の不純物が結晶に含まれることがエメラルドの美しい色の発生必須条件でもあることから、切っても切り離せないものなのです。お手持ちのエメラルドのインクルージョンが多いからといって、それがすぐに価値の低さを表すものではありません。また、色味については、一般に見られる明るいエメラルドグリーンよりも、適度に深く神秘的な濃い緑色が、最も上質なものとされます。

エメラルドの誕生石と宝石言葉

エメラルドは5月の誕生石になります。それは、エメラルドの緑色が木々の芽吹く緑のイメージにつながり、生命力を感じさせるからといわれています。鉱物であることで、その生命のシンボルともいえる緑色を永遠にとどめていることも理由とされています。また、エメラルドの宝石言葉はいろいろありますが、「希望」「幸福」「愛」などとなっていて、誕生石ではなくとも贈りものにふさわしい宝石の1つです。

エメラルドの産地

エメラルドの産地といえば、まず、第一にあげられるのはコロンビア。ムソー(またはムゾ)、コンクェス、チボーの有名な三大エメラルド鉱山を有しています。コロンビアは全世界に流通する量の約60~70%のエメラルドを産出しており、ついでブラジルが約20%、ザンビアが約10%といわれています。これをさらに流通金額で換算し直すと、コロンビアが約90%に達するといわれていることから、いかにコロンビアが良質なエメラルドを産出するかがわかります。

エメラルドのカット

エメラルドは壊れやすいという特性から、多面をつくるファセットカットの中でも、並行面で構成されているステップカットが採用され、さらに破損防止のため角を削った八角形にカットされることがほとんどです。そのため、このカットはエメラルドカットとも呼ばれています。そのほか、石によっては半球面にカットするカポーション(カボション)カットも用いられています。エメラルドはリングにセットする際にもまれに割れることがあるなど、本当に神経を使う石であり、カットや研磨にも相当の技術が必要です。

エメラルドのお手入れ

宝石のお手入れは気をつかうものですが、エメラルドならなおさらです。まず、他の石と一緒には保管せず、振動やショックを与えない環境に単体で保存したいものです。使用したら、柔らかいクロス等で丁寧に汚れや湿気を拭き取ります。一般常識ではありますが、超音波洗浄機などを使ってのアフターケアはもってのほか。
エメラルドはインクルージョンが目立たないように、程度の差はありますが、ほぼ100%といっていいほど、エメラルドと同じ屈折率を持つオイルや樹脂などを含浸させる人工処理が施されています。よって超音波洗浄などをするとこれらの処理に悪影響を与えたり、最悪割れてしまったりすることがありますので、このようなケアは絶対にせず、上記のような優しい取り扱いをしてください。

世界最大のエメラルド

一般に知られている最大のエメラルドは、2012年にカナダでオークションに出品された「テオドラ」とされています。産出はブラジル、カットはインドで行われたそうで、カラット数はなんと5万7500カラットとのこと。ただ、透明度が低く含有率にも疑問があるとの声もあり、評価額も一億円に行かないといわれています。また、コロンビアでも世界最大のエメラルドが実業家から公開されたり、ロシアで別の石が世界最大のエメラルドと展示されたり、どこまでを宝石とするのかで、いくつもの「世界最大」が現れています。

歴史的に有名なエメラルド

世界的に有名なエメラルドをあげるならば、ティファニーが製作した「フッカー・エメラルド・ブローチ」でしょう。この、緑が深くて美しく、高い透明度を誇る石は、数奇な運命をたどりました。コロンビアで採掘されてからトルコに渡り、スルタンのアブドルハミッド王のベルトの装飾品となり、さらに紆余曲折を経てフッカー夫人のブローチ製作用としてティファニーが入手。周囲にダイヤモンドのデザインをあしらったノーブルなブローチとして、再び姿を現しました。そのカラット数は75カラット、インクルージョンなしの奇跡のエメラルドとして、いまはスミソニアン博物館に展示されています。

