アパタイト(APATITE)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > 宝石・ジュエリー買取 > アパタイト(APATITE)買取
アパタイト(APATITE)

MARUKAはアパタイト(APATITE)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

おまとめ査定

買取アイテム一覧

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!
様々な色のパターンを持つこちらの宝石はアパタイト(APATITE)と言います。名前の由来はギリシャ語でAPATAS(惑わす/騙す)から来ておりなんでも昔はその様々な色からペリドットやアクアマリン、トルマリンと間違えられた過去があるからだそうです 色のパターンはスミレ色、青、緑、黄、黄緑、など様々で一番よく目にするのは青色のブルーアパタイトかと思われます。中にはパライバトルマリンのような色をした物もありパライバカラーとしてお店で売られていたりもするそうですがあくまで色が似ているというだけでパライバ産ではありません。 産出量も少なく又インクルージョン(内包物)が少ない物も稀で宝石として製品になる物も少ないです。硬度が低く傷付きやすいので注意が必要となります。 数が少ないので宝石用にカットされたアパタイトは希少で更に非加熱のアパタイトも稀にあり一般的には青が主流ですが緑色をしたグリーンアパタイトは入手困難で希少性が高くなります。 アパタイトは多色性がある宝石ですが中にはキャッツ効果のあるアパタイトもあり「アパタイトキャッツアイ」と呼ばれます。色は青、緑、黄色とこちらも豊富案外このキャッツ産出量が多く多少出回っているようですがアパタイトほど大きな物が採れません。 こちらのアパタイトキャッツになると通常のアパタイトに比べると比較的硬度は高めですのでまだ使用しやすいかと思います。 アパタイトは中に含まれる成分で何が多いかで3つのグループに別れます。フッ素を多く含んだ「フッ素燐灰石」、塩素を多く含んだ「塩素燐灰石」、水素を多く含んだ「水素燐灰石」とあり基本的にはこれら全て入っておりますが何が多いかで何燐灰石になるのか変わってきます。中には全て100%フッ素が入った物等、一種類だけでできている物もあるそうです。 宝石として満たされる品質の物が少なく1カラットを超える物は稀になりますがネオンブルーカラーのアパタイトは人気が高いです。宝飾店にて販売している事があれば是非目にしてほしい物です。 そんなアパタイトの指輪やネックレスのお買取りもさせて頂いております。数が出回っていないのでそこまで多くはないですがたまにお持ち込み頂いております。 マルカMARUKAの宝石買取りはどこよりも正確にどこよりも高く買取りさせて頂きます。 専門知識の持ったスタッフがしっかり評価し査定致します。 ダイヤモンド(DIAMOND)エメラルド(EMERALD)ルビー(RUBY)サファイア(SAPPHIRE)以外の色石もしっかり値段を付けるのがマルカ 東京、福岡、京都で宝石の売却ご相談なら無料査定もしているマルカまで ご気軽にご来店くださいませ