また、時代は大きくさかのぼりますが、古代エジプトの女王クレオパトラはエメラルドをこよなく愛したことで有名です。一説には自分の瞳の色と同じエメラルドを愛し、自分のエメラルド鉱山を持ち、祭事に使用したり、贈り物にしたり、さらには石を砕いて化粧品にも使用していたとされるほど。具体的にこの宝飾品とすぐにイメージできるものはありませんが、大英博物館等に所蔵されている古代エジプトのエメラルド宝飾品を鑑賞するときなどには、感慨深いものがありそうです。

実は色石と呼ばれるエメラルド、ルビー、サファイアなどを代表とする宝石の鑑定、査定は非常に難しく、豊富な知識とどれだけたくさんの石を見て来たかという経験が必要となります。ですので買取の少ないお店ではその経験値が得られずそのままそれが査定、鑑定のレベルとなり結果「色石の査定はしない」というお店もあります。ともすればそれが「色石は価値が無い」という表現になることもありますので、是非エメラルド、ルビー、サファイアなどの色石の宝石は経験豊かで実績もある我がマルカ(MARUKA)へお任せ下さい。

MARUKA(マルカ)では京都の西大路七条という下町に昭和28年に創業した「質マルカ」を母体とし、地道な商売ながら地元の皆様の信頼を受け60余年の歴史を刻んでまいりました。質業と買取販売部門を切り離して法人化してからも職人として査定士を育て上げ、店頭でその査定士が責任をもって値段をつけるというスタイルを徹底しているため、店舗展開のペースもゆっくりとした展開ですが、その分全て直営で京都MARUKAが自信を持って店頭を任せられる人間しか店頭に立ちません。

2014年にはお得意様からのご要望に応える形で初の東京進出を果たし、東京銀座に店舗を構えることとなりました。派手な広告活動を一切しなくても今までの常連様や宅配買取をご利用頂いた経験のあるお客様からの口コミでおかげさまで盛況です。
あなたの大切な宝石、是非信用と実績のMARUKAへお持ちください。 皆さんが耳のする宝石の中で認知度が高い宝石といえばエメラルド(emerald)と思われる方も少なくないようです。一般的には、五月の誕生石として希望、幸福、恵みなどの象徴として世界中で多くの人々に人気のある宝石として支持されてきました。いろいろな物の例えでエメラルド(emerald)の用語は使われておりますが、もともとは鉱物名であるベリルの種類に属しています。このベリルに酸化クロムによる含有物が加わる事によりグリーン・ベリルもしくはエメラルド(emerald)と呼ばれております。ベリルの中にはアクアマリンも属しており親戚扱いとされています。 エメラルド(emerald)の品質基準としてはカラット、カラー、クラリティ、輝き(テリ)、形状などが挙げられます。カラットは重量ですが大きさでの価値になります。カラーに関してはカラーストーンとして評価になり色の濃さ、色合いが重要になります。クラリティでは内包物(インクルージョン)の多さを判断しますが透明度、不純物、フェザーなどが鑑定材料になります。輝き(テリ)が評価をする際はクラリティ、形状が大きな要因になりますのでより光輝くには光の屈折率を考慮したカット(研磨)技術が必要となります。それらの総合評価で価値は判断されますが大きければ必ずしも値段は高くなることはないようです。カラット(重要)が少なくてもその他の評価が非常に高い場合がありますので適正な判断が必要になってきます。 マルカ(MARUKA)ではエメラルド(emerald)を高価買取りしております。宝石買取りの中でも高額査定になる可能性がありますので査定士が鑑定・鑑別して業界トップクラスの高額査定をしております。世界四大宝石(ダイアモンド、ルビー、サファイア、エメラルド(emerald))の査定ではどんなお品物でもマルカ(MARUKA)が査定させて頂きます。現在、宝石の産出量からみると高騰している種類もたくさんあります。グレードの高い宝石は特に希少価値が高くなる傾向があります。売却の際は宝石買取り実績があるマルカ(MARUKA)にお越し下さいませ。